フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

水道水の流れ

2017年9月17日 (日)

やんばツアーズの八ッ場ダム工事現場見学会はとてもいいし、また行きたくなる

前回の続きで、国土交通省による現場見学会での八ッ場ダム建設工事の様子です。

現場を案内してくれるのは工事現場の厳ついおじさんだと思っていましたが、「やんばコンシェルジュ」という名称の上戸彩に似た若い女性です。

しかも、めちゃくちゃ知識もあり、土木のことも詳しくて、資料も見ずに解説してくれます。

Img_6544_375x500

↑何しろ大規模な工事現場ですから、ダムを造るためのコンクリートを運ぶケーブルクレーンのワイヤーのアンカーも大規模です。

平成28年6月からコンクリート打設工事が始まっているようです。

ワイヤーを間近にしながら、細い通路を進むと、目の前が工事現場です。

Img_6547_500x375

↑こちらは右岸で、向こう側が左岸になり、ここは堤高116mのダムの天端の高さとなるようです。

堤高は利根川水系ダムでは8番目だそうで、現在は3割程度の高さにまで工事が進んでいるとのことです。

吾妻川は左から右へと流れており、重量式コンクリートダムの形が左岸側にちょっと見づらいですが青い線で引かれています。

Img_6550_500x375

↑ここには生コンクリート工場があり、原石山から約10kmにもわたって、石の大小で3種類に分別されてベルトコンベヤーで運ばれてきた骨材が水とセメントを混ぜられて、コンクリートとなります。

そのできたてコンクリートが黄色いバケットに入れられています。

コンクリートは2つのルートで下の現場に運ばれているようです。

Img_6552_500x375

↑左のクローラクレーンはこのコンクリート打設には使われていないようで、ケーブルクレーンで運んでいます。

ケーブルによりバケットは手前に動いて来るとともに、下に降りて行きます。

中央の下の方に向かってバケットが動いています。

ダムの堤頂長は290.8mになりますから、このケーブルも長いです。

Img_6554_500x375

↑バケットは下まで着くと生コンクリートは、いろいろな方向に動けそうな不思議な形をした重機に載せられます。

こちらは主に手前側での作業に使われているようです。

工事が始まったころはもっと低い位置で、堤高116mもの高さ、今でも80m位の長さがあるわけですから、よくクレーンを操縦できるものだと感心します。

このコンクリート運搬にはもう一つのルートがあります。

Img_6561_500x375

↑左岸の壁に沿って、コンクリート工場からクレーンを使わずに、直接ダンプトラックに流れ込むような仕組みもあります。

奥ではそのダンプに積み込んでおり、手前ではダンプから降ろしているのが見えます。

ビルの建築現場で見るようなサラサラしたコンクリートとは全く違い、こうしてダムで使用されるコンクリートはドロドロです。

水分はコンクリートのヒビ割れの原因となるので、極力水とセメントを少なくして、骨材をなるべく多くしているからだそうです。

それでもヒビ割れを全く無くすことは難しいようで、先日テレビで見たその対策も目の前で見ることができました。

続きを読む "やんばツアーズの八ッ場ダム工事現場見学会はとてもいいし、また行きたくなる" »

2017年8月 6日 (日)

