フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

川の源泉

2017年10月22日 (日)

さいかち窪と黒目川最上流部の台風21号直撃前の秋雨前線の影響による大雨の状況を確認に行く

月曜日には最高気温が14.3℃と10月中旬の東京としては46年ぶりの寒さで、木曜日には最低気温が9.9℃という同じく31年ぶりの記録、さらに正午でも11.1℃と非常に寒い日でした。

その週末に今度は、超大型で非常に強い台風21号が関東を直撃しそうで、今晩(10月22日日曜日)の深夜から未明に東京地方は大雨で強風に注意が必要という天気予報です。

その台風21号が秋雨前線を刺激しているようで、既に日曜日の朝から夕方までずっと強い雨が降っています。

Img_6776_500x375

これだけの大雨なら、さいかち窪は水が湧くというよりも水が貯まっているはずです。

大雪の時には水が流れているかと見に行ったのに無かった水の流れが、今日の夕方にはありました。

この奥の方がさいかち窪で、手前に向けて水は流れています。

小平霊園内の雑木林の奥に向かい、さいかち窪まで行こうかとも思いましたが、この水流の左側の通路というか踏み分け道も川のように水が流れており進めません。

Img_6775_500x375

しかも、あんな寒い日が数日前にあったにも拘らず、写真を撮るほんの短時間で蚊に何カ所も刺されてしまい意気消沈です。

↑諦めて下流方向を見れば、新青梅街道の下に向けて水が流れていきます。

この先で道路排水の水が合流しているのですが、時折冠水するほど多くの道路上の水が流れ込むと、あの狭い黒目川最上流部は氾濫が心配です。

Img_6773_500x375

↑新青梅街道を渡ってみると、やはりすごい勢いで水が入って来ます。

さいかち窪からの水流からは大分増えています。

ここからは自然に配慮した川づくりが行われているため、通常の都市河川のような広い川幅で整備されてはいません

Img_6771_1024x768

↑案内図(クリックで拡大)の⑤の辺りから下流は広い川幅となっていますから心配ありません。

さいかち窪や柳窪天神社では、湧水もたまにしか見られないため、最上流部は枯れていることが多いくらいです。

Img_6769_500x375

↑200mほどは公園となっていますが、その途中の民有地からは流れ込む水によって「小さな滝」ができていました。

そのお宅への橋のすぐ下まで水位があり、その橋さえも水が溜まり川のようです。

Img_6768_500x375

この先の下流にも見に行きます。

続きを読む "さいかち窪と黒目川最上流部の台風21号直撃前の秋雨前線の影響による大雨の状況を確認に行く" »

2017年7月 9日 (日)

国分寺崖線にある大学構内にあって東京の名湧水57選にもなっている新次郎池と野川への水の流れ

国分寺崖線は、古代多摩川が北から南へと長い年月をかけて流れを変えていく中でできた、立川市から大田区のあたりまで約30km続く河岸段丘です。

高低差が15〜20mほどあり、そこには数多くの湧水があります。

Img_6295_375x500

その中で、国分寺駅近くの東京経済大学の構内にも湧水による池があると知りました。

この大学への所用がありましたので、ちょっと寄ってみることとしました。

西にある正門から入り、東端の校舎裏の階段を下りていきます。

↑振り返ってみると、国分寺崖線の結構な高低差であることがわかります。

Img_6297_500x375

↑ここに新次郎池があります。

ここは東京都環境局が選定した東京の名湧水57選の一つとなっています。

5箇所の湧水があり、元々はわさび田だったそうです。

それを北澤新次郎学長の時代である1960年前後に池として整備したため、この名が付いていると説明板がありました。

Img_6299_500x375

ちょっと想定外の名前の由来でした。

大学敷地としては南東に位置します。

夜中に台風が通過し、結構大雨が降った翌朝に行ったのですが、雨の直後過ぎたためか、水は溜まっているものの湧いている様子はありませんでした。

Img_6301_500x375

↑この池から南方に向かった細い川のような水の流れがあるようなのでその先を追ってみます。

事前に地図を見た時は、この南東側には大学の門は無く、外部から出入りが出来ないと思っていましたが、予想外に門がありました。

Img_6304_500x375

↑東京経済大学敷地の南東端から北を見ていますが、東側の道路に沿って、手前の南側に流れるように川はあります。

この新次郎池周辺は公開空間として開放されていました。

案内図があったので見てみると、よく耳にする「公開空地」と「公開空間」が区別され、地図に載っています。

続きを読む "国分寺崖線にある大学構内にあって東京の名湧水57選にもなっている新次郎池と野川への水の流れ" »

2017年6月18日 (日)

埼玉県南部唯一の前方後円墳の柊塚古墳と黒目川の終点にあるゼロキロポスト

黒目川沿いを自転車に乗って下流方面に向かって、再び朝霞市まで行きました。

先日行った城山公園の少し先に、埼玉県南部で唯一、墳丘が現存する前方後円墳があるというのです。

Img_6194_500x375

↑黒目川の右岸側すぐ近くですが、中央部の木の生い茂った小高い丘のようなところに位置する「柊塚(ひいらぎづか)古墳」です。

柊塚古墳歴史広場として整備されており、駐輪場だけでなく駐車場までありました。

Img_6201_375x500

↑馬形のモニュメントがありますが、ここからほんとうに馬形埴輪が発掘されたそうです。

墳丘は標高21mの位置にありますが、黒目川下流部のこの辺りは標高3m程度しかありませんので、標高差は20m近くあります。

柊塚古墳は発掘調査の結果、6世紀前葉のものといい、埋葬施設は二カ所あるようですが、誰の墓かはわかりません。

Img_6203_500x375

埼玉県といえば、4年前に行った行田市にある「さきたま古墳群」が有名ですが、県南部にもこんな古墳があったとは知りませんでした。

古墳の墳丘の周りには周濠もあったようです。

Img_6109_500x375

現在でも「後円墳」の部分は形がわかりますが、「前方」(前の方ではなく、前にある四角形)の部分は原型を留めていません。

住宅等で開発されてしまったようです。

Img_6205_500x375

↑右のほうが、前方の部分ですが、切れてしまっています。

円墳の裏側に廻ることができますが、頂上部まで登れる通路があるのですが、入口が閉鎖されています。

Img_6211_500x375

この公園には不思議な形だなと思われる小さな建物がありました。

続きを読む "埼玉県南部唯一の前方後円墳の柊塚古墳と黒目川の終点にあるゼロキロポスト" »

2017年5月28日 (日)

埼玉県内最古である室町時代建築の国指定有形文化財の神社建築物と落差12mの滝のある毛呂山町

JR八高線に毛呂という駅があり、ここは埼玉県毛呂山町になります。

駅西口には埼玉医科大学やその病院があり、のどかな風景の駅が多い八高線の駅の中では異色の存在です。

そんな毛呂駅東口には、小高い丘陵がありその上には「出雲伊波比神社(イズモイワイジンジャ)」があります。

Img_6153_500x375

この丘は臥龍山といわれ、この神社には室町時代の1528年(享禄元年)建築の神社社殿があります。

神社に伝わる「臥龍山宮伝記」によれば、53年(12代景行天皇の時代)に日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が天皇から賜ったヒイラギの鉾を納め神宝とし、出雲の大己貴命(オオナムチノミコト)を祀りました。

さらに出雲の天穂日命(アメノホヒノミコト)とともに出雲伊波比神としたとされています。

Img_6155_500x375

この拝殿は後ろ側から見ても美しいのですが、この右の奥にも、さらに建築物があります。

神話の時代を過ぎ、奈良時代の772年(宝亀3年)の大政官符によると朝廷から幣帛(神前に供えるもの)を受けた官弊社であったとの記録が残っています。

鎌倉時代には源頼朝が畠山重忠に造営を命じ、室町時代の1527年(大栄7年)に消失後、毛呂顕繁により再建されたのが現在の本殿といいます。

国指定重要文化財に指定されている埼玉県最古の神社建築です。

Img_6154_500x375

↑裏側にあった建築物を囲いの隙間から覗くように見てみましたが、国指定重要文化財に指定されているのは、実はこの裏側にある本殿のようです。

毛呂町公式サイトではわからなかったのですが、文化庁公式サイトで確認できました。

この出雲伊波比神社では、流鏑馬(やぶさめ)も11月には行われているそうです。

ところで、拝殿正面に奉納されている流鏑馬の的のようなものには、瀬戸大也と書かれていました。

Img_6157_500x375

無知なので、どこかで聞いたことのある名前だなあとしか思っていませんでしたが、その日の夜のニュースを見ていてびっくりしました。

オリンピック水泳のメダリストで、この日に婚約を発表していましたが、毛呂山町の出身だそううです。

この後、毛呂駅からは3~4km位の距離がありますが、見てみたい滝もあるので行って来ました。

Img_6123_500x375

この日は車で来ており、途中までは広い県道ですが途中の毛呂山総合公園やゴルフ場のさいたまGCの辺りから狭い道となっていきます。

そうはいっても、すれ違える道幅はありますし、滝の近くには駐車場やトイレも整備されています。

↑そこからは細い宿谷川沿いを進みますが、遊歩道が整備されています。

続きを読む "埼玉県内最古である室町時代建築の国指定有形文化財の神社建築物と落差12mの滝のある毛呂山町" »

2017年4月23日 (日)

【後編】黒目川上流域に開通した遊歩道は自転車走行していいのかと、これで整備完了なのか

黒目川は、小平霊園から、東久留米市、和光市、朝霞市を流れて新河岸川へと合流する全長17.3kmの一級河川ですが、上流域の遊歩道の未開通部分がこの4月に開通したとのことなので行ってみました。

小平霊園のさいかち窪から新所沢街道までの前回に引き続き、さらに下流に向かいます。

ここからが、新たに開通したところです。

Img_5940_500x375

↑右岸に通路はあるのですが、この大きな木を避けるためでしょうか、入口部分は橋梁形式となっています。

黒目川上流域親水化事業による3つのゾーン分類では、ここからは「C 復元ゾーン」で、武蔵野の農村風景を復元するとされていますから、いきなり入口での樹木伐採はやめたのでしょう。

Img_5911_500x375

↑50mほど先からは、遊歩道は左岸側に整備されています。

ところで、直前までの西団地内「Bゾーン」では広い川幅で整備されていましたから、大雨時にあそこに大量の水が流れたとすると、下流のこんな川幅で大丈夫なのか心配になります。

Img_5907_1000x750

↑しかし、しんやま親水公園の地下には余水路という雨水貯留槽のようなものが整備されており、大雨時の水はそこに貯められて、「Bゾーン」の親水路でも40cmの高さまでしか水は流れない仕組みに設計されていました。

ですから、下流の「Cゾーン」にも大量の水が流れ込まないようにされているということです。

Img_5912_500x375

この辺りの黒目川は、畑やコンクリート工場、民有地の間を流れていたので川の近くに行くことが出来ませんでしたから、見たことのない景色が新鮮です。

武蔵野の農村風景は言い過ぎかもしれませんが、この先にはのどかな風景が見えてきます。

Img_6018_500x375

↑左岸の横では、この遊歩道開通を機に宅地開発も進められているようです。

現地販売会開催中ののぼりが立っています。

駅は西武新宿線も池袋線も遠いですが、バス停は近くにありますし、私のような川好きには好立地物件です。

Img_5916_500x375

↑新たにできた橋から振り返って見ると、水に親しめるようになっていますが、流れる水がないのが寂しいです。

ここに新設された橋の上から撮影していますが、この左側は畑であり、この親水空間に行くことだけのためにある橋です。

ここも、畑が今後開発された時に役立つのでしょうか。

↓下里氷川神社のあるところが小高い丘となっていて、いい景色です。

Img_5917_500x375

ところで、新所沢街道からこの遊歩道への入口には、最上流部でよく見かけた「自転車は押して下さい」と書かれた看板がありませんでした。

自転車で走ってくる人は見かけませんでしたが、どうなのでしょうか。

続きを読む "【後編】黒目川上流域に開通した遊歩道は自転車走行していいのかと、これで整備完了なのか" »

2017年4月16日 (日)

黒目川上流部の遊歩道が開通したというので行ってみたけれど、自転車では走れないところが多い【前編】

黒目川は小平霊園にあるさいかち窪を源泉とし、北東に向け、東京都内では東久留米市を6.8km、埼玉県に入り和光市、朝霞市を10.5km流れ、新河岸川へと合流する全長17.3kmの一級河川です。

一級河川部分は東京都内では4.3kmで河川改修工事とともに遊歩道が整備されていますが、最上流部である普通河川部分は、川幅も狭く、遊歩道も完備していませんでした。

東久留米市が管理しているという2.5kmについても、何年間かかけて遊歩道が少しずつ整備されてきており、それが開通したということのようなので行ってみました。

Img_5877_500x375

↑まぼろしの泉である「さいかち窪」は、やはりこの日も水は湧いていないようで、そちらから新青梅街道の下を潜る管に向けての水の流れは、全くありませんでした。

昨年10月に水が湧いている様子を目の当たりにしたのが、噓のように干上がっています。

新青梅街道から200mほどの越処橋までの区間は、東久留米市の「黒目川越処橋特別緑地保全地域」で、平成26年春に公園とともに整備されたところに「さいかちの道」が整備されています。

Img_5881_500x375

この「さいかちの道」という名は、柳橋までの黒目川上流部の遊歩道の名称を東久留米市が公募して選ばれたものです。

開通直前の26年2月に大雪が降り、ここに来た時にはまだ通れませんでした

Img_5879_500x375

↑ここには新青梅街道からの道路排水が流れ込むためか水はありますが、水の流れとはなっていません。

Img_5880_500x375

↑さいかちの道は「オートバイ進入禁止、自転車は降りてください」と書かれています。

公園内の遊歩道ですが、右岸にしか道はありません。

Img_5883_500x375

↑越処橋からは遊歩道は左岸になりますが、やはり「自転車・バイク進入禁止」となっています。

この辺りからは、東京都の「柳窪緑地保全地域」に入ります。

市ではなく都の指定ということです。

この通路50mほど行くと、長福橋の先に柳窪天神社があり、ここは「東京の名湧水57選」の一つですが、残念なことに全く水はありませんでした。

Img_5884_500x375

この黒目川上流部に遊歩道が整備されるよりもずっと前から、この神社の参道として右岸に通路はありましたから、この200mほどの区間は以前から自転車も通れるようになっています。

Img_5886_500x375

↑天神橋から下流は左岸に散策路としての遊歩道がありますが、目立つように「自転車・バイク進入禁止」と書かれています・

そもそも、すぐ先からは狭くて自転車で走るどころか、押して通ってもすれ違いが難しそうです。

この辺りは、都内では珍しく、都市計画上の市街化調整区域となっており、屋敷林があります。

続きを読む "黒目川上流部の遊歩道が開通したというので行ってみたけれど、自転車では走れないところが多い【前編】" »

2017年4月 2日 (日)

