フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

川の源泉

2019年8月26日 (月)

霞川の水源に係るもう一つの説は平将門の後裔を名乗る三田氏が創建した天寧寺

前回は、青梅市の霞川の上流端から西へ鉄道公園や永山公園方向に向かいました。

風の子太陽の子広場内の池やその奥にある山々の谷戸が、霞川の水源となっているようでした。

Img_9367-500x375

↑しかし、調べてみると、この「霞川上流端」との標識のある交通公園入口交差点から、川の水源は北の方角にあるという説もあるようです。

つまり、都道28号青梅飯能線成木街道の北の方向になりますから、霞川はここで直角に曲がっていることになります。

Img_9379-500x375

↑北に向かい進んでいくと、道路下にあり見られなかった河の流れが、根ケ布交差点で都道から分かれる天寧寺坂通り沿いにありました。

さらに進むと、その天寧寺の総門の横を参道に沿って流れてくる水流があります。

Img_9369-500x375

元々この地には平将門創建と伝えられる真言宗高峯寺があったといいます。

現在ここにある高峰山天寧寺は、領主でありすぐ近くの勝沼城主であった三田氏が文亀年間(1501〜1504年)に創建した寺院です。

この天寧寺の奥に霞川の水源の「霞池」があるというのです。

Img_9371-500x375

↑総門から山道を進むと、山門は左にありますから、この川を渡ることとなります。

鐘楼にある大英元年(1521)に三田政定が寄進した銅鐘には、三田氏が平将門の後裔と記されています。

山門は楼門形式の立派なものです。

Img_9372-500x375

江戸時代の宝暦10年(1760)のものです。

天寧寺境域は東京都史跡に指定されているといいますから、水源の池だけでなく、寺院内の建築物にも期待が膨らみます。

続きを読む "霞川の水源に係るもう一つの説は平将門の後裔を名乗る三田氏が創建した天寧寺" »

2019年8月18日 (日)

青梅市にある霞川の上流端からさらに源流を探しに行く

東京都青梅市から埼玉県入間市を通り、入間川に合流する霞川があります。

青梅市東青梅駅近くで都道28号青梅飯能線成木街道が南北方向に通っています。

その鉄道公園入口交差点にある柿沢橋の所が霞川の上流端と表示されています。

Img_9365-500x375

しかし、他の川と同様に東京都の河川管理上での上流端なだけであって、実際にはここが水源ではありません。

道路を挟んで反対側に少し西へ行くと、すぐに流れを見つけることができます。

Img_9362-500x375

永山公園通りという道で、鉄道公園へ向かう道ともなっています。

この道路の左側つまり南側は斜面となっています。

Img_9348-500x375

↑やがて、永山公園通りはその斜面を上って行くので、下の川に沿った道をいきます。

上流に向けて西へしばらく進むと、風の子太陽の子広場入口という看板のところで、南西からの流れが合流しています。

↓左奥からの流れと右奥からの流れがあるということです。

Img_9349-500x375

まず、右奥つまり北東に向かいますと、すぐに道路は行き止まりとなります。

青梅市のよる野生動物に注意という表示があります。

Img_9351-500x375

絵にはシカ、イノシシ、ヘビ、ハチが描かれています。

ちょっと怖がりながら少し進みます。

続きを読む "青梅市にある霞川の上流端からさらに源流を探しに行く" »

2019年7月28日 (日)

富士見市の武蔵野台地の端に突き出た氷川神社とそこにある湧水

国道254号線バイパス沿いに沿っては、ららぽーと富士見、またすぐ隣には市役所もあります。

この辺りは、武蔵野台地が舌状台地となって突き出た部分との間の高低差を見ることが出来ます。

Img_9281-500x375

↑鶴瀬駅のある南西方向に向けては、道路も登り坂となっており、高さの差は10メートルほどになっています。

奥に見える木々の生い茂ったところは、氷川神社の鎮守の杜となっています。

Img_9271-500x375

道路を挟んで、諏訪神社とこの氷川神社は向かい合っています。

どちらも、古代の住居址が数多くあるところに建立された神社です。

Img_9273-500x375

↑狛犬は溶岩の上にいて迫力があります。

獅子山というそうです。

Img_9277-500x375

↑拝殿にはネコが昼寝していましたが、割とこれは日常的な風景だそうです。

創建は不明ですが、江戸時代の正徳元年(1711)に社殿が再建されたという棟札が現存しています。

Img_9262-500x375

↑参道の途中には、下に向けて降りて行く階段があり、「雲居の瀧」と書かれています。

本当に滝があるのでしょうか。

続きを読む "富士見市の武蔵野台地の端に突き出た氷川神社とそこにある湧水" »