相模原沈殿池の水は横浜水道みちを流れてきたのではなく、相模原浄水場も関係なかった

前回見てまわった、相模原市を横断している「横浜水道みち緑道」は、明治時代に日本初の近代水道として引かれたところでした。

県立相模原公園のすぐ近くの、この水道道の近くには貯水池のようなところがあり、「相模原沈殿池」と名付けられています。

Img_6408_500x375

ダム便覧にも記載されており、堤高19.5m、堤頂長255mもある立派なダムといえます。

相模原公園の北側に位置し、アースダムの美しい芝生が広がります。

北東方面を見ています。

Img_6380_500x375

取水口らしきものがあります。

北西方向を見てみると、横幅の2倍程度の奥行きがあるように見えます。

Img_6381_500x375

この水は横浜水道みちを流れて来た水を一旦ここに貯め、水道水としてりようするため沈殿させる施設なんだろうと思っていました。

しかし、この沈殿池ができたのは1954年(昭和29年)ですので、1887年(明治20年)にできた横浜水道よりもこちらの方がずっと新しいものとなります。

ちょっとネットで調べながら、全体の様子を見に一周歩いてみました。

Img_6387_500x375

↑半時計回りに半周、北東の端まで来てみると、北西の端に水道施設らしきものがあるようです。

↓沈殿池の北側は住宅もある普通の道路となっていました。

Img_6388_500x375

調べてみると、この水は津久井湖手前の沼本ダムからの取水され、地下の水道管を通って流れて来たものを貯めているようです。

津久井分水池、下九沢分水池を経由して来ており、横浜水道みちとは全く別ルートということです。

横浜市水道局公式サイトにあった「水源系統図」を見ると、津久井湖から川井浄水場まで2本のラインが引かれています。

続きを読む "相模原沈殿池の水は横浜水道みちを流れてきたのではなく、相模原浄水場も関係なかった" »

2017年7月30日 (日)

県立相模原公園を通り相模原市全体を斜めに横切っている水道みちは横浜まで続いている

相模原市の地図を見ていると、中央区と南区を大きく斜めに北西から南東方向に向かってほぼ真っ直ぐに進む道があります。

こうした形状は多摩湖自転車道などでも見かける、水道を通すための用地なのかと思われます。

自転車で走ってみて確認したいものですが、30℃以上と暑い日に車で県立相模原公園まで行きましたから、この水道みちを下見を兼ねて徒歩でちょっと見て来ました。

Img_6359_800x600

↑南北が逆の公園内の案内地図ですが、右下から上に向けてさらに公園上部を左に向けて「水道みち緑道」が通っており、それが地図上部中央辺りにも記載されています。

その公園を南東に出た先は女子美術大学の敷地になりますが、その中もこの水道みち緑道が突き抜けており↓、さらにその先の市立相模原麻溝公園も突き抜けていきます。

Img_6361_500x375

確かに「水道みち緑道」との標識がありますし、歩行者専用通路とも書かれています。

歩行者専用ということは自転車は通れないということなのでしょうか。

県立相模原公園内の方に戻って、北西側に向かってみます。

木々の間の道となり、「夜間この園路の利用は危険なので通行をご遠慮下さい」と書かれてあります。

Img_6364_500x375

そう言われると昼でもちょっと緊張しますが。確かに薄暗いところではあります。

上流である北西方向に進んで行きますが、振り返って見ると、相模川の河岸段丘のためか結構な下り坂となっています。↓

ということは、相模川からの水がここに流れているのだとしたら、水にとっては辛い登り坂です。

Img_6365_500x375

この先は県道52号相模原町田線を横断しますが、自動車通行量が多い道で、少し迂回して横断歩道を渡ります。

この道の西側も相模原公園なのですが、こちらは「水と緑と人のふれあい空間づくり」をテーマに造られた「せせらぎの園地区」となっています。

Img_6368_500x375

すぐ横を流れる道保川に沿うような位置にあり、いくつかの池などが整備されています。

さらに、この公園に沿うように水道みちも続いていきます。

続きを読む "県立相模原公園を通り相模原市全体を斜めに横切っている水道みちは横浜まで続いている" »

2016年1月31日 (日)

そもそもダムとは何のことなのか、狭山湖(山口貯水池)はダムなのか、だったら名前は

前回も見てきましたように、埼玉県所沢市、入間市にある「山口貯水池」は、多摩川からの水を地下の導水管で運んできて、東京都民の水道水として利用するために、貯えておくためのその名の通り、貯水池でした。

その名前も当初、多摩湖と呼ばれていたものが狭山湖となったとのこともわかり、驚いたことです。

Img_3793_500x375

ところで、この狭山湖(山口貯水池)はダムなのでしょうか。

狭山ダムとか、山口ダムという名称はあまり聞いたことがありません。

隣りの多摩湖(村山貯水池)も、多摩ダムとか、村山ダムとは聞きません。

そもそも「ダム」とは何なんでしょうか。

Img_3795_500x375

「ダム湖百選 狭山湖」と書かれたプレートがありました。

ダム湖百選とは、所在する地方自治体首長の推薦を受けて、一般財団法人ダム水源地環境整備センターが認定したダム湖です。

狭山湖が「ダム湖」として認定されているということは、ここにあるのは「ダム」ということになります。

Img_3796_500x375

ダムというと、川の水を堰き止めて貯めているものかと思われます。

ここではぐるっと1周しても13kmほどの範囲の、柳瀬川の源泉としての水源であるといえなくもないですが、実際には大部分は、よそ(多摩川の小作取水堰)から運んできた水が貯められています。

そもそも、ダムの定義はどうなのでしょうか。

Img_3787_500x375

↑この狭山湖の堤体をこうして、のどかな田園風景の中で下から見上げると、きれいに整備された小高い丘がある公園という感じです。

日本ダム協会HPにも解説はありましたが詳しすぎるので、宮島咲著「ダムマニア」によると、河川の流水を貯留し、または取水するため、河川管理者の許可を受けて設置する構造物で、基礎地盤から堤高までの高さが15m以上のものをいうとあります。

噛み砕いて、水を溜めたり取ったりするために、川を堰き止める高さ15m以上の施設とありました。

Img_3789_500x375

施設の土木構造物が「ダム」なので、湖は「ダム湖」です。

その水が自然に流れてきた川の水なのか、川から導水管で運んできた水なのかは、特に問題視されていないので、山口貯水池(狭山湖)にあるこの構造物は「ダム」に入ることになりそうです。

では、ダムという視点で、ここを見てみましょう。

続きを読む "そもそもダムとは何のことなのか、狭山湖(山口貯水池)はダムなのか、だったら名前は" »

2016年1月24日 (日)

狭山湖の水は周辺に降った雨水なのかと山口貯水池はいつから狭山湖といわれるようになったのか

多摩湖自転車道はよく走る道で、3年半前には多摩湖の様子をこのブログでも紹介しましたように、自転車乗りにとっては割となじみのあるところです。

狭山湖はそのすぐ隣ですが、周回コースが未舗装ということもあって、あまり行く機会はありません。

柳瀬川の源泉を探してこの狭山湖に来て以来、1年ぶりです。

Img_3791_500x375

↑狭山湖堤体の上から、柳瀬川の源泉らしきところを見下ろしています。

最近ダムめぐりを始めてから、改めて考えてみると、ここは不思議な湖です。

ダム湖の水は周辺の山々に降った雨水が貯められていますが、狭山湖の周りには狭山丘陵はあるものの、それほどの広さではありません。

尾根道を13kmほどで一周できるのですから、ここに降った雨水がこんなに貯まるとは考えられません。

Img_3783_500x375

↑狭山湖の湖面方向を見ていますが、すぐに答えは見つかりました。

多摩川の水を、羽村市にある小作取水堰(一部は羽村取水堰?)から地下の導水管で運んできて、ここに貯えているのです。

明治42年(1909年)に東京市の水需要の増加に備えて調査を依頼された中島博士が、多摩川の水をこうして貯水池に貯え、安定的に浄水場に水を供給しようと計画を策定したとのことです。

明治時代とは、ずいぶん前に計画されたものだと驚かされます。

Img_3802_500x375

もう一つ疑問が浮かびます。

狭山湖(正しくは山口貯水池)は埼玉県の所沢市、入間市に位置するのに、東京都水道局が管理して東京都民の水として利用されていることです。

狭山湖堤体から見える西武園ゆうえんち観覧車(左)と西武プリンスドーム(右)に沿って、多摩湖があることが鍵のようです。

Img_3832_500x375

都水道局HPによれば、東京都東大和市に位置する多摩湖(正しくは村山貯水池)が、まず、大正12年と昭和元年に完成しています。

さらに増加する水需要に応えるため、第二期工事として、狭山湖は昭和2年に着工し、昭和8年に完成しています。

東京都内の村山貯水池(多摩湖)が完成した後、セットのように隣接した、埼玉県側の柳瀬川の渓谷に山口貯水池(狭山湖)は計画され造られ、そのまま東京都管理となっているようです。

柳瀬川の渓谷といっても、そんなに大きな川ではないので、元はどんなところだったのでしょうか。

続きを読む "狭山湖の水は周辺に降った雨水なのかと山口貯水池はいつから狭山湖といわれるようになったのか" »

2015年11月22日 (日)

秋ヶ瀬取水堰は何のためにあるのかと調整池の越流堤をやっと見つけた

三連休だというのに遠出もせず、また荒川の秋ヶ瀬周辺にやってきました。

前回の左岸(さいたま市、戸田市側)ではなく、今回は右岸(志木市側)です。

秋ヶ瀬橋のちょっと上流に「秋ヶ瀬取水堰」があります。

Dsc03911_500x375

この堰は荒川の川の流れ全体に造られており、良く見ると、左の端(河川管理的には右岸)は水が流れるようになっていて、水面の高さに2.5mほどの高低差があります。

ですから、船はここを通ることはできないようです。

玉川上水の上流を見に行った時の、多摩川の羽村取水堰とは様子が違います。

水を取る堰なのだから取水堰ですが、その取った水の流れは見えません。

Dsc03908_500x375

↑でも、そのすぐ手前の上流に取水口があります。

宗岡取水口という名前で、ここから朝霞水路という暗渠を通って水は流れています。

この水は朝霞浄水場などで東京都の水道用水、工業用水、隅田川の浄化用水に使われています。

浄化用水というのは何なのか調べてみると、この水を新河岸川に流し、隅田川の浄化に役立てているとのことです。

また、さらに上流では埼玉県の大久保浄水場による水道用水にも使われているそうです。

Dsc03912_500x375

↑この取水堰、取水口周辺は立ち入り禁止になっています。

水資源機構HPによると、秋ヶ瀬取水堰の最大取水量66109㎥/Sのうち、東京都都市用水29824㎥/S、埼玉県都市用水19885㎥/S、浄化用水23400㎥/Sとの内訳になっているようです。

意外と浄化用水の比率が高いです。

↓これらの施設は橋で繋がっており、それは500mほど離れた荒川土手まで続いています。

Dsc03915_500x375

高いところにあるし何だろうと思いましたが、平成11年に洪水で荒川第一調節池が治水機能を果たした時の様子から考えてみれば、私に今立っているところは洪水時には水没してしまうわけです。

職員がこの堰などを調整するためにここに来るためには、こうした管理橋が必要なのでしょう。

Dsc03931_500x375

↑朝霞水路は暗渠といえども、荒川が洪水の時には水が大量に流れ込んで危険だからか、荒川土手のところに水門があります。

↓荒川土手(右岸堤)に上がって見ると、右奥に秋ヶ瀬取水堰と宗岡取水口が見え、ここから水門に行くための管理橋もあります。

Dsc03933_500x375

洪水になって、ここ全体に水が大量に流れ込んでいる様子は想像がつきませんし。見るのも怖そうです。

治水といえば、前回に来たとき見つけられなかった荒川からの洪水が荒川第一調整池に入り込む「越流堤」が、こちら側からなら見ることができるでしょうか。

続きを読む "秋ヶ瀬取水堰は何のためにあるのかと調整池の越流堤をやっと見つけた" »

2014年11月 2日 (日)

