フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 県内最大級方墳であった穴八幡古墳と八幡神社のある小川町 | トップページ | 浜松町駅から海岸通りと首都高を乗り越えて、竹芝まで行けるという歩行者デッキはちょっと残念 »

2020年9月13日 (日)

万葉集の読解への鎌倉時代の偉業と戦国時代の城跡、そして299メートルからの小川盆地の見晴らし

7世紀後半の穴八幡古墳を前回見た小川町には、すぐ近くに埼玉県旧跡があります。
市街地の西側に東西に長く延びる八幡台と呼ばれる台地の東端です。
Img_0718-500x375
↑ 「仙覚律師遺跡」といい、碑はありますが遺跡としての何かモノがあるわけではありません。
仙覚は鎌倉時代の天台宗の僧侶で、埼玉県ゆかりの偉人として県ホームページにも載っていました。
Img_0709-500x375
「万葉集註釈」を完成させたのが当時の比企郡北方麻師宇郷であり、現在の小川町大字増尾つまりこの辺りだったということです。
仙覚は寛元3(1245)から宝治元年(1247)年にかけて、鎌倉4代将軍の藤原頼経の命により、「万葉集」の諸本十数冊を校訂して、万葉集4500首のうちそれまで全く読めなかった152首に新たに訓点をつけました。
Img_0715-500x375
↑仙覚とは関係なくでしょうが後年になって半僧坊大権現堂が建てられていて、階段前には数多くの羅漢像が並んでいます。
仙覚は文永6(1269)年に我が国初の本格的な万葉集注釈書「萬葉集註釈」(仙覚抄)を小川町大字増尾で完成させました。
仙覚の校定本と万葉集註釈書は後世の研究に大きな影響を与え、その業績は今も高く評価されているといいます。
Img_0717-500x375
また、ここは「中城跡」であり、室町時代後半に築造された中城の跡で、周囲に土塁と深い堀が残っており、町の史跡に指定されています。
↑半僧坊のあるところは櫓台だったところのようで、周囲から防御しやすく攻撃しやすい位置にあります。
Img_0714-500x375
中城跡は小川盆地への舌状台地の先端部にある約100m四方の単郭式の城砦です。
↑空堀と土塁のようです。
鎌倉時代に増尾郷の豪族であった猿尾種直の居館、南北朝時代初期では斎藤重範が地頭となって支配したと言われています。
前回見た八幡神社の由来にも登場した猿尾氏はマシオと読み、地名の増尾へとつながっています。
Img_0712-500x375
城跡の構造や発掘調査の出土遺物からは15世紀後半の築城と考えられます。
↑虎口のようです。
戦国時代には、比企地方において有力な松山城主上田氏の支城である腰越城のさらに出城だったようです。
ここは小川町駅や町役場からも近く、300メートルくらいであるすぐ近いところにはこんな建物がありました。
Img_0719-500x375
↑観光関係の施設のように見えますが、看板に「図書館」と書いてありますように小川町立図書館です。
少し離れた3キロほど先には、小川町全体というか小川盆地や周囲の山々を含めて見ることのできるところもあります。
「仙元山見晴らしの丘公園」で、平成5年(1993)に「ふるさと創生事業」で造られた施設です。
Img_0725-375x500
ふるさと創生事業といえば、各区市町村に1億円を交付したという「バラマキ」とも言われたものでした。
標高299メートル、仙元山の中腹、小川町が一望できる高台にある自然の地形をそのまま活かした公園ですと施設案内には載っていました。
Img_0721-500x375
299メートルがこの公園の地上面なのか、展望台の上なのか、山の頂上なのかは書かれていませんでした。
↑いずれにしても展望台の上からは北から西に眺望が開けています。
大きなマンションの左側で、左から右へと大きくカーブして弧を描くJR八高線の線路が美しいです。
左の方にある小山が、仙覚律師遺跡や中城跡のあった舌状台地になります。
Img_0729-500x375
↑この公園の目玉は、町に向かって滑り降りていくすばらしい眺望とスリルを誇る全長203メートルのローラーすべり台で、子どもから大人までみんなで楽しめるすべり台だといいます。
乗りたかったですが、さすがに大人一人で滑っている人はいなかったのでやめました。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

 

 

« 県内最大級方墳であった穴八幡古墳と八幡神社のある小川町 | トップページ | 浜松町駅から海岸通りと首都高を乗り越えて、竹芝まで行けるという歩行者デッキはちょっと残念 »

51埼玉県」カテゴリの記事

城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 県内最大級方墳であった穴八幡古墳と八幡神社のある小川町 | トップページ | 浜松町駅から海岸通りと首都高を乗り越えて、竹芝まで行けるという歩行者デッキはちょっと残念 »