フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

神社

2020年8月23日 (日)

川崎市宮前区の地名の由来となった馬絹神社は宮崎台の由来でもある

川崎市には宮前区が、そして東急田園都市線には宮前平駅があります。
神社つまり宮の前だから宮前でしょうが、思い当たる神社がありませんでした。
Img_0651-500x375
↑地元の方は当然に知っているのかも知りませんが、この馬絹神社が地名の由来のようです。
国道246号線から東名自動車道の川崎インターに向かう、尻手黒川道路との交差点名として、「馬絹」という名前は聞いたことがありました
Img_0652-500x375_20200823184101
室町時代末期の永禄年間(1558~1570)に、稲毛庄馬衣郷を分割して馬絹村、梶ヶ谷村、土橋村の三村ができました。
そして、明治22年(1889)の町村制施行により馬絹、土橋、有馬(当時有間)、野川、梶ケ谷の5村と溝口村の飛び地が合併して、宮前(みやさき)村ができました。
Img_0653-500x375
馬絹神社は、創建年は江戸元禄以前で詳細は不明で、元は女躰権現社と称していました。
明治43年(1910)に近隣の八幡、三島、熊野、白山神社の4社を併合して神明神社に改称し、馬絹村の村社となりました。
昭和61年(1986)に本殿を新築するとともに、社名を神明神社から馬絹神社へと改称しました。
Img_0659-500x375
宮前の地名になった由来としては、馬絹村のほぼ中央に位置した女躰権現社(現在の馬絹神社)が「馬絹村字宮ノ前(みやのまえ)」にあり、この付近に村役場が設置されたことによります。
そこから名付けられ、地名の「みやのまえ」から「みやまえ」になり、現在の宮前区や宮前平へとなっています。
調べていくと驚いたことに、宮崎台の由来もこちらのようです。

続きを読む "川崎市宮前区の地名の由来となった馬絹神社は宮崎台の由来でもある" »

2020年8月 9日 (日)

相原は予想外に八王子市ではなく町田市にあり、しかも相模原市にも相原

八王子駅からJR横浜線で橋本駅に行く間に相原駅があります。
八王子市と相模原市の間にあり、八王子みなみ野駅の隣なので、相原は八王子市内と思っていました。
Img_0613-500x375
↑すぐ先にある交差点は、東京都道47号線、通称町田街道の「相原十字路」という交差点です。
ここにある境川の橋が東京都と神奈川県の都県境になっており、手前が神奈川県相模原市で、奥は東京都です。
ただし、都の八王子市ではなく、予想外に町田市で、町田市は北西に向けて入り込んだような形となっているようです。
Img_0618-500x375
↑これは交差点近くにあった「町田市地区案内図」です。
左側が北向きの地図なので、上方つまり東にある相原駅も町田市相原町になります。
もう一つ驚くことに、右側にも「相原一丁目、二丁目、六丁目」とあり、こちらは相模原市となっています。
Img_0612-500x375
↑その相原六丁目に「相原総鎮守 相原八幡宮」があり、そこに「相原起番地之碑」があります。
明治時代初めの地租改正に際して、ここが相原1番地とされたことによります。
Img_0604-500x375
相原八幡宮の創建年代は不詳ですが、平安時代の中期に小野妹子の子孫という小野孝泰が岩清水八幡宮を迎え祀ったといわれています。
御神木であるケヤキの木は平成8年(1996)に上の方が倒れてしまいましたが、樹齢600年だったと言いますから、長い歴史のある神社のようです。
相原が東京都と神奈川県にある謎もわかりそうです。

続きを読む "相原は予想外に八王子市ではなく町田市にあり、しかも相模原市にも相原" »

2020年8月 2日 (日)