玉川上水終点の四谷大木戸付近と新宿御苑の美しい門衛所

江戸時代に造られた玉川上水の羽村取水堰へは、昨年GWに自転車で見に行きましたが、今回は終点の四谷大木戸付近に行きます。

※ 羽村取水堰への旅の記録は、こちら

といっても、今回は自転車ではなく、新宿から歩いていきました。

下流部のこの辺りの玉川上水は暗渠化されていますが、新宿御苑の散策路には「新宿御苑・内藤新宿分水散歩道」が整備されており、水路もあります。

デング熱対策対策での閉鎖も解かれていました。

Dsc02892_500x375

水路が作られ水が流れていますが、これは玉川上水の流れではなく、この下を通る国道20号線の新宿御苑トンネルの共同溝に湧出する地下水だそうです。

玉川上水は、羽村取水堰から四谷大木戸まで約43kmという長い距離を、標高差92mという緩勾配に、巧みに尾根筋を利用して自然流下式で設置されたとは、1650年代には素晴らしい土木技術があったものだと感心します。

少し歩くと、昭和2年に建てられた新宿御苑の旧新宿門衛所です。

Dsc02895_500x375

裏側から見てみると、独特のデザインと不思議な質感の壁です。

こんな門衛所があるなんて、やはり明治12年には宮内省所管の新宿植物御苑、明治39年には皇室の庭園としての新宿御苑だったという歴史を感じられます。

Dsc02893_500x375

現在の新宿門は、ここより新宿駅寄りにあり、ここを通っても新宿御苑には入れません。
新宿御苑は、江戸時代には高遠藩内藤家の屋敷があり、その庭園の池にも玉川上水の分水が引かれていたようです。

ここからはより木がうっそうとしており、散策路を歩いていきますと、

Dsc02898_500x375

わずか540mで終わりで、旧大木戸門衛所があります。

四谷大木戸という江戸時代の甲州街道で江戸に入るための関所の名前が、新宿御苑の門の名前にもなったようです。

Dsc02903_500x375

ここも裏から見たほうが趣のある建物です。

続きを読む "玉川上水終点の四谷大木戸付近と新宿御苑の美しい門衛所" »

2014年4月 6日 (日)

普段入れない東村山浄水場での花見と施設見学

26万㎡という広大な土地の東村山浄水場は、東京都水道局の施設ですが、水の危機管理上、普段は敷地内に入ることができません。 

桜のきれいな花見シーズンの4月初めごろ、週末の2日間だけ開放され、中に入ることができます。 

入口では氏名記入はしますが、身分証明書等は必要ありません。

Dsc01810_500x375

東村山浄水場体験ツアーという名の施設見学会も行われているようなので、参加しました。 

1日4回、集合時間が定められているので、10分前に行きましたが、予想以上の人気のためか、ある程度人数が集まるごとに随時スタートしているようです。 

20名くらいの見学者に対し、2名の職員の方が説明についてくださいましたが、前後には10名程度のグループもありました。 

いかにも浄水場という感じの巨大な水槽の間を通っていきます。

Dsc01814_500x375

高度浄水処理のため、平成16年度から新しく建てられたオゾン処理棟の前で、沈澱池を見ながら説明を受けます。 

屋上から見ると全体像がわかりやすいです。

Dsc01821_500x375

↑西(奥)の方から、村山貯水池(多摩湖)から多摩湖自転車道の下を通ってきた水は、写真左側を流れてきて、ここで左から右に向かって処理されていきます。 

まず、水中の浮遊物質を沈みやすくするため、凝集剤を左の混和池で入れ、フロック(浮遊物質の集合体)形成池でフロックを大きくさせ、右の薬品沈澱池で沈めます。 

この浄水場にはこのような沈澱池が5つあるようです。 

次に、このオゾン処理棟で、高度浄水処理します。

Dsc01819_500x375

高度浄水処理とは、オゾンの強い酸化力で、かび臭やトリハロメタンのもととなる物質を分解し、さらに生物活性炭を吸着させてかび臭をとったり、アンモニアを分解したりすることだそうです。