日本一が3つもある「かわはく」にある川の模型とのんびりとしたいい雰囲気

寄居町にある「川の博物館(かわはく)」に一度行きたいと思っていましたが、ようやく行くことができました。

東武東上線の終点、そしてJR八高線も通っていて、以前に鉢形城を見に行った時以来3年半ぶりの寄居になりますが、今回は車です。

Img_5755_500x375

入場料は410円で、430円のアドベンチャーシアターとのセットだと670円だと、とても笑顔のさわやかな係員さんに勧められて、ついセット券の購入です。

↓3月の平日でガラガラな駐車場なのですが、中央の小屋のような入場券売場からは駐車場方向から歩いてくるのが見えます。

駐輪場もあるから自転車で来たと嘘もつけず、300円の駐車料金も加算され、970円の支払いです。

Img_5772_500x375

ここ川の博物館には、日本一が3つもあるということです。

木造の大水車があり、直径23mもあります。

近くで見ると迫力がありますが、実は残念ながら日本一であったのは2004年までで、岐阜県恵那市の道の駅に作られた直径24mの水車に抜かれてしまいました。

Img_5758_375x500

まあ、日本二というのも何なんで、日本最大級という表現になってしまいます。

こうした大きさや高さ日本一は、まちおこしなどに利用されるため、競争が激しいことでしょう。

午後2時過ぎですが昼食を食べていないので、展示を見る前にまずは腹ごしらえをすることにします。

Img_5762_500x375

本館とは別にレストハウスの建物があり、1階では保育園の遠足らしき園児たちで大賑わいの中、2階のレストランに行ってましたが従業員がいません。

1階の売店にいた二人のうちの一人がここの従業員だったようですが、私がまずトイレに行ってしまたっため、客がいないので1階に降りてしまったようです。

↑この流れからして当然ながら客は私一人の貸切状態なので、のんびりすることができました。

そしていよいよ本館の展示室に入ります。

Img_5769_500x375

すると、やはり笑顔の職員の方から、今から実演が始まりますからと奥の方へと誘導されます。

ここには10人ほどのお客さんもいました。

↑鉄砲堰という秩父山地から切り出した木材を、川で堰として組み立てておいて、それを一気に崩し、川の水の力で下流に流して運ぶものを縮小し再現しているです。

実際の様子の映像も流されるのですが、すごい迫力といいアイディアに驚かされます。

Img_5765_500x375

↑順路の戻り、リバーホールという部分の天井は美しい丸屋根です。

その他の水車小屋などの展示もありましたが、後でパンフレットを見て、あれは船車という川船だったことを知りました。

そして、そろそろアドベンチャーシアターの上映時間になったので行ってみると、再びびっくりです。

続きを読む "日本一が3つもある「かわはく」にある川の模型とのんびりとしたいい雰囲気" »

2017年2月12日 (日)

上谷戸川源泉の公園の水源探しと日本最大のドトールがあるコーチャンフォー若葉台

前回に引き続き、上谷戸親水公園から上谷戸川の上流に向かって歩いていきます。

ホタルを飼育していた橋のところから少しだけ川沿いには歩けなくなっています。

Img_5594_500x375

でも、すぐ先で道路と水田との間に川の流れがあります。

北多摩地域では見ることのできない水田が、ここ南多摩地域にはあるようです。

Img_5595_500x375

田植え後でもいいし、稲穂の実った刈り取り前でもいいし、いずれにせよ水がある時の方がより美しい光景だったことでしょう。

振り返って見てみてもいい景色です。

Img_5596_500x375

そして、この上谷戸川の上流には池がありました。

しかし、いかにも人造の池という感じで、奥は芝生の急な斜面となっており、アースダムのようにも見えます。

西の方角となる上流側はきれいに整備された若葉台公園の「花の段々広場」となっています。

Img_5599_500x375

平成初期の頃、10年くらいまで、私が車に乗るのが好きで、休日にはそこら中を意味なく走り回っていましたが、その時は、ここ若葉台駅周辺には京王線の車庫くらいしか無いというイメージでした。

こんな公園も無かったし、多摩ニュータウンは主に多摩市と八王子市のものであって、稲城市のイメージはあまりありません。

Img_5602_500x375

現在はきれいな公園が整備されており、寒いながらも、やはり春のようで梅も咲いています。

調べてみるとやはり、稲城市の多摩ニュータウンは「ファインヒルいなぎ」として開発され、昭和63年には向陽台地区、平成7年には長峰地区、そして最も遅い若葉台地区は平成11年に街びらきが行われたとのことです

この池のどこかに水の湧き出ているところがないか探してみましたが、見つかりません。

池の水、つまり上谷戸川の源泉というか水源はどうなっているのでしょうか。

続きを読む "上谷戸川源泉の公園の水源探しと日本最大のドトールがあるコーチャンフォー若葉台" »

2017年2月 5日 (日)