さいたま市の二ツ宮には二宮神社があるのではなく二つの宮が並んでいる

さいたま市西区には二ツ宮という地名があります。
二ノ宮神社があるのかとも思い、近くに所用があったのでちょっと神社を探してみました。
Img_0578-500x375
↑氷川神社の鳥居と参道があります。
さいたま市の氷川神社といっても、武蔵国一ノ宮の氷川神社ではありません。
村社 氷川神社と書かれています。
Img_0592-500x375
↑左奥の方にあるのが氷川神社の鳥居ですが、右にも鳥居があります。
ここには八幡神社があります。
Img_0584-500x375
二ノ宮神社があるのではなく、氷川神社と八幡神社の二つのお宮があることから二ツ宮という地名となっています。
慶安2年、3年(1649、1650)の「田園簿」に既に二ツ宮という村名が記載されていたそうです。
Img_0593-500x375
江戸時代初期にはこの辺りは開発されており、既に二つの神社があったようです。
↑二つの鳥居の中間から境内を見てみると、社殿らしきものはあります。
氷川神社も八幡神社も参道の正面に社殿があるはずですが、中間にも社殿があるようにも見え、どう配置されているのかわかりません。

続きを読む "さいたま市の二ツ宮には二宮神社があるのではなく二つの宮が並んでいる" »

2020年7月26日 (日)

秋川を挟んで対岸にある雨間の雨武主神社の鳥居場とアーチの美しい東秋留橋

2ヶ月前に行った200段もの石段の上にある雨武主神社には、後で帰ってから調べてみて、離れたところに一ノ鳥居があることを知りました。
気になっていたそこに行ってみました。
Img_0565-500x375
雨武主神社は秋川の右岸つまり南側にあるのですが、ここは左岸つまり北側になります。
鳥居場というそうで、Googleマップにも載っていました。
一ノ鳥居だけかと思っていましたが、道路というか参道を進むとニノ鳥居もありました。
Img_0568-500x375
しかも、立派な両部鳥居です。
この形は厳島神社のものが有名です。
この鳥居のすぐ先に遥拝場があります。
秋川対岸の雨武主神社本殿まで行かなくても、ここでお参りできるようにということです。
Img_0567-500x375
高さを考慮しない直線距離でも660メートルほどあります。
秋川の対岸からも参拝するということは、地元の鎮守様なだけでなく、かなり広域的な神社だったのでしょうか。
Img_0569-500x375
↑天神山の頂上近くに本殿はあります。
あちら側でも長い石段を登らなくてはいけないので、明神山の石段手前にも賽銭箱がありましたから、3箇所で参拝できることになります。
遥拝場の辺りは木々に覆われていましたが、すぐ先の秋川沿いに行くと、明神山がよく見渡せます。
Img_0570-500x375
こちらから秋川を渡って雨武主神社本殿まで行こうとすると、どのくらいの距離があるのでしょうか。
また、もう一つの疑問である、この地区の雨間の鎮守様というだけの存在ではなかったかも気になります。

続きを読む "秋川を挟んで対岸にある雨間の雨武主神社の鳥居場とアーチの美しい東秋留橋" »

2020年6月14日 (日)

東久留米市八幡町の由来となっている八幡神社は新田義興が勧請か前沢御殿とともに造営か

八幡町という地名は全国各地にありますが、ほぼ八幡神社があることが由来となっています。
東久留米市にも八幡町があり、八幡神社があります。
Img_0428-500x375
前沢八幡神社とも言われています。
古くから八幡宮と呼ばれていたようですが、詳細は不詳です。
狛犬の奥で見づらいですが、灯篭は明暦元年(1655)造立されたといいます。
Img_0432-500x375
鎌倉時代末期の南北朝時代の武将である新田義興が元弘年間(1331〜34)に勧請したとされ、新田大明神だったともいいます。
新田義興とは新田義貞の次男です。
Img_0433-500x375
↑手水舎の水盤は文化4年(1807)のものとありました。
アジサイがきれいです。
紫陽花の花は色が変わるのが不思議ですが、土のpH値の影響で酸性だと青くなるのだそうです。
Img_0434-500x375
江戸時代、前沢村に尾張藩の鷹場御殿が造営された正保元年(1644)から延宝4年(1677)の頃に創建されたともいいます。
歴史ある神社ですから、境内には数多くの大木があります。

