フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

建築物

2017年5月28日 (日)

埼玉県内最古である室町時代建築の国指定有形文化財の神社建築物と落差12mの滝のある毛呂山町

JR八高線に毛呂という駅があり、ここは埼玉県毛呂山町になります。

駅西口には埼玉医科大学やその病院があり、のどかな風景の駅が多い八高線の駅の中では異色の存在です。

そんな毛呂駅東口には、小高い丘陵がありその上には「出雲伊波比神社(イズモイワイジンジャ)」があります。

Img_6153_500x375

この丘は臥龍山といわれ、この神社には室町時代の1528年(享禄元年)建築の神社社殿があります。

神社に伝わる「臥龍山宮伝記」によれば、53年(12代景行天皇の時代)に日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が天皇から賜ったヒイラギの鉾を納め神宝とし、出雲の大己貴命(オオナムチノミコト)を祀りました。

さらに出雲の天穂日命(アメノホヒノミコト)とともに出雲伊波比神としたとされています。

Img_6155_500x375

この拝殿は後ろ側から見ても美しいのですが、この右の奥にも、さらに建築物があります。

神話の時代を過ぎ、奈良時代の772年(宝亀3年)の大政官符によると朝廷から幣帛(神前に供えるもの)を受けた官弊社であったとの記録が残っています。

鎌倉時代には源頼朝が畠山重忠に造営を命じ、室町時代の1527年(大栄7年)に消失後、毛呂顕繁により再建されたのが現在の本殿といいます。

国指定重要文化財に指定されている埼玉県最古の神社建築です。

Img_6154_500x375

↑裏側にあった建築物を囲いの隙間から覗くように見てみましたが、国指定重要文化財に指定されているのは、実はこの裏側にある本殿のようです。

毛呂町公式サイトではわからなかったのですが、文化庁公式サイトで確認できました。

この出雲伊波比神社では、流鏑馬(やぶさめ)も11月には行われているそうです。

ところで、拝殿正面に奉納されている流鏑馬の的のようなものには、瀬戸大也と書かれていました。

Img_6157_500x375

無知なので、どこかで聞いたことのある名前だなあとしか思っていませんでしたが、その日の夜のニュースを見ていてびっくりしました。

オリンピック水泳のメダリストで、この日に婚約を発表していましたが、毛呂山町の出身だそううです。

この後、毛呂駅からは3~4km位の距離がありますが、見てみたい滝もあるので行って来ました。

Img_6123_500x375

この日は車で来ており、途中までは広い県道ですが途中の毛呂山総合公園やゴルフ場のさいたまGCの辺りから狭い道となっていきます。

そうはいっても、すれ違える道幅はありますし、滝の近くには駐車場やトイレも整備されています。

↑そこからは細い宿谷川沿いを進みますが、遊歩道が整備されています。

続きを読む "埼玉県内最古である室町時代建築の国指定有形文化財の神社建築物と落差12mの滝のある毛呂山町" »

2017年5月 1日 (月)

川越で国登録有形文化財を見て回って、意外とよく知らなかった建物の平と妻、梁と桁、切妻造と寄棟造の違いを学ぶ

小江戸川越として観光地となってきている川越に、国登録有形文化財である建物を見に行きました。

↓本川越駅から北東方面にすぐのところ、左に写っているのが「旧鏡山酒造明治蔵」です。

川越市の産業観光館「小江戸蔵里」おみやげ処となっており、新築かとちょっと興ざめするほどにきれいに改修されています。

元の建物は、明治時代の土蔵造2階一部平屋建、瓦葺、建築面積418㎡で、南北棟の切妻造妻入で、桁行21m梁間20mです。

Img_5952_500x375

実は用語がよくわかっていないので調べてみたのですが、建物の長辺側、屋根の最頂部である「棟(大棟)」と平行な面を「平(ひら)」といい、短辺側、屋根の棟(大棟)と直角な面を「妻(つま)」といいます、

正面出入口が平側にあるものが「平入」、妻側にあるものが「妻入」です。

↑右にあるのは「旧鏡山酒造大正蔵」で、同じく小江戸蔵里まかない処(レストラン)となっていますが、建物は大正時代の土蔵造2階一部平屋建、瓦葺、建築面積304㎡です。

切妻造で、桁行22m梁間14mです。

Img_5953_500x375

↑奥に小さく見えているのは、「旧鏡山酒造昭和蔵」で、小江戸蔵里くら市場(地場野菜、総菜の物販)ですが、1931年(昭和6年)の土蔵造2階建、瓦葺、建築面積231㎡の建築物です。

東西棟で桁行25m梁間9.1mの切妻造です。

「桁(けた)」は建物最上部の大棟に対して平行方向(平側)にある水平材で、その長さを「桁行(けたゆき)」といい、「梁(はり)」は大棟や桁に対して直行方向((妻側)に掛かる水平材で、その長さを「梁間(はりま)」といいます。

Img_5956_500x375

↑大正浪漫夢通りを少し北に向かうと、川越商工会議所がありますが、ここは「旧武州銀行川越支店」で1928年(昭和3年)の建築物で、鉄筋コンクリート造地下1階地上2階建,建築面積566㎡です。

外観はドーリス式の列柱を配した重厚な構え、全体の意匠はルネッサンス・リバイバル様式です。

バロック風の装飾を付けた特徴的な出入口を設けるなど,時代の特徴を伝える銀行建築の一つといいます。

Img_5963_500x375

↑少し東に行くと、「日本聖公会川越キリスト教会礼拝堂」があります。

1921年(大正10年)の煉瓦造平屋建、スレート葺、建築面積138㎡、塔屋付の建物です。

立教大学新築のため来日したW.ウィルソンの設計により建設されたといい、確かに池袋でも見たことのあるような外観です。

東西に細長い切妻造・平屋建で,外壁煉瓦造,内部は挟み組み式の小屋組を見せ,尖塔アーチの縦長窓や控壁にゴシック様式細部を備えているそうです。

続いては、観光地である蔵が立ち並ぶ一番街通り沿いにある目立つ建物です。

続きを読む "川越で国登録有形文化財を見て回って、意外とよく知らなかった建物の平と妻、梁と桁、切妻造と寄棟造の違いを学ぶ" »

2017年2月19日 (日)