建物内では、オゾンを作るための酸素製造装置やオゾン発生装置なども見学しました。 

屋上で東側を見ると、西側とは違って、マンションなどの高層建物が多くあります。 

柳泉園組合の煙突が目立ちますが、この写真ではわからないですが、右の方にスカイツリーも見えました。

Dsc01826_500x375

↑屋根が見えているのは生物活性炭吸着池棟です。 

この建物内で処理された水は、急速ろ過池で、さらにフロックを取り除きます。

Dsc01838_500x375

ろ過池といっても、太陽光発電パネルあるだけです。 

以前は蓋かけされていませんでしたが、やはり危機管理の観点からカバーされるようになったそうです。 

でも、中を見ることができる仕掛けがあるのです。

続きを読む "普段入れない東村山浄水場での花見と施設見学" »

2013年5月 6日 (月)

国史跡の玉川上水の取水口を目指して

江戸時代に造られて、国指定史跡となっている「玉川上水」はこのブログでも何回か話題にしたことはありますが、今回、その上流端である取水口に行ってみることにしました。

小金井市と小平市の境界にある、新小金井街道の茜屋橋から西を目指します。

Dsc00452_500x375


上水のすぐ脇は玉川上水緑道となっていますが、ここは歩行者用なので、自転車はさらにその外側にある一般道を走ります。

しばらくは、五日市街道が並行していますが、小平市内の一橋大辺りで上水は斜めに離れ、落ち着いた雰囲気となります。

Dsc00454_500x375

↓この右側が緑道。さらに右が玉川上水です。

Dsc00455_500x375


やがて、立川通りを超えると道が舗装されていないため、スリックタイヤの小径車にとってはかなり走りづらいです。

また自転車通行禁止の部分もあります。

Dsc00457_500x375

以前にも来たこもれびの足湯や野火止用水の分水箇所、小平監視所を過ぎると、

 ※ 足湯に来た旅の記録は、こちら

 ※ 小平監視所の旅の記録は、こちら

西武拝島線と多摩都市モノレールの玉川上水駅です。

Dsc00459_500x375

しばらく進むと舗装路となりますが、ここで川との平面交差があります。

こちらは用水に沿って上流に向かっているのに、橋が架かっています。

Dsc00465_500x375


残堀川の上宿橋です。

大まかにいうと、この辺りの川は西から東に向かって流れているものが多い中、この残堀川は北から南に流れています。

以前に考えた、この玉川上水は東京の尾根をうまく通っているとした場合に、ちょっと不思議な流れ方をしている川です。

 ※ この考察については、こちら

Dsc00466_500x375


なんと玉川上水はサイフォンの原理を応用して、この残堀川の下をくぐっているそうです。

先に進みますが、小平監視所より上流は水量も多くなっています。

Dsc00468_500x375


立川市と昭島市境界の西武立川駅付近では、暗渠となっていますが、上部は公園のようになっていて通行できます。

Dsc00470_500x375


数百メートルで再び水面が見られ、西武拝島線の踏切を超えると、すぐに拝島です。

Dsc00471_500x375


拝島駅前には、以前、米タンを撮影した横田基地への引込線の踏切があります。

 ※ 米タンの旅の記録は、こちら

Dsc00473_500x375

拝島駅から先、福生市内には並行したいい道がなく、結構苦労します。

まずは上水沿いの舗装されていない道を行くと、八高線のガードをくぐりますが、公園内のようで階段になるので、自転車をかついで上がります。

続きを読む "国史跡の玉川上水の取水口を目指して" »

2012年12月 1日 (土)

