フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

02小平市

2016年10月16日 (日)

黒目川のまぼろしの源泉である小平霊園の「さいかち窪」に久々の湧水を見る

東久留米市から埼玉県を通り、新河岸川と合流する荒川水系の黒目川は、小平霊園内のさいかち窪が源泉とされています。

しかし、ここに水が湧いていることは滅多になく、「まぼろしの湧水」といわれています。

平成27年には7年ぶりに水が湧いたということで、東久留米市HPの写真ニュースに掲載されているほどです。

Img_5113_500x375

↑この2haほどの雑木林の中に、さいかち窪はあります。

このブログでも何回か見に行ってきましたが、水はありませんでした。

今年、平成28年はお盆休みの頃までは水不足と言われてきましたが、その後、数多くの台風がやって来ており、降水量は多いはずですから、湧水があるのではないかと期待して行って来ました。

10月11日体育の日のことです。

Img_5083_500x375

↑すると、雑木林側から新青梅街道をくぐる土管に向けて水の流れがあります。

平成になってからの湧水の記録で調べてみると、平成3年、9年or10年、16年、20年、そして平成27年に水が湧いたといいますから、今年たった1年ぶりで湧いたとなると奇跡的ともいえます。

勢いよく流れてくる水を上流へたどっていきます。

Img_5086_500x375

あまり人が入っていかない雑木林の中なので、滑らないように気を付けながら歩かなくてはいけません。

こうして写真を撮っていると、耳元で数多くの虫の羽音がします。

手で払っても、すぐに近づいてきます。

Img_5087_500x375

↑やがて、窪地に小さな池のようになった水溜まりがあります。

さいかち窪に水が湧いているのです。

私が前回これを見たのは平成16年だったはずですから、12年ぶりです。

Img_5090_500x375

再び見てみたいと思っていた光景を、ついに目にすることができました。

大きさとしては、長さで50mくらい、幅は広いところで10mくらいでしょうか。

そして、この手前の上流側には水はありません。

ここがこの時の黒目川の上流端です。

Img_5093_500x375

しかし、さらに先には、明らかに水の流れがあった跡と思われるものがあります。

この水路跡を歩いて、雑草の間をぬって、上流方向にたどってみます。

続きを読む "黒目川のまぼろしの源泉である小平霊園の「さいかち窪」に久々の湧水を見る" »

2015年1月31日 (土)

バス停の通信住宅って北多摩陸軍通信所の官舎だったとは

小金井街道を通る西武バスの停留所に「通信住宅」というのがありました。

近くにそれらしいNTTの社宅も見当たらないし、ちょっと不思議に思っていました。

東久留米市が「北多摩陸軍通信所跡」を、平成26年9月に旧跡として文化財指定したことからその謎が解けました。

Img_3092_500x375

↑小金井街道と滝山中央通りの滝山東交差点を北東方向から見ていますが、味の民芸の向こう側には、かつて「北多摩陸軍通信所」があったそうです。

昭和8年(1933年)、海外無線の傍受を目的に、田舎で電波状況の良好な久留米村前沢に受信所が建設され、その南側に職員用の官舎も建設されました。

現在の東久留米市前沢五丁目と小平市花小金井四丁目が複雑に入り組んでいるところで、敷地は両市にまたがっています。

Tsushin

↑昭和22年に米軍撮影の写真によると、上下(南北)方向の小金井街道と、斜めの滝山中央通りは狭いながらもこの頃からあるようですが、その他にはこの施設しかありません。

現在はほとんど私有地になっていますが、上の写真で官舎がいくつも立ち並んでいる真ん中にある広場は、今でも広場です。

Img_3065_500x375

東久留米市の管理する前沢南公園となっていますが、敷地は今でも国の所有のようです。

古い写真の円形のものは防火水槽だったようですが、今でもその名残が残っていました。

Img_3068_500x375

その右に、昨日降った雪で作った雪だるまが二つあるのが、今の時代の平和を感じさせています。

では通信所のあった辺りもどうなっているのか見てみます。

続きを読む "バス停の通信住宅って北多摩陸軍通信所の官舎だったとは" »

2014年9月21日 (日)

都市計画道路は自転車にとって走りやすい道か

自転車は原則、歩道ではなく車道を走ることとなっていますが、車道の狭い道では車に轢かれそうになるし、歩道の狭い道では歩行者にぶつかりそうになるし、どちらも走りづらいことがよくあります。

では、そこそこ幅もある都市計画道路ならどうか、近隣の道を検証してみました。

まず、古くからある都市計画道路で、東村山3・4・4号線(新青梅街道)東久留米市柳窪四丁目付近(小平霊園とガスト近く)です。

Img_2697_500x375

都道で幅員は18mですが、昭和時代の道路構造令による古い設計のため、車道が片側2車線あり、かつ交通量も多いので、自転車で車道を走るのは怖いです。

歩道に歩行者は少ないですが、自転車は数多くは走っており、街路樹と電柱の両方があるところで、対向車とすれ違う時にちょっと危険です。

次に、比較的新しい都市計画道路としては、平成18年に開通した小平3・4・7号線(新小金井街道)小平市大沼町七丁目付近(小平グリーンロード立体北側)です。

Img_2682_500x375

都道で幅員20mですが、道路構造令で歩道も車道も必要幅が広くなったため、車道は片側1車線です。
自転車では車道の端も走りやすいですが、歩道も広く走りやすいためか、ほとんどの自転車は歩道を走っています。

↓少し北に行った大沼町三丁目付近(東京ガスグランドと錦城高校前)では、車道は右折レーン手前から渋滞で2列となっており、自転車は危険で車道は走れません。

Img_2684_500x375

同じく小平3・4・7号線ですが、新青梅街道より北側は幅員18mですが、やはり昭和に開通していたためか、車道は片側2車線で交通開放されていました。

前後の新しい道が1車線なのにここだけ2車線である必要がないのではとの、滝山団地自治会等の働きかけもあり、平成10年頃、片側1車線化されました。
Img_2688_500x375
↑大沼町四丁目(ガスミュージアムバス停前)ですが、車道を狭め歩道を広げたので、元は端にあったバス停や街路樹が、歩道の真ん中に残っているという、ちょっと不思議な形状となっています。

自転車はほとんど歩道を走っており、歩行者や対向車がいると、右側の狭い部分にどちらかがよけてすれ違っています。

次に市道ですが、平成14年に交通開放した東村山3・4・21号線(小平久留米線)東久留米市柳窪一丁目付近です。

Img_2595_500x375

東久留米市道で幅員16m、車道は片側1車線、歩道には点字ブロックがあります。
車道4.5m、歩道3.5mという多摩地区によくある形状の道で、車道の端も走りやすいですが、やはり歩道を走る自転車が多いです。

この道の大きな課題は、夜間歩道が真っ暗なことです。
なんと、車道の道路照明を見てみると、あえて車道外に光がいかないように細工してあるようです。

続きを読む "都市計画道路は自転車にとって走りやすい道か" »

2014年9月 7日 (日)

小平駅北口駅前広場と都市計画道路の小平久留米線はできるのか

西武新宿線小平駅には、南口駅前広場はありますが、北口にはありません。

北口の西武鉄道敷地内は駐車場となっており、狭い道を挟んで低層の商店が並んでいます。

Img_2657_500x375

小平都市計画では、北口駅前広場が計画されており、高層ビル建築は制限されています。
その広場は、西は踏切のある満北亭横の道から、東は太平楽やファミリーマート横の道までの広さがあり、幅100mの地域が指定されています。

Img_2576_500x375

駅前広場からは、東久留米市方面に向けた小平久留米線という小平都市計画道路3・4・19号線の都市計画道路も計画されています。

この計画線があるためか、数年前できた建物はこれを避けるように、斜めに南東部を駐車場などにしており、見る人が見るとちょっと不自然な形で建設されています。
↓北から南西の小平駅北口方面を見ています。この辺りに道路が通る計画です。

Img_2582_500x375

平成25年2月には、市街地再開発事業によりまちづくりを図るため、小平駅北口地区再開発協議会も設立されたようです。

(追加 9月11日付で小平市HPに「再開発協議会からのお知らせ(第1号)」が載りました)

小平3・4・19号線は、平成18年の東京都と各市による「多摩地域における都市計画道路整備方針」において、第三次事業化計画として、「今後10年間に整備すべき路線」と位置づけられています。

東京街道との交差予定部分もよく見れば、大きな街路樹はなく、ここに道路が通ることを暗示しているかのようです。

Img_2647_500x375

↑駐輪場、駐車場のところではなく、その東側を計画線は通っているようです。
計画線は北東方向に向かって進んでいきます。

多摩済生病院や多摩済生園にはかからずに、その東側を通り、美園第2児童公園(あの道路が直角に曲がっているところです)やその先の畑の真ん中を進みます。↓(写真9月14日追加)

Img_2669_500x375

小平市施行の予定ですが、事業認可などの具体的な動きはないようです。

小平霊園と接する所からは東久留米市になりますが、どうなるのでしょうか。

続きを読む "小平駅北口駅前広場と都市計画道路の小平久留米線はできるのか" »

2014年8月24日 (日)

樹木墓地と樹林墓地の違いを見に小平霊園へ(2か月前の答え合わせも)

お盆は少し過ぎましたが、お墓の話です。

2年ほど前に、小平霊園に樹林墓地ができるということがニュースでも話題になって、見に行きました。
さらに、樹木墓地もできたというので、再び見に行ってきました。

Img_2540_500x375

二つは並んでいます。
↓左が樹林墓地、右が樹木墓地です。

まず、両者の共通点として、どちらも、直接土に触れるかたちで遺骨を埋蔵し、石でできたお墓は設置しません。

埋蔵場所は指定できず、埋蔵に立ち会うことはできません。
焼香や献花は、墓地正面の参拝広場に設けられた献花台で行います。
お墓を継ぐ人がいなくても申込みできます。

では、違いはなんでしょう。
Img_2543_500x375
↓樹林墓地(樹林型合葬埋蔵施設)は、樹林の下に設置された共同埋蔵施設(カロート)に、遺骨を納骨袋に入れた状態で、直接土に触れるかたちで共同埋蔵します。

コブシ、ヤマボウシ、ナツツバキ、ネムノキ、イロハモミジが植えられています。
こちらは、生前に申し込みすることができます。

Img_2546_500x375

↓樹木墓地(樹木型合葬埋蔵施設)は、樹木の周辺に、遺骨を納骨袋に入れた状態で、直接土に触れるかたちで「個別に」に1体ずつ埋蔵します。

カツラ3本が植えられています。
こちらは、生前に申し込むことができません。

Img_2545_500x375

共同埋蔵なのか個別埋蔵なのかの違いがあることがわかります。
今年度初めて樹木墓地の募集を行ったのですが、その結果が東京都HPに載っていました。

個別埋蔵される樹木墓地のほうが人気なのかと思っていたら、樹木墓地は300体の募集に対して1.7倍の応募があり、樹林墓地は1600体の募集に対して、10.6倍もの応募があったとのことです。

子供がいなくても納骨が大丈夫なように、生前申し込みし、墓地を確保しておきたいというニーズは予想以上に大きいようです。
自然回帰の流れもあるようです。

ところで、小平霊園に来たので、2か月前の謎の答え合わせもしてきました。

続きを読む "樹木墓地と樹林墓地の違いを見に小平霊園へ(2か月前の答え合わせも)" »

2014年7月 6日 (日)

雷雨で新青梅街道は小平霊園付近が冠水、その時さいかち窪は

先週の日曜日、6月29日は午前中は晴れていましたが、天気予報では、午後は大気の状態が不安定になり、雷雨になる恐れがあるとのこと。

そんな雰囲気全くないないと思って自転車に乗っていたら、午後2時過ぎころから西の空がかなり暗くなってきて、3時前にはいかにも大雨が降り出しそうな空模様になりました。

Img_2314_500x375

数日前には三鷹市近辺で、雹(ひょう)が降り積もったといいますから、また降ると大変です。
がんばれば、なんとか家まで間に合いそうなので、急いで走り、なんとか辿り着いたところ、すぐに激しい雷雨となりました。
やはり、短時間ではありましたが、雹(ひょう)も降りました。
でも、1時間ほどで雷雨も無事おさまり、雨も上がったようなので、自転車で再び出かけてみて、びっくり…

Img_2330_500x375

新青梅街道が渋滞しているなあ、パトカーが止まっているから事故なのかなあと思いながら見ていると、

小平霊園の付近の道路が冠水しています。

1台車が止まっていますが、駐車するような位置ではないので、冠水で動けなくなったのでしょうか。

今は車なら通れるようで、警察官の交通整理により、片側交互通行しています。
自転車も通れそうなので近づいてみました。Img_2339_500x375
↑写真の手前あたりに黒目川が通っており、右がまぼろしの源泉がある「さいかち窪」で、左に向けて黒目川は流れています。

