フォト
無料ブログはココログ

ポタリングブログのランキング

« 自動運転の日暮里舎人ライナーの急勾配な坂の形とポイント切り替えのやり方 | トップページ | 万葉集東歌に歌われていた越生町大谷の大谷ヶ原萬葉公園 »

2024年5月19日 (日)

村社越生神社だが越生ではなく鹿下の方の越生神社と学頭沼

埼玉県越生町の鹿下にある越生神社に行きました。

石柱には村社越生神社とありますし、Googleマップの表示も越生神社です。

Img_4782a

しかし、一般的には越生神社というと、越生町の越生にある方が中心市街地近くですし有名です。

鹿下(カノシタ)は町の北方で、ときがわ町との境界に近いところです。

Img_4784a

↑北に向けての石段を登ると少し広い空間があり社殿があります。

元は根本神社と言われていたそうで、天平年間(729〜48)に行基が東国遊行の時に越生法恩寺を創立して、学寮を当地に選び神事を行なったということです。

Img_4787a

その後も応永年間(1394〜1427)や延徳2年(1490)に再興や再営されたと伝えられています。

寛文8年(1668)に社地が寄付され再修され、明治5年(1872)村社となりました。

明治40年(1907)に日枝神社を合祀して根本神社は越生神社となりました。

Img_4788a

二つの越生神社問題を知るため調べてみると、越生町は明治22年(1889)に9ヶ村が合併しています。

そこには越生村も鹿下村も入っていますから、ここ越生神社の元の根本神社は鹿下村の村社だったということのようです。

Img_4790a

↑ 神社西側の坂道を下ると「学頭沼」があります。

名前に興味を惹かれますが、江戸時代初めの頃の話のようです。

ここにあった古池の修理の嘆願を、村人達が慈光寺(ときがわ町)の僧侶が江戸城に行く際に取り次いでもらいました。

Img_4793a

無事修理をしてもらえ、僧侶が学頭という役職名の責任者であったことから、学頭沼と呼ばれるようになりました。

慶長8年(1603)のことだといいますから、徳川家康が征夷大将軍になった年のことです。

Img_4792a

↑一周しようかと歩いていましたが、マムシ注意との看板があり引き返しました。

すぐ横にはJR八高線の線路があり、滅多に来ないローカル線なのですが珍しく横を走っていきました。

Img_4794a

当時は当然に鉄道などありませんでしたが、この地の重要性が江戸幕府の役人に伝わったのでしょうか。

今でも灌漑用水の溜池として立派なものです。

Img_4795a

↑越生神社石段前から南側を見ると、のどかな田園風景が広がっています。

1603年はお祭りムードで、何でも認めてやる雰囲気があったのかもしれません。

.

.

.

 

« 自動運転の日暮里舎人ライナーの急勾配な坂の形とポイント切り替えのやり方 | トップページ | 万葉集東歌に歌われていた越生町大谷の大谷ヶ原萬葉公園 »

51埼玉県」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自動運転の日暮里舎人ライナーの急勾配な坂の形とポイント切り替えのやり方 | トップページ | 万葉集東歌に歌われていた越生町大谷の大谷ヶ原萬葉公園 »