三連アーチ橋の下には三沢川支流の上谷戸川の親水公園やホタルのいる環境があった

稲城市若葉台、長峰の辺りは多摩丘陵のアップダウンが大きな地形となっています。

上谷戸大橋という大きな橋の下には、川と親水公園があるようなので行ってみました。

下から見上げると、三連の立派なアーチ橋となっています。

Img_5568_500x375

上谷戸親水公園といい、「かさやと」と読むのだそうです。

町田市から稲城市、川崎市を経て多摩川に注ぐ三沢川は、北東に鶴川街道に沿って流れていますが、その支流として西から東へとこの上谷戸川が流れています。

まずは公園から数百メートル下流に向かい、三沢川との合流地点を目指しました。

Img_5573_500x375

↑坂浜にある三沢川の橋ですが、この100mほど上流に合流点があるのですが、探し回ったところ民有地に囲まれているようで、残念ながら見ることができませんでした。

坂浜のこの辺りを歩き回ってみたのですが、いい意味で田舎の風景の広がるいいところです。

↓公園に戻るため、上谷戸川を鶴川街道から上流に向かって見ていますが、あまり親水公園のある川には見えません。

Img_5575_500x375

しかし、そこからわずか200m先には、上谷戸親水公園はあります。

上谷戸川の周辺を自然観察や水遊びができる親水公園として、周辺地区と一体となった景観となるように整備し、平成17年度に完成したといいます。

Img_5579_500x375

↑親水公園と言いながら、川に直接下りて行くことは出来ない構造なのでしょうか。

整備にあたって、自然形態を残した流路とし、護岸は自然石を使用した空積みとしており、動植物の生息空間に配慮しているといいます。

↓別に流路を作り、池や水車小屋で水に親しめるようになっていました。

Img_5567_500x375

2.2ヘクタールのさほど広い公園ではありませんが、さらに上流にも川沿いに歩いて進めるようなので行ってみることとします。

続きを読む "三連アーチ橋の下には三沢川支流の上谷戸川の親水公園やホタルのいる環境があった" »

2017年1月15日 (日)

湧水のまち東久留米市の落合川では河川改修工事は元の川の流れも残している

東久留米市は湧水が豊富で落合川や黒目川が流れており、湧水を一つの観光資源としています。

湧水があるのはいいことである反面、水が多いということで洪水や氾濫の危険性もあるということになりますから、河川改修工事が行われてきています。

Img_5522_500x375

↑2か月ほど前には、東村山市や東大和市の空堀川のそうした工事と旧河川敷の様子を見て回ったところでしたが、今回は落合川を上流端の八幡橋から下流に向けて見ていきました。

ここからさらに上流にも少しだけ細く辿れる細い流路はありますが、この上下流ともに水はありませんでした。

河川改修工事では、基本的にはクネクネ曲がって流れている細い川を、真っ直ぐに流れる太い川に変えるわけですから、一般的には三日月湖のような細長い旧河川敷が残ることとなります。

Img_5523_500x375

↑上流端から150mほどのところで下流から上流側を見ていますが、右が新河川で、ここではこうした旧河川の流路も残されており、わずかに水もあります。

↓その100m下流の小金井街道の弁天橋との交差部分でも、左岸に旧河川の流路が分流し道の向こう側で合流しています。

Img_5524_500x375

落合川は湧水が豊富な川であったことから、河川改修工事には近隣住民の反対運動などもかなりあったようです。

そのため、他の河川以上に環境対策は考えられているようで、旧河川の流路が残されているところが多くあります。

Img_5525_500x375

↑旧河川が右岸に大きく迂回していた部分を含め、親水空間となるよう、広く河川の敷地にしています。

右岸の自転車歩行者用通路はあえて舗装をしていないようですが、分流した流れはありません。

この辺りの河川改修工事は、ホテケドジョウや落合川も原告となる訴訟が行われて、結果としては判決で却下や棄却されてますが、環境に配慮はしているようです。

Img_5530_500x375

そして地蔵橋からの暗渠の先に、不思議なことに途中から開渠となり水が流れてきます。

↑この旧河川の流路は湧水が豊富なところだったようで、ここからは大量の水が流れ込んでいます。

Img_5531_500x375

どうやら当初の計画ではここは旧河川はなくす予定のところ、湧水もあるしいろいろあって流れが残されたのでしょうか。

↑手前側が旧流路からの水流で、本流と同じように水量があります。

上流端のところには水はありませんでしたから、この落合川は途中にいくつも湧水があり、水が流れ込んで増えていくようです。

続きを読む "湧水のまち東久留米市の落合川では河川改修工事は元の川の流れも残している" »

より以前の記事一覧