フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

神社

2024年5月19日 (日)

村社越生神社だが越生ではなく鹿下の方の越生神社と学頭沼

埼玉県越生町の鹿下にある越生神社に行きました。

石柱には村社越生神社とありますし、Googleマップの表示も越生神社です。

Img_4782a

しかし、一般的には越生神社というと、越生町の越生にある方が中心市街地近くですし有名です。

鹿下(カノシタ)は町の北方で、ときがわ町との境界に近いところです。

Img_4784a

↑北に向けての石段を登ると少し広い空間があり社殿があります。

元は根本神社と言われていたそうで、天平年間(729〜48)に行基が東国遊行の時に越生法恩寺を創立して、学寮を当地に選び神事を行なったということです。

Img_4787a

その後も応永年間(1394〜1427)や延徳2年(1490)に再興や再営されたと伝えられています。

寛文8年(1668)に社地が寄付され再修され、明治5年(1872)村社となりました。

明治40年(1907)に日枝神社を合祀して根本神社は越生神社となりました。

Img_4788a

二つの越生神社問題を知るため調べてみると、越生町は明治22年(1889)に9ヶ村が合併しています。

そこには越生村も鹿下村も入っていますから、ここ越生神社の元の根本神社は鹿下村の村社だったということのようです。

Img_4790a

↑ 神社西側の坂道を下ると「学頭沼」があります。

名前に興味を惹かれますが、江戸時代初めの頃の話のようです。

続きを読む "村社越生神社だが越生ではなく鹿下の方の越生神社と学頭沼" »

2024年4月21日 (日)

多摩川に翻弄された青柳村の常夜燈と稲荷神社、どちらかわからない青柳2号墳

平成19年(2007)に日野バイパスができるまでは国道20号として甲州街道であった、都道256号八王子日野線沿いの国立市青柳に「元青柳村の常夜燈」があります。

江戸時代の寛政11年(1799)のものです。

Img_4738a

常夜燈とは聞き慣れたものですが、案内板によれば、秋葉燈とも呼ばれるということで、江戸時代に町を火から守るために油屋近くに建てられたものだそうです。

秋葉というのは火伏せの神である秋葉神社への信仰です。

常夜燈といいながら形は石灯籠です。

Img_4737a

↑甲州街道沿いですから、現在の街灯の役割だとばかり思いましたが、関係あってか無くてか、脇には鳥居があります。

多摩川や府中用水のある南に向いた道の左右には民家への入り口があり、この参道は古くから地元に使われていたことがわかります。

Img_4731a

↑車は通れない参道の先に二の鳥居があり青柳稲荷神社です。

宝暦5年(1755)に創建されたといいますが、ここに青柳村が存在するにあたって重たい経緯があったそうです。

Img_4729a

青柳は昔から多摩川北岸のここ国立市青柳にあったわけではなく、多摩川南岸の現在の府中市本宿の青柳島にありました。

寛文11年(1671)多摩川の大洪水によって青柳島が流失したため、村人たちは四ツ谷村を経てこの地に移住し、新たに青柳村を開拓したということです。

Img_4732a

国立市石田も同じ時、府中市石田から移住してきたようです。

青柳稲荷神社は青柳と石田の鎮守でした。

続きを読む "多摩川に翻弄された青柳村の常夜燈と稲荷神社、どちらかわからない青柳2号墳" »

2024年4月 7日 (日)

水面に浮かんでいるようだという浮島神社と他県に迷惑かけないための霞川調節池

霞川という一級河川が東京都に流れていますが、都内であまり知名度は高くないでしょう。

青梅市に流れており、埼玉県に入り入間川に流れ込む川です。

Img_4700a

そんな霞川沿いに浮島神社があります。

川の左岸で青梅市今井にあり、山根通りに面して一の鳥居があり、参道を入った正面が霞川です。

Img_4702a

二の鳥居から川に沿うように直角に参道は曲がり、正面が社殿です。

↑傍には少し高くなった位置に東屋があり、休憩したり霞川を眺めたりできるようになっています。

Img_4706a

浮島神社は創建年次は不詳ですが、安土桃山時代の文禄3年(1594)に再建されたという記録が残っています。

江戸時代の新編武蔵国風土記稿には浮嶋天満宮として載っています。

Img_4708a

その記載に、霞川が氾濫した際も沈まず水面に浮かんだ島のようだということで呼ばれたとあります。

↑そのことからか、社殿裏側には小さな池があり、弁天様と思われる祠がありました。

Img_4715a

続きを読む "水面に浮かんでいるようだという浮島神社と他県に迷惑かけないための霞川調節池" »

2024年3月10日 (日)