瑞穂町の日光街道沿いの豪農の屋敷であったところは心を耕す館になっている

東京都西多摩郡瑞穂町の旧国道16号線(都道166号線)を通った時に「耕心館」という案内板を見かけ、以前から気になっていました。

どのようなところなのかと今回行ってみると、ここに面した道路には「日光街道」と書いてありました。

まずは、こちらが気になります。

Img_5645_500x375

調べてみると、千人同心街道という、江戸時代に八王子千人同心が日光勤番のために整備された八王子から日光までの脇往還の街道でした。

「八王子千人同心」とは八王子に配置された幕臣集団で、甲州口つまり甲斐国から武蔵国への入口の警備と治安維持にあたっていました。

Img_5647_500x375

日光にも行かなければいけなかったのでしょうか、大変っだったことでしょうう。

この辺りの箱根ヶ崎は宿場町だったようです。

↑そして、気になる耕心館は周囲に塀をめぐらし、豪壮な母屋と二棟の土蔵から成る邸宅で、屋敷森に囲まれ、武蔵野の旧家のたたずまいを残しています。

Img_5630_500x375

ここは瑞穂町の社会教育施設で、豪農であった旧細渕家を町が取得して再整備しました。

母屋の母型は江戸時代末期の築造で、当時豪農として、その後は醤油醸造業、養蚕業が営まれていた細渕家がありました。

Img_5637_500x375

↑現在は1階はカフェ「ストーリア」となっており、2階は演奏会・展覧会が行われる施設となっていて、この日はコンサートが開催されていました。

そのため、中には入れませんでしたが、2階は整備されたとはいえ、養蚕のための家屋構造も見られるといいます。

Img_5636_500x375

↑左の離れ和室は、大正時代に増築されたもので、特に和室の書院障子の木組みなどは、大正時代の建具の実例として貴重なものといいます。

これらは昭和50年代にフランス料理店として改装されてしまいましたが、平成12年に瑞穂町が取得、耕心館として整備しました。

また、土蔵もあります。

続きを読む "瑞穂町の日光街道沿いの豪農の屋敷であったところは心を耕す館になっている" »

2017年1月 1日 (日)

ブログ開設5周年と50万PVを記念して五重塔を見に池上本門寺に行く

平成24年(2012年)1月2日に開設したこのブログもお陰様をもちまして、5周年を迎えることとなります。

週1回しか更新していないにも関わらず、多くの方にご覧いただき、年末12月27日には50万PV(ページビュー)を達成しました。

有難うございます。

このことを自ら記念して、五と五十にかけて「五重塔」を見に行くこととしました。

Img_5488_500x369

東京周辺で最も古い五重塔があるという池上本門寺に、初詣の準備がされている晦日の日に訪問です。

東急池上線池上駅から参道を進むと、まず「総門」がありますが、これは江戸時代の元禄年間(1688~1704年)に建造されたもので、大田区指定文化財になっています。↑

さらに、その奥の長い石段は「此経難持坂(しきょうなんじさか)」といい、加藤清正の寄進により慶長年間(1596~1615年)に造られたという、こちらも大田区指定文化財です。

Img_5489_500x375

96段もある石段で、標高9mから35mへと一気に登るので結構息が切れますが、この先に「仁王門」があり、さらに奥に「大堂」があります。↑

こちらも江戸時代かと思えば違うようで、昭和時代に再建されたものでした。

その左にある「経蔵」も再建ですが、こちらは江戸時代後期の天明4年(1784年)のもので区指定文化財です。

Img_5500_500x375

ところで、五重塔がありません。

案内図があまりないようなので池上本門寺のサイトを検索すると、これらの右の方の墓地の中というような位置にあるようです。

よく日本史で学んだ奈良にある寺院の伽藍配置などとは違うようです。

Img_5496_375x500

↑江戸時代の初期、慶長13年(1608年)に建立されたもので、関東地方に残る最古の「五重塔」です。

江戸幕府2代将軍徳川秀忠の乳母である岡部局の発願により、秀忠が寄進建立しました。

こちらは、国指定重要文化財になっています。

Img_5493_500x375

こうした塔が関西と比べて関東には少ないのが残念です。

五重塔は地震に強いとよく言われますが、雷には弱く、火事で焼失してしまうそうです。

そういえば、よく五重塔の写真を見ると不自然なコードのようなものがありますが、あれは避雷針だったのがわかりました。

Img_5492_375x500

先程も触れたように、周囲は墓地に囲まれていて、墓参のための車が普通に走り回っている、重要文化財らしからぬ不思議なところでした。

高さは31.8mということで、こちらも勝手に思っていたイメージよりは低いものに感じられました。

池上本門寺にはもう一つ、国指定重要文化財があるということなので見てみます。

続きを読む "ブログ開設5周年と50万PVを記念して五重塔を見に池上本門寺に行く" »

2016年12月25日 (日)

高低差のある地形も文化財である建築物もあって見どころいっぱいの入間市駅周辺

西武池袋線で飯能方面に向かっていくと、基本的には山に向かってだんだんと標高は高くなっていきますが、稲荷山公園駅を過ぎると右側車窓で、急激に地面が下に下がっていくのが見えます。

次の入間市駅は台地の縁というような立地で、右側つまり北側は霞川、入間川が流れる低い土地となっています。

Img_5432_500x375

↑駐車場と駐輪場ばかり目立つ入間市駅北口からは、はるか遠くが見渡せます。

坂を北東に300mほど下りたところに、国登録文化財(建造物)である「旧石川組製糸西洋館(本館・別館)」があります。

Img_5441_500x375

こちら裏側には入口はないので、さらに300mほどぐるっと迂回します。

西洋館は、石川組製糸の創始者石川幾太郎により、大正10年(1921年)に迎賓館として和風工法により建てられた西洋風木造建造物です。

Img_5436_500x375

建物外観は、化粧煉瓦張で、屋根窓を設けた変化のある屋根に特色があります。

2階建ての本館は、外観が化粧煉瓦張で、屋根はヒップゲーブル(半切妻造)、洋瓦葺となっています。

平屋建の別館は、本館と接続しており、外観は本館と同じ化粧煉瓦張ですが、屋根は寄棟造となっています。

Img_5438_500x375

石川組製糸は昭和6年(1931年)には全国6位の出荷高という大きな会社だったそうです。

ここは国道16号線沿いにありますが、何度も車で通ったはずなのにこれまで知りませんでした。

同じく国道沿いの向かい側にも美しい建物がありました。

Img_5446_500x375

↑日本キリスト教団武蔵豊岡教会の礼拝堂で、元は大正12年に竣工したものですが、道路拡幅に伴い改築されたようです。

さらに、ここから500mほど西に向かうと、国道299号線沿いには入間市指定文化財(建造物)があります。

Img_5453_500x375

↑「旧黒須銀行」でこの建物は、明治42年(1909年)に建築された、土蔵造り二階建、寄棟瓦葺です。

大正11年武州銀行と合併後、昭和18年に埼玉銀行豊岡支店となり、昭和35年まで営業されていたといいます。

Img_5455_500x375

すぐ横に景観を損なう歩道橋がありますが、ここからは高い位置から2階の屋根の仕組みもよく見えます。

黒須銀行時代、渋沢栄一から道徳銀行の名を与えられ、道徳を基本とする経営を目ざした銀行だったそうです。

隣の飯能信用金庫黒須支店の駐車場から建物裏側を見させてもらうと、ちょっと幻滅するような単なる古い家にみえるのがちょっと残念です。

さらに南西に1kmほど歩くと、国指定重要文化財もあるということなので行ってみます。

続きを読む "高低差のある地形も文化財である建築物もあって見どころいっぱいの入間市駅周辺" »

2016年12月18日 (日)

(後編)新国立競技場の着工前の様子を記憶そして記録しておく、赤名リカの立っていた日本青年館の建替も見る

前回の続きで、2016年12月11日に安倍首相、小池都知事らが出席した起工式が行われた「新国立競技場」について、まだ更地となっている現地の様子を目で見て記憶しておくため、そして記録を残しておくために行ってきました。

敷地を北から反時計回りの南端まで見てきましたから、次に南東に行ってみます。

Img_5405_500x375

↑ここには「日本青年館」というホテルやホールのある建物がありました。

明治公園と同様、新競技場が大きくなるので移転することとなり、解体されたのです。

フジテレビの月9ドラマ「東京ラブストーリー」最終回のエンディングは、鈴木保奈美さん演じる「赤名リカ」がこの日本青年館の屋上に立って、東京の街を見ているシーンでした。

バックには、小田和正さんの「ラブ・ストーリーは突然に」のサビのところが流れています。

懐かしいですねえ、1991年放送ですが、私は再放送をビデオで見ました。

Img_5403_375x500

↑その日本青年館は、やはり明治公園と同様に、元の敷地の南側にある国立競技場西テニス場のあったところで、建替工事が進んでいます。

2017年初夏オープンに向けて、16階建ての建物の建設工事が進められていますが、ここは日本スポーツ振興センター(JSC)との合築となっており、JSC本部も工費164億円のうち47億円を負担して、3フロアが割り当てられることとなっていました。