2019年7月14日 (日)

崖の上にあり豊富な湧水となぜか神社もある日野市立中央図書館

JR中央線の豊田駅近くにある日野市立中央図書館のすぐ裏は木々があり林となっています。

そして、そこは崖となっています。

Img_9207-500x375

図書館建物の裏に行けるようになっており、そこには八幡神社があります。

Img_9209-500x375

その図書館の木々の生い茂った裏庭のようなところから南側は、崖になっています。

Img_9227-500x375

日野市には数多くの湧水がありますが、ここもその一つがあります。

「中央図書館下湧水」といい、毎秒17リットルの水が湧き出ているそうです。

Img_9217-500x375

この左からも既に水が流れて来ていますが、すぐ先のコンクリートと地面の隙間から流れて来ています。

Img_9219-500x375

崖の林にしみ込んだ水が大量にあるのでしょう。

図書館下湧水は、東京都環境局による東京の名湧水57選の一つに入っています。

この南側から図書館に向かうには、鳥居をくぐって行くという不思議な風景となっています。

続きを読む "崖の上にあり豊富な湧水となぜか神社もある日野市立中央図書館" »

2019年6月30日 (日)

越生町にある新日本観光地百選の越辺川の黒山三滝と予想外の森林の所有者

東京都からそう遠くない白鳥飛来地ということで、埼玉県川島町の越辺川に5ヶ月ほど前の冬には白鳥を見に行ったところです。

越辺川と書いて「おっぺがわ」と読む川の源流の一つであり、滝もあるという黒山川に行きました。

Img_9178-500x375

↑梅林で有名な越生町にあり、滝に行くための駐車場横を流れている川でも既に源流感があります。

3つの滝があり、黒山三滝とされています。

車で来たのですが、駐車車両も多く予想以上に観光客がいました。

Img_9182-500x375

↑坂道を10分近く歩いたでしょうか、左に天狗滝への入口があります。

周辺の地層が美しいです。

滑らないように注意しながら登って行くと、すぐに到着です。

Img_9186-500x375

↑落差13.6メートルという天狗滝(てんぐだき)です。

周囲の石は珍しい赤色チャートだそうです。

Img_9200-500x375

↑元の道に戻り、残り二つの滝を目指しますが、昔ながらの土産物店があります。

写真左側が川の流れ、右側が店を見ながらの道になっています。

この手前にも、川魚を焼いている店やカフェなどもありました。

Img_9187-500x375

↑そして、いよいよ「黒山三滝」と書かれた看板があります。

なんと、黒山三滝は1950年(昭和25年)に毎日新聞社主催による「新日本観光地百選」という十種類の分類でベスト10を決める際に、瀑布(滝)の部で第9位に選ばれているという人気者でした。

続きを読む "越生町にある新日本観光地百選の越辺川の黒山三滝と予想外の森林の所有者" »

2019年6月16日 (日)

豊田駅やイオンモールの近くにあって大量の湧水がある黒川清流公園とカルガモ親子

イオンモール多摩平の森のすぐ近くには、まさに森があります。

その森のある多摩平第6公園は崖の上にあり、南東方向に向けて下の方が見渡せます。

ここは黒川段丘崖となっています。

Img_9130-500x375

高い所と低い所では10メートル近くの高低差があります。

この周辺の敷地は公園や東豊田緑地保全地域として、崖の緑が残されています。

Img_9103-500x375

↑それらを巡る黒川段丘崖散策コースの案内板もあります。

ここには豊富な湧水があるといいますから見に行ってみます。

Img_9106-500x375

↑坂を下りると、まさにジャージャーという音を立てて水が斜面から水路に流れ込んでいます。

この斜面には立ち入りできなくなっています。

Img_9107-500x375

崖の斜面の部分が開発されずに保存されているため、至るところから水が湧くようです。

少し上流側の清水谷公園には池があり、子育て中のカルガモの親子がいます。

Img_9109-500x375

↑左側にヒナ鳥が5羽ほど円形に固まっています。

みんながやさしく見守っているため、人がすぐ近くにいても平気でいます。

美談ではありますが、危機管理上はちょっと不安が残ります。

下流側は黒川清流公園となっています。

続きを読む "豊田駅やイオンモールの近くにあって大量の湧水がある黒川清流公園とカルガモ親子" »

