フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 多摩川沿いの新春飾りがまだあった阿蘇神社の古くからの由緒 | トップページ | はにわの丘はちょっと微妙なところだけど桜山窯跡群はすごいところ »

2024年1月28日 (日)

治水橋の由来となった斎藤祐美の出身地である飯田新田のびん沼と対岸の萱沼の読み

橋の名前には地名が付けられたものが多いですが、荒川の治水橋はそうではなく、前から疑問に思っていました。

今回はその由来を調べてみました。

Chisui

前々回に取り上げた飯田新田の出身である斎藤祐美という人が関係していました。

名前からはじめ女性かと思いましたが明治時代の男性でユウビと読みます。

Img_4553a

厳密には江戸時代末期の慶応2年(1866)に、飯田新田で代々続く外科医の次男として生まれました。

明治23年(1870)荒川の氾濫で自宅付近が水没するのを見て、埼玉県議員となって水害から故郷を守ろうとしました。

↑当時の荒川の流れである、びん沼川を挟んで飯田新田の反対岸から見たところです。

Img_4554a

ちょうど前々回見た、荒川で分断された馬宮地区の、さいたま市消防団馬宮西分団のある辺りになります。

↑下流側を見ると、大きく左に曲がっていて、かつて暴れ川だった名残りが感じられます。

Img_4560a

旧荒川であるびん沼川が市境となっているので、さいたま市飯田新田と違い、こちら側は川越市萱沼になります。

大正15年(1926)に荒川が現在の流路として整備されましたが、市境はそのままとなっているからです。

↑萱沼びん沼公園として整備されており、沼というか池や芝生の広場があります。

Img_4550a

現在の荒川沿いの道路からの入り口が分かりづらいこともあり、あまり人がいないところが魅力です。

富士見市のびん沼自然公園が駐車場も含めて混雑しているのとは対照的です。

萱沼の萱はカヤではなくカイと読むそうです。

萱のとれる沼があったからこの地名となったそうですが、なぜか読みは違えたようです。

Img_4559a

びん沼川の土手らしき道を下流側に向かうと、しばらく雑草などで見えなかった水の流れを再び見ることができました。

↑上流方面ですが、びん沼川を新河岸川から荒川までの流れであるとすれば、ここはびん沼川ではなく「びん沼」というべきでしょうか。

Img_4558a

↑下流方面は逆光ですが、正面に富士山が見えます。

話は戻って、高橋祐美は荒川の直線化や拡幅、放水路整備に向け、埼玉県だけでなく東京府や国にも働きかけました。

そのことから斎藤祐美は治水翁と呼ばれて、荒川に架かる橋も治水橋と名付けられたということです。

治水橋は、荒川で分断された旧大宮市の馬宮地区内を行き来できる橋として、昭和9年(1934)に架けられました。

Img_4537a

↑飯田新田側に戻ると、びん沼沿いに馬能堂荒工稲荷大明神があります。

馬宮西分団の両側に荒工第一公園と第二公園があったことから、荒工はこの辺りの地名でしょう。

Img_4538a

馬能堂と馬宮という名の繋がりも調べて考えてみましたが、ちょっとわかりませんでした。

そもそも馬宮は西遊馬と二ツ宮の合成でしたが、ここも馬と関係するのでしょうか。

Img_4540a

↑すぐ裏側は荒川であったびん沼ですから、社殿の横には水天宮があります。

この荒川直線化も荒川放水路も、今では当たり前の景色が河川改修の苦労の跡だということを改めて思い知らされます。

.

.

.

 

« 多摩川沿いの新春飾りがまだあった阿蘇神社の古くからの由緒 | トップページ | はにわの丘はちょっと微妙なところだけど桜山窯跡群はすごいところ »

51埼玉県」カテゴリの記事

土木」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 多摩川沿いの新春飾りがまだあった阿蘇神社の古くからの由緒 | トップページ | はにわの丘はちょっと微妙なところだけど桜山窯跡群はすごいところ »