しかし、新競技場設計をめぐるバタバタがあったのに、新しい本部ビルができることに対して批判が集まってしまいました。

Kokuritsu1

↑グーグルの航空写真では解体前の様子が見られますが、旧国立競技場の北西(左上)にある4階建ての建物が旧JSC本部です。

秋頃の新聞報道によると入居を断念して別の所に移転することとし、このフロアは民間に貸し出し、賃貸料を得ることとするとありました。

まあ、どちらにしても移転はするのですからねえ、どこに入っても同じような気はします。

Img_5407_500x375

↑その旧日本青年館と新日本青年館の間には、「外苑ハウス」というL字型の7階建てのマンションがありますが(写真の左側)、こちらも22階建ての高層マンションに建て替えられるそうです。

また、国立競技場西テニス場のあった敷地には、日本青年館・JSC本部棟だけでなく、日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館も14階建てで建設される計画となっています。

ここまで来ると、ちょっとやり過ぎのようなものを感じます。

Img_5406_500x375

↑これらの新しい建物のできる位置の道を挟んだ東側には、神宮球場と神宮第二球場がありますが、その辺りから、新国立競技場敷地を見てみると、こんな感じです。

この敷地を時計と反対回りに北に向かってみます。

続きを読む "(後編)新国立競技場の着工前の様子を記憶そして記録しておく、赤名リカの立っていた日本青年館の建替も見る" »

2016年12月11日 (日)

新国立競技場の着工前の周囲の景色を記憶そして記録しに行く(前編)

2016年12月11日にようやく新国立競技場が着工されました。

2020年7月24日より開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に間に合わせるため、2019年11月末までの3年間で工事完了させることになっています。

着工直前に、更地となっている現地や周囲の様子を目で見て記憶しておくため、そして記録を残しておくために見に行ってきました。

Img_5383_500x375

↑JR千駄ケ谷駅から東に向かい、駅前の東京体育館を通り過ぎると、広大な敷地が更地となっているのが見えてきました。

奥の南に向かって行く外苑西通りを、現在いるこの道は外苑橋で跨ぐ位置にありますから、全体が見渡せます。

旧国立競技場、正式には国立霞ヶ丘陸上競技場がここにあり、1964年の東京オリンピックが開催されましたが、既に解体されています。

Img_5381_500x375

↑少しだけ東に行くと、地下鉄大江戸線国立競技場前駅があります。

かつて、この裏側に独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)の4階建ての本部ビルがありましたが、やはり解体されています。

ここから右下に下りていく坂道が外苑西通りにつながっています。

Img_5391_500x375

↑下に下り、外苑西通りから南の方向を見てみます。

右の東京体育館側から国立競技場側への歩道橋は撤去されていました。

この歩道橋は、先程の千駄ヶ谷駅からの上にある道と同じ高さレベルですが、新国立競技場はこの高さレベルで設計されています。

では、ここから時計と反対回りにこの外苑西通りを歩いていきます。

Img_5393_500x375

↑本体工事の着工前とはいうものの、大型重機が何台か置かれていました。

付帯工事のためなのでしょうか。

奥に神宮第二球場のネットが見えるのは、今の時期だけなのでしょう。

この道路と旧競技場の間には、細長く都立明治公園の敷地がありましたが、新競技場は一回りサイズが大きくなるため、かつての公園もこの工事区域内となってしまいました。

Img_5394_500x375

↑道路にある案内地図は、旧競技場がある時のままなので、公園があったこともわかります。

これは左が北として表示されていますが、「現在地」の少し右(南)の観音橋交差点から上(西)に向かう、旧競技場と明治公園の間の道は既に無くなっています。

そのかつての道路の様子を見てみます。

続きを読む "新国立競技場の着工前の周囲の景色を記憶そして記録しに行く(前編)" »

2016年11月20日 (日)