2019年4月14日 (日)

東川の源泉って道路排水なのか、人孔なのか、それとも違うところなのか

引き続き、所沢市を西から東に流れている東川(あずまがわ)の源泉を探していきます。

東川は三ヶ島八幡神社の西参道鳥居の前を奥(北東)に向けて流れていき、前回見たもう一つの流れとこの先で合流します。

Img_8804-500x375

↑右に小高くなっているのが神社です。

南西に向けて上流に向かっていきます。

やがて、道路沿いに流れていた東川は住宅と畑の間へと入っていきます。

Img_8817-500x375

グーグルマップで見ると、この少し先で水の流れは無くなっています。

その辺りに源泉があるということでしょうか。

しかし、畑とはいえ、勝手に民有地に入って行くわけにもいきません。

Img_8822-500x375

↑もしかすると、方角的に川があるかと思われる方を探してみると、さらに上流にも水路がありました。

この先で道路を横断しているはずなのですが、その向こう側の上流側には水路が見つかりません。

Img_8823-500x375

↑道路の両側には側溝があります。

しかも、斜面となっていますから、雨が降れば結構な量の水は流れてくることでしょう。

ということは、東川の源泉はこの道路排水ということになってしまいます。

なんか、釈然としないまま、この道路を登ってみました。

Img_8824-500x375

↑すぐ先の道路左手には、トトロの森10号地がありました。

ナショナルトラスト活動でこの丘が保全されています。

こうした森からの湧水も、この道路の側溝には流れていくわけですから、単なる側溝ではなく、やはりこれが東川本流なのでしょうか。

Img_8825-500x375

↑さらに道路を進んでいくと、かなりの上り急斜面となります。

両側にはやはり側溝はあります。

坂を登り切ると、狭山湖の周回道路に行き当たります。

続きを読む "東川の源泉って道路排水なのか、人孔なのか、それとも違うところなのか" »

2019年4月 7日 (日)

所沢の東川の源泉を探してヤギと三ヶ島八幡神社の桜を見る

所沢市内を西から東に流れている東川は、桜の名所になっており満開です。

ひがしかわではなく、あずまがわと読みます。

この東川の源泉を目指してみました。

Img_8791-500x375

関越道所沢インター周辺では柳瀬川に合流しており、国道463号浦和所沢バイパス、西所沢からは県道179号所沢青梅線にほぼ沿って流れています。

狭山湖周辺に源泉はあるようです。

↑その所沢青梅線下田橋から南の上流方向へは道路に沿って流れています。

Img_8793-500x375

 ↑やがて畑の間に入っていきます。

道と私有地の区分が分かりづらいのですが、グーグルマップを見るとここは道のようです。

小高い丘のところで2つに別れています。

Img_8794-500x375

というか正しくは2つの流れがここで合流しています。

右側は沿っては行く道が無いので、まずは左側の流れを上流に向かいます。

Img_8797-500x375

水の量はかなり少なくなっています。

畑と道路の間、民家と畑の間を流れています。

グーグルマップではこの道路の手前が上流端のようですが、まだ先に流れはあります。

Img_8800-500x375

ここの桜はまだ満開とはなっていませんでした。

この先は民有地のようなので勝手に入るわけにもいきません。

ところで、先程からメーという鳴き声が気になります。

Img_8803-500x375

↑川の左側にある道路を進むと、そこにはヤギがいました。

しかし、この道路も行き止まりとなっており、先に進めません。

さらに左に大回りする道路は山?の向こう側を通っていますから、やはり川の上流には行くことは出来ません。

残念ですが、ヤギの声で少し和んだ気分になり、もう一方の流れの上流を探します。

続きを読む "所沢の東川の源泉を探してヤギと三ヶ島八幡神社の桜を見る" »

2019年3月24日 (日)