川や下水に舗装路面に降った雨は流すように設計してあるのでしょうが、大雨で道路排水が追いつかず冠水してしまったのでしょう。
裏道をまわって冠水した交差点に行ってみます。

Img_2351_500x375

新青梅街道は、200mほどに渡って冠水していました。
海岸の波打ち際と同様に、海の車が走ると、波がたって水が押し寄せてきます

道路排水も間に合わないほどということは、このあたりの狭い黒目川はどうなっているのでしょうか。

まさか、氾濫しているのでしょうか。

続きを読む "雷雨で新青梅街道は小平霊園付近が冠水、その時さいかち窪は" »

2014年6月 8日 (日)

満身創痍のママチャリはバースト寸前、と小平霊園の謎の工事

平年より3日早く、6月5日に関東甲信地方は梅雨入りしました。

せっかくの週末も強い雨が降っており、自転車で出かけられないし、まち歩き日和でもありません。

よって、いつも乗る折りたたみ自転車ではなく、駅までの通勤用ママチャリの話です。
梅雨入り直前に撮った、今では懐かしいまぶしい日差しの暑い日の様子です。

Img_2270_500x375

ここ数日走っていると、後輪に違和感を感じます。

これはちょうど1年前に前輪で感じた違和感と同じです。

ということは、ついにやってきたのでしょうか。その時が…
※ 1年前の前輪の違和感とバーストは、こちら
後輪の状況をよく見てみます。

Img_2278_500x375

↑タイヤの部分が上下でずれていて、まるで合成写真のように見えます。

今から4年近く前に、西友で15000円くらいで買った「アスレチックワークス」は、ちょうど1年前の暑い日に前輪がバーストしました。

その時も、こんな感じに前輪がなっていました。

バースト後、前輪はタイヤとチューブを交換しましたが、後輪にもその日がやってきてしまったのでしょうか。

Img_2260_500x375

後輪は側面だってボロボロで、いつバーストするかは時間の問題です。

バーストは危険なので、まずは、前輪と同様に後輪のタイヤを交換するという手もありますが、クイックレリーズ式ではないのに、苦労して交換する価値はあるのでしょうか。
他の部分は大丈夫なのでしょうか。

変速用のシフトワイヤーだって、アウターがボロボロで、インナーのワイヤーは切れそうです。

Img_2265_500x375

6段変速の自転車でしたが、ここ1年間は変速できず、無段変速でした。

言い出せば、キリがありませんが、ハンドルもとんでもない状態です。

続きを読む "満身創痍のママチャリはバースト寸前、と小平霊園の謎の工事" »

2014年5月25日 (日)

小平にあった落ち着く庭園と、おしゃれな図書館(なかまちテラス)建設

最近は、庭園と建物めぐりするのがマイブーム(使っていますが、実はこの言葉はきらいです)となっています。

遠出しなくてもいい、身近にある庭園はないか調べてみたところ、小平市学園西町に「小平市平櫛田中彫刻美術館」があり、そこには庭園もあるようです。

Dsc02113_500x375

平櫛田中(ひらぐしでんちゅう)とは近代日本彫刻界を代表する文化勲章も受賞した彫刻家で、晩年を過ごした邸宅に美術館があります。

↑左にある「妖怪お化けきのこ」のような、笠がかかっているのは、彫刻用のクスノキの原木です。

彫刻は、新築された展示館にあります。
また、邸宅も記念館として公開されています。↓

Dsc02110_500x375

こちらにも一部展示もあり、作品は撮影禁止ですが、窓の外は撮影しても構わないとのことでした。
この庭はきれいです。

Dsc02088_500x375

↑庭の右には道を挟んで、玉川上水が流れています。
風の強い日でしたので、木が大きく揺れています(写真じゃわかりません)。

違う角度からも見てみます。
建物もいい感じですが、設計は国立能楽堂も手掛けた大江宏氏によるものだそうです。

Dsc02087_500x375

ここの客室には椅子があり、庭を眺められます。
座ってみると、どんな感じなのでしょうか。

続きを読む "小平にあった落ち着く庭園と、おしゃれな図書館(なかまちテラス)建設" »

2013年3月17日 (日)