小田急多摩線の田名への延伸計画と田名八幡宮の微妙な時期の改称

前回見てきた相模原市の水郷田名を巡っていると「小田急多摩線を田名に延伸させよう」という立看板をいくつか見かけました。

小田急線の新百合ヶ丘から多摩ニュータウンへのアクセス路線として唐木田まで整備されている路線です。

Img_4647a

そんな延伸話あるのかと戻って調べてみると、相模原市ホームページにも載っていました。

「小田急多摩線について、町田市を通り、JR横浜線相模原駅、JR相模線上溝駅、更には、田名地区を経由し、愛川・厚木方面へ延伸する計画です。」とあります。

Tamasen1

平成28年に国の交通政策審議会答申「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」で、小田急多摩線の延伸が、東京圏の都市鉄道が目指すべき姿を実現する上で意義のあるプロジェクトの一つとして位置付けられましたということです。

↑ただし、その答申本文を見てみましたら、唐木田から上溝までの延伸で、記載されているのも上図です。

Tamasen2

なお書きで「更なる延伸を検討する場合は本区間の整備の進捗具合を踏まえつつ行うことが適当」とされています。

↑田名から相模川対岸の愛川町ホームページではこのような図も載せられ、やはり地元は盛り上がっているようです。

Img_4662a

↑最初の写真の水郷田名自治会館敷地の左には消防団分団、さらに左には、田名八幡宮があります。

延暦17年(798)に天地大明神を勧請したのが始まりだと社伝にあります。

田名八幡宮となったのは建久2年(1191)といいますから、何時代というか微妙です。

Img_4649a

私は源頼朝が征夷大将軍となった1192(いい国)から鎌倉時代と覚えましたが、今は守護地頭を配置した1185(いい箱)説が有力だといいます。

続きを読む "小田急多摩線の田名への延伸計画と田名八幡宮の微妙な時期の改称" »

2024年1月28日 (日)

治水橋の由来となった斎藤祐美の出身地である飯田新田のびん沼と対岸の萱沼の読み

橋の名前には地名が付けられたものが多いですが、荒川の治水橋はそうではなく、前から疑問に思っていました。

今回はその由来を調べてみました。

Chisui

前々回に取り上げた飯田新田の出身である斎藤祐美という人が関係していました。

名前からはじめ女性かと思いましたが明治時代の男性でユウビと読みます。

Img_4553a

厳密には江戸時代末期の慶応2年(1866)に、飯田新田で代々続く外科医の次男として生まれました。

明治23年(1870)荒川の氾濫で自宅付近が水没するのを見て、埼玉県議員となって水害から故郷を守ろうとしました。

↑当時の荒川の流れである、びん沼川を挟んで飯田新田の反対岸から見たところです。

Img_4554a

ちょうど前々回見た、荒川で分断された馬宮地区の、さいたま市消防団馬宮西分団のある辺りになります。

↑下流側を見ると、大きく左に曲がっていて、かつて暴れ川だった名残りが感じられます。

Img_4560a

旧荒川であるびん沼川が市境となっているので、さいたま市飯田新田と違い、こちら側は川越市萱沼になります。

大正15年(1926)に荒川が現在の流路として整備されましたが、市境はそのままとなっているからです。

↑萱沼びん沼公園として整備されており、沼というか池や芝生の広場があります。

Img_4550a

現在の荒川沿いの道路からの入り口が分かりづらいこともあり、あまり人がいないところが魅力です。

富士見市のびん沼自然公園が駐車場も含めて混雑しているのとは対照的です。

続きを読む "治水橋の由来となった斎藤祐美の出身地である飯田新田のびん沼と対岸の萱沼の読み" »

2024年1月21日 (日)

多摩川沿いの新春飾りがまだあった阿蘇神社の古くからの由緒

多摩川サイクリングロードの上流端ともいえる羽村取水堰のあたりのことです。

左岸側をさらに少し進むと鳥居があります。

Img_4562a

↑阿蘇神社があり、都重宝とも書かれています。

参道とはいっても林多摩川沿いなのに林の中の古道のようないい雰囲気のところを300メートルほど進みます。

Img_4567a

↑用水路を渡り、多摩川の流れが再び見えたところに阿蘇神社入り口があります。

鳥居があり石段を少し登った先に本殿が見えます。

Img_4569a

阿蘇神社は以前は阿蘇大明神、阿蘇宮といい、創建は推古天皇9年(601)と伝えられています。

平安時代の承平3年(933)には平将門が社殿を造営し、天慶3年(940)には藤原秀郷が社殿を造営したといいます。

Img_4575a

藤原秀郷といえば、新皇を称した平将門を討った武将です。

両者とも阿蘇神社を余程重視したのでしょう。

Img_4576a

藤原秀郷がお手植えしたシイが本殿左にあり、東京都指定天然記念物になっています。

手前の木だとばかり思っていたのですが、奥だということで、残念ながらアップで撮影した写真はありません。

続きを読む "多摩川沿いの新春飾りがまだあった阿蘇神社の古くからの由緒" »

2024年1月14日 (日)