こもれびの足湯と東京の水道はどこから

すっかり日中も寒くなってきたので、温泉が恋しい季節となりました。

夏の暑い頃にも来た、西武拝島線東大和市駅付近の玉川上水と野火止用水の分岐点の近くに再び来ました。

Dsc00004_500x375


↑右が玉川上水で、左は緑道ですが舗装されてなく、自転車は通行できないようです。

野火止用水側は通ることがありましたが、1本中に入った道沿いのため気づかなかった、足湯があるとのことを知りました。。

「こもれびの足湯」です。

Dsc00003_500x375_3

わかりづらいところにあるのですが、無料であるためか(まあ足湯で有料では誰も来ませんが)、日曜日の午後3時ごろ、結構なにぎわいでした。

お年寄りもいれば、家族連れもいる、まさに老若男女が来ていました。

東屋が二つあり、30名ほどが足湯に浸かれるようになっています。

Dsc00005_500x375

温度は熱くもなく、ぬるくも無く、適温でした。

私は15分ほど浸かって出てしまいましたが、ほとんどの方は私より長く浸かっていました。

もともと、ここに入る予定ではなかったため、濡れた足を拭くものが、ハンカチしかないことがちょっとしたミスでしたが、まあ快適な時間が過ごせました。

なお、私が買わなかっただけで、タオルや飲み物も売っています。

そのため、無料施設にも関わらず、女性従業員の方が二人いらっしゃいました。

Dsc00007_500x375


実はここは、小平村山大和衛生組合の施設で、深さ250mの井戸からくみ上げられた地下水を、ごみ焼却炉の余熱を利用してお湯にしているようです。

小平市、東村山市、東大和市のごみを燃やしているようで、小平清掃事務所も隣接しています。

清掃工場の横に温水プールが設置されているところもありますが、ここは足湯のようです。

すぐ近くには西武線の玉川上水車両基地もあり、西武新宿線や拝島線では普段見かけない、多摩湖線の白い車両も止まっていました。

Dsc00002_500x375_2


さて、ここを離れ野火止用水を下っていくと、ここからさらに分岐していく緑道らしきものがあることに気づきました。

気になるのでこちらを辿っていきます。

Dsc00008_500x375

水道緑地とのプレートがありますから、水道管が下を通っているようです。

ほぼ一直線に北東に向かっており、電気の高圧線が上空を通っています。

Dsc00009_500x375


この道は地図を見ていても、一直線で目立つので、前から興味を持っていたところでした。

舗装されていない部分などもあり、自転車で走りづらいですが進んでいくと、やがて都営東京街道アパートの敷地に入ります。

団地の建替え最中のようで、所々に空き地がある中、高圧線を頼りに先に進みます。

Dsc00011_500x375


団地を抜けても、自転車歩行者専用道があります。

新青梅街道を横断するため迂回し、空堀川も渡るため、一瞬見失いそうですが、高圧線があるためすぐに再び見つけられます。

Dsc00012_500x375


ただし、この辺りにくると高圧線下は通れなかったり芝生となっており、近隣の道路をぐるぐる迂回しながら、行き先を探していきます。

西武多摩湖線の手前で先に進めなくなりますが、

Dsc00013_500x375_2

その先には予想通りのものがありました。

東京都水道局東村山浄水場です。

Dsc00015_500x375


東京都の水道水は、主に利根川、荒川の水と多摩川の水を使っていますが、そのうち多摩川の羽村取水堰から多摩湖(村山貯水池)への導水管の上は昔、軽便鉄道が通っており、今は自転車道になっているので、5月か6月に通りました

↓導水管の上の野山北公園自転車道(再掲)

Img_0259_500x375

もう一つ、多摩川の羽村取水堰から玉川上水を流れた水が、途中から地下の導水管を流れ、この東村山浄水場へ向かうルートが今日の道のようです。

考えてみれば、以前6月頃行った多摩湖自転車道も、多摩湖(村山貯水池)から東村山浄水場と境浄水場への導水管の上に作られていますから、都水道局の施設上に、都内では結構自転車道が整備されていることになります。

↓多摩湖自転車道にある案内板(再掲)

 

Img_0395_500x375

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村

ちょっと、私たちの飲み水がくるルートにも興味を持って、他のルートも探っていきたいと思います。

この日の走行距離は18.09km、平均時速17.55km、消費カロリー470kcalでした。