小金井市にある浴恩館公園は紅葉も美しく下村湖人も関わる文化財センター

紅葉の美しい季節になりましたから、花小金井駅から歩いて都立小金井公園に行ってみることとしました。

しかし、相変わらずの人出の多さにちょっとうんざりして、小金井公園は北から南に素通りして、玉川上水を渡り少し進むと、すぐに雰囲気の良さそうなところがありました。

Img_5310_500x375

↑浴恩館公園といい、「浴恩館」を中心とした公園です。

浴恩館とは昭和3年に京都御所で行われた昭和天皇即位大嘗祭の際の、神職の更衣所を(財)日本青年館が譲り受けて、ここに移築したものといいます。

浴恩館では青年団のリーダーを養成するために、後に小説「次郎物語」で有名になる下村湖人が所長となっていました。

Img_5311_500x375

現在は、庭を含めて小金井市の公園となっており、地図を見ると敷地の北と南に池があり、その間が川のようになっているようです。

↑しかし、北の池は枯れていて、ほとんど水の流れはありませんでした。

Img_5298_500x375

敷地内には、多摩川水系野川の支流である仙川が流れており、水はこの仙川に流れていくのでしょう。

↑この橋は次郎橋と名付けられています。

次郎物語は5部からなる、主人公の次郎が幼少から青年となるまでの成長の物語です。

Img_5299_500x365

↑その仙川の上流方面を見ていますが、仙川自体にも水の流れはありませんでした。

特に第5部は、湖人の浴恩館での実際の教育の実践に基づいて書かれているとのことです。

私の頭の中では、「浴」という字から温浴が浮かび、温泉がイメージされたところにこの浴恩館の建物を見ると、温泉旅館かなと感じてしまいました、すいません。

Img_5312_500x375

↑この建物が昭和6年からある浴恩館で、平成5年からは小金井市の郷土資料を展示収蔵する文化財センターとして利用されており、市史跡となっています。

2020年東京オリンピック・パラリンピックにおける国立競技場建替においても、一緒に建替されることで一躍有名になった「日本青年館」の所有でしたが、この建物は青年団での活用としての維持が難しく、昭和40年代には小金井市に売却されたようです。

現在は文化財センターとしてすっかり改装され、内部には先土器時代、縄文時代から現在に至る様々な展示がありました。

Img_5314_375x500

↑内部に入ると渡り廊下があり、その向こうには当時の寮である南寮もありますが、ここは改装されていないようです。

浴恩館は昭和6年から全国の青年団の指導者層が集まり、寝食を共にして人間形成をする講習所でした。

部屋の中を見ると、なぜか懐かしさを感じました。

続きを読む "小金井市にある浴恩館公園は紅葉も美しく下村湖人も関わる文化財センター" »

2016年10月30日 (日)

市川には45階建の屋上から地上150mの眺望と夜景が無料で楽しめる施設があった

JR総武線市川駅は快速も停車しますが、駅北口は駅前広場もあり栄えている一方、南口は特に何もないというイメージでした。

それが、市川市による市川駅南口地区市街地再開発事業が行われたことにより、見違える風景となっていました。

「I-linkタウンいちかわ」(アイ・リンクタウンいちかわ)とネーミングされ、建物は2007年と2008年に竣工しました。

Img_5163_375x500

↑ザ・タワーズ・イーストという37階建のUR賃貸住宅と介護付き有料老人ホームの入っている高さ130mの建物が敷地東側にあり、西からの日射しに照らされています。

3階にペデストリアンデッキがあり、下には商業施設等があります。

↓振り返って見ると、西側のザ・タワーズ・ウエストはさらに大きく、分譲マンションとなっており45階建160mの高さがあり、ここへの日射しを遮っていて違うイメージに見えます。