南沢湧水の守護神であり東久留米総鎮守でもある南沢氷川神社

湧水や自然豊かな落合川では、河川改修工事をした際に、元の川の形や周囲の自然を極力残すような努力が感じられるところが至る所にあります。

東久留米市南沢辺りの川が蛇行しているところもその一つです。

Img_8789-500x375

↑落合川の南の小高い丘の上に氷川神社があります。

ここ東久留米市南沢の氷川神社は、古来より湧水の守護神として鎮座していたといいます。

Img_8764-500x375

建立年次は不明ですが、出雲国の斐伊川の故事に倣って創立されたそうです。

現存する古文書に在原業平に関する古伝があり、東下りの折、南沢に宿を求めこの神社に立ち寄ったとのことです。

Img_8767-500x375

在原業平といえば、平安時代初期の歌人ですから、随分と歴史があることになります。

↑火災による消失により、現社殿は昭和46年に再建されたものです。

つい最近のように思ってしまいますが、1971年のことになりますからもう50年近くなります。

Img_8769-500x375

とてもキレイですから、近年塗替えをしたのでしょうか。

この神社では江戸時代の再建の際の棟札が、東久留米市指定有形文化財となっています。

承応3年(1654年)のもので、寄進者として久世大和守や南沢村領主の名前が刻まれています。

Img_8773-500x375

久世大和守広之は南沢で生まれ、後に徳川幕府の将軍側近や老中を務めた実力者だそうです。

また、加藤清正虎退治絵馬も市指定有形文化財となっています。

こちらは、市内最古の絵馬で、文政4年(1821年)に制作された、武者絵馬の代表的なものです。

Img_8776-500x375

↑社務所は昭和59年に建てられたものです。

棟札も絵馬も公開はされていませんので、見ることは出来ませんでした。

ところで、棟札の寄進者には、南沢村、田無村、入間村、下新井村総氏子とも記されているので、かなり広範囲の氏子信徒により再建されたことになります。

やはり水の神は大事だったのでしょうか。

続きを読む "南沢湧水の守護神であり東久留米総鎮守でもある南沢氷川神社" »

2018年12月 2日 (日)

立川ではなくて所沢にある国指定重要文化財の砂川遺跡と砂川の源泉

砂川遺跡という名前を聞くと、砂川事件を連想するので、立川の周辺にあるのかと思ってしまいます。

在日米軍立川基地拡張に関する事件の裁判ですが、東京都北多摩郡砂川町、現在の立川市の話だったはずです。

Img_8232_500x375

しかし、この砂川遺跡は埼玉県所沢市三ヶ島にあります。

所沢市で最初に発見された旧石器時代の遺跡だそうです。

畑の間のあまり広くない道路沿いで、案内板が無ければ気付かずに通り過ぎてしまうようなところです。

Img_8231_500x375

ナイフ形石器を含む769点もの石片が出土し、1万3000年前のものといいます。

いつもながら、こうした遺跡の年代を聞くと、気の遠くなるくらいの時間の長さを感じます。

Img_8233_500x375

ここは「砂川遺跡都市緑地」として整備されています。

調査では、石器類の出土地点の全記録と出土した石器類の接合という作業が初めて試みられ、ナイフ形石器等の製作工程が明らかとなりました。

Img_8234_500x375

石器類が集中しA地点↑とF地点↓から出土したということで、そこはブロックで囲い表示してあります。

出土した石器類は、「埼玉県砂川遺跡出土品」として国の重要文化財に指定され、明治大学博物館等に所蔵されているそうです。

ここには展示施設はありません。

Img_8237_500x375

また調査により、当時の人々が常に石を携行して移動し、そこで石器を作ったり、他の場所で作ったものが持ち込まれたり、他の場所へ持ち去ったりするなど、人々の生活や動きが実証されました。

日本の旧石器時代研究に大きな成果をあげたそうです。

ここはのどかな田園風景で、昔を感じさせてくれるいいところです。

Img_8236_500x375

でも、遠くに見える小手指駅前のタワーマンションが現在とのミスマッチ感を出しています。

ところで、立川ではないのに砂川という名が付いているのは、砂川という川が流れているからです。

久しぶりに、砂川で川の源泉探しをしてみました。

続きを読む "立川ではなくて所沢にある国指定重要文化財の砂川遺跡と砂川の源泉" »

より以前の記事一覧