荒川の東だけでなく西岸にもあるさいたま市西区の馬宮にある飯田新田

11月に荒川の東側にあるさいたま市西区の馬宮地区に行きました。

その馬宮は荒川西側にもあるようです。

Img_4561a

↑さいたま市立馬宮西小学校です。

屋上に「創立148年」との看板がありますから歴史は古く、明治8年(1875)からあるということです。

校舎の右側、東方になりますが見えているのは荒川の堤防になります。

Iidashinden

ここは荒川の西側になり、富士見市か川越市のどちらかだと思っていましたが、大宮市であって今はさいたま市西区です。

もともと荒川が境界で、その流れの東側にあったため大宮側であったものが、荒川を直線化したため地区が分断されてしまいました。

Img_4548a

↑さいたま市消防団馬宮西分団もこの近くにあります。

比較的新しく平成28年(2016)にできたということで、それまでは荒川東側の馬宮分団しかなかったそうです。

Img_4549a

↑裏の林の木々の奥に見える水の流れがかつての荒川でした。

びん沼川となっているところが、かつての荒川本流であったため、旧馬宮村は荒川で分断されて治水橋でしか行き来できないようになってしまいました。

続きを読む "荒川の東だけでなく西岸にもあるさいたま市西区の馬宮にある飯田新田" »

2023年12月24日 (日)

国分寺崖線西端の国分寺市西町にある西向きの西町神明社と中藤公園

国分寺崖線は、古代多摩川が南へと流れを変えていく過程で武蔵野台地を削り取ってできた河岸段丘の連なりで、30キロほどあります。

立川市ではほとんど高低差はありませんが、国分寺市からは崖線らしい高低差があり、東南に向け大田区田園調布まで続きます。

Img_4482a

↑その国分寺崖線の西端となるところに西町神明社があります。

村社神明社と刻まれた石碑があります。

この付近はかつて中藤新田と称されおり、江戸時代の享保年間(1716〜35)に新田開発と考えられています。

Img_4483a

ここに限らず北多摩地区を巡っていると、至るところで享保年間の開発地があると感じられます。

学校で習う享保の改革が実際にあったことが実感できます。

Img_4484a

本殿拝殿などの建築は昭和3年(1928)ということです。

社殿は西向きに建てられており、石段から鳥居を振り返ってみると、さらに西向きの道が延びています。

Img_4491a

国分寺崖線もこの辺りでは既に10メートルほどの高低差があります。

崖下正面の道は崖線に沿うように少し曲がりながら進む道です。

Img_4496a

続きを読む "国分寺崖線西端の国分寺市西町にある西向きの西町神明社と中藤公園" »

2023年11月26日 (日)

あすまと読む西遊馬氷川神社の秋と馬宮という地名の中心地

さいたま市西区の荒川左岸堤防のすぐ近くに西遊馬氷川神社があります。

遊馬と書いてゆうまと読むのだと思いましたが、あすまと読むそうです。

Img_4413a

難読地名は多くあるものです。

調べていくうち混乱しましたが、草加市にも遊馬があるようです。

この地の話に戻ると、戦国時代の「市場之祭文写」に足立郡遊馬郷指扇村市祭成之と書かれています。

Img_4416a

中世末にこの辺りは遊馬郷という名であり既に開発されていたようです。

この氷川神社の創建は不明ですが、すぐ近くの寺院が戦国時代からあったことから、神社もあったのではと考えられています。

江戸時代の新編武蔵国風土記稿には、既に氷川社として記載されています。

Img_4418a

かつての遊馬村の鎮守で、「宿の氷川様」と呼ばれていました。

宿ということから宿場町だったのか思いましたが、そういう記載は特になくわかりません。

市による案内板で「当地は大宮と川越のほぼ中間に位置し、「宿」の名が示すように、遊馬では神社前の道の両側に集落が営まれていました」とあります。

Img_4414a

↑鳥居前の道は、江戸時代から大宮と川越を結ぶ重要な道だったそうです。

道はこのあたりの荒川の流れと並行するように北西と南東に向かっているので、大宮も川越もどう行くのかイメージが湧きづらいですが、大宮へはまず南東に向かうそうです。

続きを読む "あすまと読む西遊馬氷川神社の秋と馬宮という地名の中心地" »

2023年10月 8日 (日)

白子川沿いの高低差のところにある市場豊川稲荷神社

練馬区大泉周辺から流れている白子川は、和光市白子を通っているからこそ名付けられています。

白子は白子川沿いに細長く、南北に4〜5キロくらいの距離があります。

Img_4202a

↑白子川は和光市と板橋区の境界を北に流れていますが、笹目通り側から行くと川に向けての結構な高低差があります。

林になったところには神社がありました。

Img_4184a

↑鉄道でいえばスイッチバックとなっているような、道路が二股に別れた北側から入る参道があり、映える?ような鳥居がいくつもありました。

Googleマップでは豊川稲荷神社・氷川神社となっています。

Img_4185a

↑左の南東側からも急な石段の参道があります。

正式には5年ほど前に行った白子熊野神社に合祀されているそうです。

しかし、見ての通り立派に神社であり豊川稲荷神社・氷川神社となっています。

Img_4186a

↑こちらからの先にもいくつもの鳥居がありました。

どうやら地元の講によって運営されているようです。

豊川稲荷を祀っており市場地区にあるので市場豊川稲荷神社ともいわれているようです。

続きを読む "白子川沿いの高低差のところにある市場豊川稲荷神社" »

より以前の記事一覧