そしてこの建物の3階には市川市立市川駅南口図書館が入っているだけでなく、45階には同じく市川市による展望施設があります。

Img_5164_375x500

3階から45階には直通エレベーターがあり、シースルーのガラス張りとなっているので、上って行くときは地上がどんどん遠ざかっていき、結構迫力があります。

到着したフロアにも展望ロビーがあり景色は楽しめますが、さらに1階分の階段を上がった屋上には展望デッキがあり、風を感じながら全方位の景色を見ることができます。

さすがに周囲はガラス張りとなっており、屋根も付いています。

Img_5166_500x375

↑まず、南東方向ですが、東京湾に流れて行く江戸川が見渡せます。

川は南向きに流れていると思っていたので、ちょっと予想外の向きでしたが、河口付近では江戸川は南東方向に、旧江戸川は南西方向にと分かれているようです。

よく見ると旧江戸川も見えています。

Img_5167_500x375

↑次に北東方向です。

先週見てきた船堀タワーに比べて35m高いのですが、ずいぶんと印象は変わるもので、だいぶ遠くまで見渡せます。

今回は8方向ではなく、4方向の写真を載せていきます。

Img_5168_500x375

↑北西には江戸川の上流方向が見渡せます。

里見公園や大学が数多くあり、さらに国立病院も見られます。

夕方になってくる中、南西方向の角に行くと、ここにはカメラを構えている人が大勢いますが、何なんでしょうか。

続きを読む "市川には45階建の屋上から地上150mの眺望と夜景が無料で楽しめる施設があった" »

2016年10月23日 (日)

江戸川区の中心街はどこなのかと高さ115mの船堀タワーからの素晴らしい眺め

東京23区の白地図を見ながら各区の位置をすべて当てることは難しいですが、江戸川区はほとんどの人が一番東側の海寄りだと分かりそうです。

でも、その江戸川区の中心街はどこかというと、よく分かりません。

JR総武線は明治時代には開通していたはずですから、小岩駅でしょうか、それならば、快速停車の新小岩駅の方が大きな街のイメージです。

Img_5120_500x375

↑新小岩駅南口をホームから見てみますが、ビルやホテルや商店街があり、それなりに栄えています。

しかし、小岩駅は江戸川区ですが、新小岩駅は葛飾区になり、そして、荒川より西側の平井駅は再び江戸川区になります。

江戸川区役所はこの新小岩駅から歩くと20分程、バスでも7~8分程の距離にあります。

Img_5126_500x375

国道14号線京葉道路、千葉街道とも近くを通っていますから、鉄道が通る前はこの辺りが中心街だったのでしょうか。

江東区や江戸川区はゼロメートル地帯が広がりますから、表示されている高潮時の水位の高さに驚かされます。

庁舎は古そうで、高いところでも5階建ですが、屋上に行くと、西には東京スカイツリーが見えました。

Img_5127_500x375

もっと北寄りにあるかと思っていましたから、西の方角に見えてちょっと予想外でした。

せっかくですから、江戸川区で一番高いところから景色を見てみたいものです。

都営新宿線の船堀駅前にタワーがあるようなので行って見ます。

Img_5160_375x500

↑ここも江戸川区の施設であるタワーホール船堀の上に、船堀タワーがあります。

なんと高さ115mのところに展望室があり、区の施設ですから無料です。

1階でエレベーターに乗ろうかと思うと、期待を持たせてか、展望室行きのエレベーター乗り場は6階にあります。

そちらには、専用のエレベーターガールの方もいて、運行中案内もしてくれます。

Img_5138_500x375

↑エレベーターの扉が開くと、目の前に南向きの景色が広がります。

東京湾が一望でき、東京ゲートブリッジも見えます。

直下の船堀駅前には、1992年に建てられた公団(UR)トキタワーという27階建ての賃貸マンションがあります。

1983年にできた船堀駅前がこんなに栄えているとは知りませんでした。

船堀タワーの方も、想定以上にいい景色なので、ぐるっと8方向を見てまわります。

続きを読む "江戸川区の中心街はどこなのかと高さ115mの船堀タワーからの素晴らしい眺め" »

より以前の記事一覧