小平での下水道とのふれあい

すっかり暖かくなり、東京地方では桜が開花したとのことですが、家の近所は都内ではありますが、都心よりは気温が低いためか、まだ咲いていません。

梅が満開です。

Img_1122_500x375


そして、この建物は小平市上水本町にある「ふれあい下水道館」です。

下水道との「ふれあい」というのも微妙ですが、2階建てのあまり大きな建物でもないし、ちょっと入ってみました。

この建物、建築面積は250㎡と、こういった公共施設としてはかなり狭いのですが、メインは地下に造られているようです。

延床面積は1500㎡以上あるようです。

地下に向かう階段沿いには、工事中に掘り出した土を柱状に正確に復元したものがあります。

Img_1115_500x375


このあたりの標高は83mだそうで、そこからマイナス表示されています。

土とともに解説もあり、多摩川は昔はだいぶ北を流れていて、だんだん南下してきており、10万年くらい前にはこの辺りに流れていたこともあったことがわかります。↓

Img_1119_500x375


もちろん、地下の各階には展示室があり、下水道やすぐ近くを流れる玉川上水についての展示や解説がされています。

Img_1117_500x375


先般、北多摩の分水嶺探しで玉川上水を話題としましたが、

 ※ このときの旅の記録は、こちら

小平市の下水道は、南に流れて北多摩第一水再生センターで処理され多摩川へ行くものと、北に流れて清瀬水再生センターで処理されて柳瀬川を経由して荒川方面へ行くものに分かれています。↑

やはり玉川上水辺りが境目と思っていましたが、正確には下水道の荒川右岸処理区と北多摩第一号処理区の境界は、ここよりもう少し北のようです。↓

Img_1121_500x375


ところで、こうした展示の中で、玉川上水からの分水に関するものがありました。

以前に石神井川の源泉探しをしていくと、川と用水や分水が紛らわしく、結局よくわからなくなってしまいましたが、

 ※ 石神井川源泉探しの旅の記録は、こちら

やはり現在は実際にも、ごっちゃになっているようです。

↓右端を見ると、石神井川と様々な用水の流れがつながっています。

Img_0987_500x375

他にも様々な展示はありますが、さらに階段を下っていくと、マイナス20mあたりの地層では、海の貝の化石がでてきており、この辺りは20万年前は古東京湾で海だったそうです。↓

Img_1120_500x375_2


そしてようやく地下5階に到着です。

Img_0991_500x375


このフロアだけ入口のドアが閉まっており、

Img_0992_500x375


入るとさらに何重かの扉もあり、体験コーナーがあります。

Img_0994_500x375

少し階段を下りて、いよいよ下水道との「ふれあい」です。

ちょっと温度が高いし、湿度も高く感じます。

地下25mのここには、内径4.5mの下水道管をまたぐ形で橋があります。

Img_0995_500x375


↑北の方を見てみます。

↓南の方角です。南に向かって流れています。

Img_0996_500x375

食事中の方、失礼しました。

写真じゃ色しかわかりませんが、現場は、におい付きです。

ここは小川幹線と言って、小平市管理の公共下水道です。

こうした市の管理による公共下水道は、広域的に都が管理している流域下水道に流されていきます。

先程書いたように、この下水道は多摩川方面の水再生センターに流れていきます。

この施設を2回見て回り、まずは階段で地下5階まで行き、帰りは2階まで階段を登ったらさすがにきつかったので、2回目の上りにはエレベーターに乗りました。

Img_0997_500x375_3

ここは、府中街道沿いで、この道路の下に下水道管はあるようです。

Img_0998_500x375


すぐ北側には、玉川上水の九右衛門橋があります。

Img_1001_500x375


玉川上水緑道は、自転車通行できないので、押して津田塾大学の辺りを少し東に向かうと、立坑があります。

JR武蔵野線の玉川上水立坑です。

Img_1003_500x375

 ※ 武蔵野線の立坑の旅の記録は、こちら

武蔵野線は地下を走っているので、思いもしないところに立坑があり、びっくりします。そういえば、以前にも住宅街に唐突に立坑がありました。

 ※ 住宅街の立坑の記録は、こちら

鎌倉橋で玉川上水を離れ、帰路に着きましたが、この日の走行距離19.70km、平均時速は17.92km、消費カロリー540kbalでした。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村


2013年1月12日 (土)

ガスミュージアムにあるガス灯と夜の喫茶コーナー

昼の最高気温が4.8℃にしかならなかった先週末は、近場のガスミュージアム(がす資料館)に行きました。

Img_0949_500x375


小平市大沼町にあり、東京ガスの運営するガスの歴史博物館で、入場は無料です。

建物は2つありますが、まず入ったガス灯館は

Img_0935_500x375


明治42年建築の東京ガス本郷出張所を移転復元したものです。

都市ガスの最初の利用分野はガス灯だったそうで、その歴史紹介や点灯実演も行われていました。

Img_0950_500x375


↑左上の明かりが裸火の初期のガス灯の形態で、炎でチラチラしています。

右は花ガスです。

↓ガス灯もガスマントルを使用するようになると、チラチラ感のない安定した明かりとなります。

Img_0951_500x375


建物の外には、ガス灯が多数設置してあります。

Img_0937_500x375


部屋のライトとしては裸火は良くないかもしれませんが、ガス灯としては趣きがあります。

Img_0948_500x375

↑裸火タイプ

↓ガスマントルタイプ

Img_0952_500x375


さて、もう一つの建物は、くらし館といい、こちらも明治45年建築の東京ガス千住工場計量器室を移転復元したものです。

Img_0934_500x375


ガスとくらしのかかわりの変遷やガス製造の変遷が展示されています。

Img_0940_500x375


明治から現在までの様々な展示があり、台所の風景やガス器具の中には子供の頃あったなあと、ちょっと懐かしい感じがするものもありました。

Img_0939_500x375


そして、ガス製造の歴史の中で驚いたは、

Img_0942_500x375


ガス事業が発足して80年間は原料が石炭だったことです。

石炭を蒸し焼きにしてガスを造っていたそうです。

Img_0943_500x375


原油からの製造も経て、現在は液化天然ガスLNGとなっているようです。

なお、この他にも、東京ガスの各時代のポスターやCMもあり、田村正和さんの「マサにガスだね」のポスターなどそんなに前でもないはずだけど、かなり昔のことのように感じられるものもありました。

外にはガスコークガイド車があります。

Img_0946_500x375


石炭を乾留(蒸し焼き)して、ガスを発生させた後、石炭はコークスとなり、それを鶴見工場内で運んでいたものだそうです。

子供の頃、教室にコークスのストーブ(古いcoldsweats01)がありましたが、あの当時は石炭とコークスの違いがよくわかっていませんでした。

コークスは燃焼時の発熱量が大きく高温となるのだそうです。

ここは博物館といっても飲食施設はありませんので、帰る前に、新小金井街道の向かい側のドトールでちょっとコーヒーブレイクします。

Img_0954_500x375_2


ガソリンスタンド併設のため、車で来たことはありましたが、駐輪場に自転車がけっこう停まっており、また店内も混みあっていて、ちょっとびっくりしました。

みんな寒いから、暖かい飲み物が恋しいのでしょう。

店内を見てみると、一人で来て本を読んでいる人を数多く見かけました。

外が暗くなってからのガス灯を見たいと思い、再びガスミュージアムに戻ってみました。

Img_0956_500x375

もう少し暗くなった方がきれいでしょうが、まもなく閉館の5時です。

この辺りは広く東京ガスの所有地のようで、新青梅街道の向かい側には社員のための福利厚生施設らしい武蔵野苑とともに、FC東京小平グランドがあります。

Img_0957_500x375


ここがFC東京の練習場のようですが、もう遅い時間で練習は行われてなく、見学者用入口は閉まっていました。

Img_0958_500x375

住所としてはここは小平市ですが、ちょうど東久留米市との境界が入り組んでいる部分であり、500mほど行くと東久留米市立滝山図書館があります。

ここは市の西部地域センター内の2階にあり1年前にも来たのですが、ここも5時閉館です。

1階にある喫茶コーナーも5時で終わるため、こちらをスタディエリアとして、夜10時まで誰でも利用できるように開放していました。

Img_0959_500x375

いいか悪いかは別として、図書館で勉強する人は、早く閉館してしまうと、行き先がなくなって困るようです。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
にほんブログ村

勉強する人のために図書館を開館させるのは変ですが、地域センターとしては夜10時まで開館しているわけだから、どうせ空いているスペースをこうして開放してくれるのは、良い取り組みだと思います。

この後、5人ほどの人が熱心に勉強したり、本を読んだりしていました。

私は勉強道具も持ってきていませんからcoldsweats02、しばらくして帰りました。

この日の走行距離は10.55km、平均時速は18.34km、消費カロリーは271kcalでした。