続きを読む "東久留米市八幡町の由来となっている八幡神社は新田義興が勧請か前沢御殿とともに造営か" »

2020年6月 7日 (日)

武蔵野とは何処のことなのかを小平市にある武蔵野神社で考えてみる

小平駅と花小金井駅の中間にある西武新宿線の青梅街道踏切の近くに、武蔵野神社があります。
武蔵野というと吉祥寺のある武蔵野市がまず浮かびますが、ここは小平市です。
Img_0412-500x375
国語辞典によれば、東京都と埼玉県にまたがる洪積台地で、南は多摩川から北は川越市あたりまで広がるとあります。
そう考えれば、小平市の武蔵野神社があってもおかしくはありません。
Img_0414-500x375
武蔵野といえば、国木田独歩の随筆や、野口五郎の歌う「むさし野詩人」も浮かびます。
その歌詞にも出てくる「武蔵野公園」は、小金井市と府中市にまたがっています。
Img_0415-500x375
しかし、wikiによるとこの「むさし野公園」は井の頭恩賜公園をイメージしているといいます。
作詞した人にどうなのか確認したいものです。
Img_0417-500x375
改めて歌を聞いてみたら「映画帰りにここまで来たね」とあります。
となると、野川や東八道路に近い武蔵野公園ではなく、映画館のある吉祥寺駅に近く、武蔵野市と三鷹市にまたがる井の頭恩賜公園がこの歌の舞台なのでしょう。
調べていたら、作詞家にも驚きました。

続きを読む "武蔵野とは何処のことなのかを小平市にある武蔵野神社で考えてみる" »

2020年5月31日 (日)

あきる野市雨間の明神山という200段もの石段の上にある雨武主神社

あきる野市雨間にある雨武主神社、なんと読むのかと思いましたが、アメムシュと読みます。
異動前の仕事では、アンブッシュマーケティングになるかならないかを気にしていたので、ついアンブッシュと読んでしまいたくなります。
Img_0381-500x375
↑この一ノ鳥居らしきものは、実はニノ鳥居だそうです。
すぐ先の三ノ鳥居のところには賽銭箱があります。
Img_0382-500x369
あまり見かけなく不思議に思えますが、社殿まで行けない人のためにあるのでしょうか。
数段の石段の参道を進むと、先にはとてつもなく長い石段があります。
Img_0403-375x500
雨武主神社は196段もの石段の上にあるのです。
これを登らなくてもお参りできるようにと、賽銭箱が鳥居のところにあるのでしょう。
途中の踊り場ではハアハアして休憩しながら登っていきます。
Img_0396-500x375
ようやく到着すると、まずは神楽殿があります。
↑その右が登ってきた階段になります。
↓その参道である石段の正面に、雨武主神社の社殿があります。
Img_0387-500x375
山の頂上のようなところに社殿はあります。
創建年代は不詳ですが、天正年間(1573~92)といわれています。
こんなに登ってきたのですから、振り返って景色を見てみます。

続きを読む "あきる野市雨間の明神山という200段もの石段の上にある雨武主神社" »

2020年5月24日 (日)

都内に2箇所しか残っていない蔵敷高札場と2つの本殿があるような厳島神社

江戸時代に禁制や法令を伝えるための板札である高札を掲げたところを高札場といいます。
当時はそこらじゅうにありましたが、現在は都内に二箇所しか残っていません。
Img_0353-500x375
↑その一つが蔵敷高札場で、東京都旧跡に指定されています。
慶長8年(1603)の年貢に関する高札が最初に掲示されたものといいますが、この年は徳川家康が江戸幕府を開幕した年ですから驚きです。
青梅街道沿いにありますが、蔵敷のバス停の待合所のようなイメージで、これまで気付きませんでした。
Img_0352-500x375
高札場とはもっと大きな高いものだと思い込んでいましたが、この蔵敷のものは比較的小さめです。
Img_0363-500x375
蔵敷高札場の近くの青梅街道沿いに厳島神社という看板があり、こちらも気になっていました。
↑狭山丘陵に登っていくところに蔵敷厳島神社の鳥居があります。
Img_0364-500x375
↑鳥居をくぐると、参道の石段です。
以前は弁天社といわれ、創建は永禄12年(1569)または天正6年(1588)とされています。
前回見た蔵敷熊野神社と同様に、内野家と小嶋家文書で若干の違いがあるようです。
Img_0365-500x375
石段を登り切ると社殿があります。
こちらが本殿のようですが、両脇にはなぜか階段があります。

