フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 王子の4つの滝に期待したがちょっと残念だった名主の滝公園とそこにいたカワセミ | トップページ | どこなのか謎の本殿から2000 メートル離れた元遥拝所の須賀神社とその前の350メートルだけの広い道路 »

2020年11月 8日 (日)

石神井川下流部の王子駅周辺の流れを探して音無親水公園とトンネルの川バイパス

石神井川というと西東京市から練馬区を流れている河川としてのイメージが強く、下流部は王子付近から隅田川へと流れているとは知っていました。

しかし、実際に下流部は見たことはありませんでした。

Img_0895-500x375

王子駅北口の西側へ出ると、目の前に川があります。

↑東側から見ているので、奥にあるJR改札口や鉄道高架の下に川は流れて行きます。

実はこれは石神井川の旧流路だといいます。

Img_0898-500x375

↑ここは「音無親水公園」として整備されているので、川面に近づくことができます。

この辺りでは石神井川は音無川と呼ばれており、江戸時代にはここは音無渓谷として、歌川広重の「名所江戸百景」にも描かれています。

親水公園として、公園の中の下流部は船・橋・水車等を配して川と人間とのかかわりを表現しているそうです。

Img_0913-500x375

↑ 水車の上の方に架かっていた白木作りの「舟串橋」は、かつて明治40年(2007)に架けられていたもので、昭和33年(1958)の狩野川台風で流されてしまったものを復元したものです。

公園中流部は、玉石やせせらぎが配置されています。

Img_0900-500x375

↑後から知ったのですが、この右は、かつての王子七滝のひとつ「権現の滝」を再現したものがあったようです。

北区HPによると。流量は毎分1トンとありますが、前回見た「名主の滝公園」の滝と同様に水は流れていませんでした。

Img_0902-500x375

↑公園上流部には荒々しい岩組みや流木を配置したといいます。

この音無橋の下の大きな流木はインパクトがありました。

音無親水公園は、日本の都市公園100選に選ばれています。

Img_0903-500x375

↑この岩組みのあるところのさらに上流は、石神井川の本流があります。

ダムのような高い擁壁があります。

その本流を見てみます。

Img_0910-500x375

↑石神井川はここで2本に分かれて、手前に向かって流れて来てトンネルに入っていきます。

両側とも、かなり高いコンクリート護岸となっています。

Img_0912-500x375

↑流入口をうまく撮影できるポイントがあまりなく、階段から無理に斜め下に見ていますが、勢いよく流れていく水流は迫力があります。

王子駅周辺はかつては石神井川の本流に位置していたため、度重なる氾濫の被害をうけました。

Img_0911-500x375

↑ここでの石神井川の氾濫を防ぐため、昭和41年(1966)より43年にかけて、延長472メートルの直線のトンネルバイパス工事等行われました。

この都電の走っている風景からは、飛鳥山公園の下にトンネルがあるとは気付きませんでした。

Img_0914-500x375

↑王子駅前の歩道橋の上から都電荒川線の駅の方を見ると、横に音無親水公園からの旧石神井川の流路があります。

Img_0919-500x375

↑すぐ向こう側の橋から、都電の線路越しに京浜東北線王子駅ホーム方向を見ています。

飛鳥山の下のトンネルから出てきた石神井川本流の水が流れてきます。

Img_0918-500x375

↑そこから下流方向を見れば、右側から、同じく飛鳥山公園下をトンネルで抜けてきた首都高速中央環状線が石神井川の上を通っていくのが見えます。

比較的最近できたこの道も、前回の東京オリンピック前に作った道も、首都高は東京の河川上空を利用していることを実感します。

.

.

.

 

« 王子の4つの滝に期待したがちょっと残念だった名主の滝公園とそこにいたカワセミ | トップページ | どこなのか謎の本殿から2000 メートル離れた元遥拝所の須賀神社とその前の350メートルだけの広い道路 »

11東京23区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 王子の4つの滝に期待したがちょっと残念だった名主の滝公園とそこにいたカワセミ | トップページ | どこなのか謎の本殿から2000 メートル離れた元遥拝所の須賀神社とその前の350メートルだけの広い道路 »