フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

リニア中央新幹線

2016年3月27日 (日)

リニア中央新幹線の品川駅工事に着工したというが、どこにどう造るのか

平成28年1月27日に、リニア中央新幹線の品川駅新設工事の起工式が行われたといいます。

まあ、地下に駅を造るのでしょうなのでしょうけれど、どこにできるのか見に行ってみました。

Img_4017_500x375

↑JR品川駅の北側には広い空間もあるし、1kmほど先の田町駅との間には山手線新駅設置することも発表されていますから、この辺りの地下なのかなと思っていました。

↓品川駅では、平成27年3月の東京上野ラインや常磐線の乗り入れの準備などにより工事が行われてきましたし、現在も何か工事が行われています。

Img_4021_500x375

昨年夏に見に行った、リニア品川の次の駅である神奈川県新駅が橋本駅であることからも、線路は方向的にも西に向かうと考えると、これらの線路を横断するように東西方向に地下に造るのでしょうか。

しかし、調べてみると、全然違いました。

↓横須賀線下り線の東側(写真の左側)、つまり東海道新幹線の品川駅の真下に南北方向に造るようです。

Img_4061_500x375

あの新幹線の直下を掘って、上の列車の運行に影響を与えないように工事するのは難しいから避けるのではないかと思いましたが、考えてみれば、そうすべき単純な理由がありました。

東海道新幹線もリニア中央新幹線もJR東海が運行しますが、東京近隣のそれ以外のJR路線はすべてJR東日本の運行です。

Shinagawaeki

(JR東海 中央新幹線事業説明会資料より)

昭和62年4月の国鉄分割民営化により、土地もそれぞれの会社の所有になった訳ですから、こんなに広い品川周辺の鉄道用地もJR東日本の所有地であって、JR東海は東海道新幹線の通る土地以外は持っていないことになります。

地下だと言っても、JR東日本の土地に区分地上権を設定したり、賃貸したりしたら、かなり高額の資金を支払わなければいけなくなります。

となれば、当然、自社敷地を使おうと思うのは当たり前です。

Sinagawaeki

(JR東海 中央新幹線事業説明会資料より)

さすがにこの品川駅は、通過駅である東海道新幹線とは違い、リニア中央新幹線では始発駅となるので、横幅が約60mは必要となるようです。

一部、横にある区道部分に、はみ出るようです。

まあ、地下なので、工事完了後は道路は復旧するにしても、駅の下でどうやって工事するのか気になります。

続きを読む "リニア中央新幹線の品川駅工事に着工したというが、どこにどう造るのか" »

2015年8月 9日 (日)

リニア中央新幹線の神奈川県駅が橋本にできるというがどこなのか

リニアモーターカーで東京・大阪間を結ぶ中央新幹線のうち、東京・名古屋間の計画線は既に決められています。

東京都の品川駅、愛知県の名古屋駅の他に、神奈川県、山梨県、長野県、岐阜県にそれぞれ1つずつ駅ができるようです。

Chuoshinkansen

平成26年8月にJR東海から出された工事実施計画の申請は、10月に国土交通省から認可されています。

神奈川県(仮称)駅は相模原市緑区の橋本駅付近にできるということですから、現地の様子を見に行きました。

Dsc03654_500x375

↑橋本駅はJR横浜線とJR相模線が通っており、しかも京王相模原線の終点でもあるターミナル駅で、北口には商業施設のビルが立ち並んでいます。

↓一方、南口はというと、バス乗り場とタクシー乗り場のある駅前広場があるだけで、目の前には学校しかありません。

Dsc03656_500x375

神奈川県立相原高等学校の敷地が広がっています。

北口にはリニア新幹線の新駅を造れそうな空間はありませんが、南口ならこの学校敷地があるということでしょうか。

南口の相原高校を中心としたエリアに、リニアの駅が造られる計画です。

Kanagawakeneki_2

↑リニア計画線は、京王線が東から西に向かって、JR線の線路を跨いで来るのに平行して、JR線の線路の下を潜って来るようです。

↓奥正面の東(品川)から手前の西側に向けて計画線があります。

Dsc03662_500x375

品川駅・神奈川県駅の間はずっと地下を走り、第一首都圏隧道というトンネルの長さは36924mだといいます。

うち約35km、つまりほとんどの部分は大深度地下だというから驚きです。

まず、JR線の東(北)側の品川方面からのシールド到達基地となるⅠブロックを見に行きます。

Dsc03667_500x375

↑計画地の東端から橋本駅のできる西を見ていますが、ここは主に駐車場となっていますが、一部家屋もあるようです。

それにしても、高圧電線鉄塔の多いところです。

前の図にある点々は何かと思っていましたが、この鉄塔を表しているようです。

ここには、列車がトンネルを走行する際に生じる微気圧波と騒音を低減するための換気施設ができるとのことです。

次に駅本体の予定地となっている相原高校です。

続きを読む "リニア中央新幹線の神奈川県駅が橋本にできるというがどこなのか" »