続きを読む "都内に2箇所しか残っていない蔵敷高札場と2つの本殿があるような厳島神社" »

2020年5月17日 (日)

数少ない聖徳太子信仰の太子堂のあるクラシキではないゾウシキと蔵敷熊野神社からの眺望

かつては、一万円札にも五千円札にも肖像画が描かれていた聖徳太子はとてつもない偉人であり、しかも超人であるように習ってきました。
しかし、今ではあの絵のモデルはそもそも本人か不明として、「伝聖徳太子画像」とされています。
実在しなかったかもしれないともいわれ、少なくとも厩戸皇子、厩戸王と書かれています。
Img_0376-500x375
↑以前はヒーローですから、ここには江戸時代に聖徳太子を信仰する太子堂があり、「蔵敷太子堂」として東大和市史跡に指定されています。
多摩郡山口領では太子堂はここだけにしかないそうです。
山口領とは、現在の東大和市、武蔵村山市、東村山市一帯と一部の周辺市の範囲です。
Img_0378-500x375
この裏は狭山丘陵になっており、上には神社らしきものが見えますから行ってみました。
蔵敷は、クラシキと読むものと思い込んでいましたが、ゾウシキだそうです。
Img_0354-500x375
そこには、蔵敷熊野神社があります。
丘陵の斜面に建てられており、急な石段の上にあります。
鳥居後ろの石碑には、武蔵国多摩郡蔵敷村、村社熊野宮と書かれています。
Img_0355-500x375
明治15年に鳥居、石階、石橋が造られたと刻まれているようです。
↑参道左には、もう一つ別の参道もあるようです。
まずは、右側の石段を登ります。

続きを読む "数少ない聖徳太子信仰の太子堂のあるクラシキではないゾウシキと蔵敷熊野神社からの眺望" »

2020年4月26日 (日)

本殿に三面ある江戸時代の彫刻を見ることができる大和田氷川神社

4月25日から5月6日までの「ステイホーム週間」前の先週末のことです。
新座市のOSCデオシティ新座に近い柳瀬川沿いには、多くの人が散歩などをしていました。
Img_0285-500x375
外とはいいながらも、この人道橋の上などは「3密」が心配となるような感じでした。
所用で行った新座市大和田のこのすぐ近くに、氷川神社があるというので立ち寄ってきました。
Img_0262-500x375
↑道路である埼玉県道113号川越新座線からの入口には赤い神橋があり、蓋掛けされていますが間に水路があったようです。
大和田の氷川神社は、縁起によると延暦21年(802)の創建といわれる神社です。
平安時代初期ということになります。
Img_0264-500x375
↑赤い三ノ鳥居は、両部作りといわれるものでした。
この氷川神社のある大和田一帯は、古くから鎌倉幕府の支配する土地である国衙領だったそうで「大和田郷」といわれていました。
Img_0266-500x375
↑狛犬のすぐ奥には、さらに一対の狛犬がいますが、こちらは江戸時代のもののようです。
拝殿には、やはり氷川神社だなあと感じられる太く立派な注連縄が飾られていました。
Img_0270-500x375
↑入母屋造りの本殿は、江戸時代の享和年間に再建されたものです。
正面に千鳥破風と唐破風の向拝を付けています。
さらに、この本殿には素晴らしい彫刻があり、しかも見ることが出来ます。

続きを読む "本殿に三面ある江戸時代の彫刻を見ることができる大和田氷川神社" »

より以前の記事一覧