フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月25日 (日)

鈴木稲荷神社にある小平市指定文化財の見られる江戸時代後期の彫刻と明治時代初期の鏝絵

小平市には花小金井駅南西に「鈴木町」という地名があります。

また、そこには都道132号線小川山田無線が通っており、一部は「鈴木街道」と呼ばれています。

Img_0841-500x375

↑そこにはさらに「鈴木稲荷神社」があります。

鈴木という名前の由来は江戸時代のようで、この辺りは鈴木新田として開発されました。

Img_0845-500x375

新田と言っても現在は田畑もほとんどなく、すぐ脇は住宅地となっています。

↑といって住宅地でよく見かける神社と違って、神門があり水路を渡る神橋もあります。

Img_0847-500x375

鈴木新田は貫井村(現在の小金井市)の名主である鈴木利左衛門の発願によるものでした。

開発許可は享保9年(1724) だったといいますから、8代将軍徳川吉宗の「享保の改革」の行われた頃です。

Img_0852-500x375

開発宰領人である利左衛門は、境内地として約25000平方メートルを寄進して、貫井村の稲荷神社を新田の鎮守として同じ年に勧請ました。

↑右の木のところに両側への矢印の向いた案内板があります。

ここには小平市指定有形文化財が2つあるのです。

Img_0850-500x375

↑覆殿は土蔵造りとなっており、上部の白壁に絵が描かれています。

鏝絵(こてえ)という漆喰で立体的に表現されたもので、この北と南面には狐の親子が書かれています。

明治時代初期のものですが、さらに社殿裏側にあたる西面には不思議な絵があります。

続きを読む "鈴木稲荷神社にある小平市指定文化財の見られる江戸時代後期の彫刻と明治時代初期の鏝絵" »

2020年10月18日 (日)

川に囲まれた川島町の平成の森公園とそこにある水害対策で必要だった和船

前回から川島町を見て回っていますが、埼玉県に住んでいる人でも川島町と言われて場所がピンときていない方もいるのではないでしょうか。

荒川沿いにありますが、JR高崎線からも東武東上線からも離れているため、駅はありません。

Kawajima

↑(国土交通省関東地方整備局荒川上流河川事務所HPより)

荒川の中流域に位置する川島町は、東に荒川、北に市野川、南は入間川に、そして西は越辺川に接しています。

町のほぼ中央部に「平成の森公園」があります。

Img_0828-500x375

四方を川に囲まれた川島町をイメージして整備され、約8.4ヘクタールの広さの公園です。

この公園は「ふるさと創生事業」の一環として広く住民からアイディアを募集し、平成8年にオープンしたものです。

ここも、平成元年に計画されたため、この名となりましたが、例のふるさと創生事業の1億円がここでも使われています。

Img_0830-500x375

↑公園の中心部は「水と時の広場」で、広場中央にある「時の塔」には、公園全体に響きわたるカリヨン(鐘)があり、時を知らせます。

コロナ対策もあり、水がないのが寂しいです。

全体が日時計としてデザインされ、水の流れとともに時の流れを刻んでいます。

Img_0829-500x375

↑「修景池」は 調整池としての機能も併せ持ち、水辺の生き物を観察したり、夏には古代ハスを見ることもできるといいます。

こちらは水はあるものの、今は花もなく、葉っぱばかり目立ちます。

川島町は水には縁があり、町名のとおり川に囲まれた島というような地域のため、水害も起きています。

続きを読む "川に囲まれた川島町の平成の森公園とそこにある水害対策で必要だった和船" »

2020年10月11日 (日)

北条政子による国指定重要文化財の廣徳寺大御堂とそこに古墳もある川島町

東京から近い白鳥飛来地として、1年半前に埼玉県川島町には行きました。

荒川サイクリングロード沿いのホンダエアポートのすぐ近くにある、国指定重要文化財の建築物を見に今回は行ってみました。

Img_0803-500x375

入口の右の石柱には「真言宗豊山派大御山西福院 廣徳寺」とあり、左の石柱には「国指定重要文化財 大御堂」とあります。

中には立派な建築物が見えますが、あれが重要文化財なのでしょうか。

Img_0805-500x375

↑左右には金剛力士像もあり、室町時代を思わせる素晴らしいものですが、山門であり違うようです。

これを潜ると、「廣徳寺古圖 美尾屋十郎廣徳館跡 武蔵國比企郡三保谷村表」との案内板があります。

Img_0806-500x375

かつてここには美尾屋十郎の館があったようです。

美尾屋十郎廣徳というのは、平安時代から鎌倉時代のこの地の豪族で、平家物語や吾妻鏡にも出てくる武士です。

平家物語の中で有名な「錣(しころ)引き」、悪七兵衛ともいわれる藤原景清に錣を素手で引きちぎられたところで登場するのが美尾屋十郎です。

Img_0810-500x375

↑山門の先を左に直角に曲がると、いよいよ目的の建物があります。

廣徳寺大御堂といい、13世紀初めに源頼朝の妻であり尼将軍ともいわれる北条政子が、美尾屋十郎廣徳の菩提を弔うため、美尾屋氏の館跡に建立したものです。

Img_0813-500x375

↑この建物は室町時代後期に再興されたもので、国指定有形文化財となっています。

やはり、近くで見ると存在感があります。

大御堂とは、浄土信仰の盛んな平安末期から鎌倉期にかけての阿弥陀堂のことです。

Img_0817-500x375

方三間の寄棟造、茅葺で関東地方らしい風格を帯びた堂姿を示す数少ない禅宗(唐様)建築ということです。

さらに、ここには古墳もあるというので見に来ました。

続きを読む "北条政子による国指定重要文化財の廣徳寺大御堂とそこに古墳もある川島町" »

2020年10月 4日 (日)

新田義貞兜掛けの松がある所沢市久米の鳩峯八幡神社と水天宮

東村山市と所沢市の市境付近には新田義貞に関する遺跡というか多くの伝説が残っています。
鎌倉街道が南北に通っていて、久米川古戦場や小手指ヶ原古戦場があります。
Img_0735-500x375
↑その二つの古戦場の中間に森となった小高い丘陵があります。
この所沢市久米には鳩峯八幡神社があります。
延喜21年(921)に京都の石清水八幡宮を分祀し勧請したと伝えられています。
Img_0736-500x375
明治5年には村社、大正10年には郷社に列せられましたといいます。
ちょっと不思議で調べてみたら、明治14年(1881)に久米村の一部である金山が所沢村に編入され所沢町になったというので、これが理由のようです。
Img_0738-500x375
↑参道を少し進むと、左側には神社らしくなく鐘楼があります。
明治時代に神仏分離される前の名残りなのでしょう。
江戸時代には、天正19年(1591)徳川家康から社領御朱印五石を寄進され、代々将軍より幕末まで寄進されたりしたといいます。
Img_0742-500x375
そして、ここにも新田義貞伝説が残っています。
元弘3年(1333)5月、新田義貞による鎌倉攻めの折、八國山の将軍塚に陣して、当社に参拝して戦勝を祈願したと伝えられています。
Img_0744-500x375
↑参拝時に兜をかけた「兜掛けの松」があり、その旧蹟の碑もあります。
しかし、当時の松は枯れてしまって、小振りな松がありました。
もう一つここには旧蹟があるといいます。

続きを読む "新田義貞兜掛けの松がある所沢市久米の鳩峯八幡神社と水天宮" »

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »