フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 都内に2箇所しか残っていない蔵敷高札場と2つの本殿があるような厳島神社 | トップページ | 武蔵野とは何処のことなのかを小平市にある武蔵野神社で考えてみる »

2020年5月31日 (日)

あきる野市雨間の明神山という200段もの石段の上にある雨武主神社

あきる野市雨間にある雨武主神社、なんと読むのかと思いましたが、アメムシュと読みます。
異動前の仕事では、アンブッシュマーケティングになるかならないかを気にしていたので、ついアンブッシュと読んでしまいたくなります。
Img_0381-500x375
↑この一ノ鳥居らしきものは、実はニノ鳥居だそうです。
すぐ先の三ノ鳥居のところには賽銭箱があります。
Img_0382-500x369
あまり見かけなく不思議に思えますが、社殿まで行けない人のためにあるのでしょうか。
数段の石段の参道を進むと、先にはとてつもなく長い石段があります。
Img_0403-375x500
雨武主神社は196段もの石段の上にあるのです。
これを登らなくてもお参りできるようにと、賽銭箱が鳥居のところにあるのでしょう。
途中の踊り場ではハアハアして休憩しながら登っていきます。
Img_0396-500x375
ようやく到着すると、まずは神楽殿があります。
↑その右が登ってきた階段になります。
↓その参道である石段の正面に、雨武主神社の社殿があります。
Img_0387-500x375
山の頂上のようなところに社殿はあります。
創建年代は不詳ですが、天正年間(1573~92)といわれています。
こんなに登ってきたのですから、振り返って景色を見てみます。
Img_0395-500x375
↑木が生い茂った山なので、木々の隙間から北東に景色を見ることができます。
見えている川は秋川です。
もとは秋川南岸の明神山麓にありましたが、本殿再建時に山頂へ遷座されたといいます。
Img_0394-500x375
↑本殿の周りにも木々です。
覆殿の隙間からしか見えませんが、この本殿は嘉永2年(1849)に建造されたものです。
Img_0398-500x375
構造は三間社・流造で、総欅造りの建築で、周囲の羽目板には中国の故事を題材とした彫刻が施されています。
明治9年(1876)に覆舎を新築し、それまでの覆舎は改造して拝殿としたそうです。
Img_0407-500x375
↑下まで降りて離れて見てみることにします。
確かに山です。
一ノ鳥居は別のところにあることを帰ってから知りましたので、後日見に行ってみたいものです。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

 

 

« 都内に2箇所しか残っていない蔵敷高札場と2つの本殿があるような厳島神社 | トップページ | 武蔵野とは何処のことなのかを小平市にある武蔵野神社で考えてみる »

09西多摩」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 都内に2箇所しか残っていない蔵敷高札場と2つの本殿があるような厳島神社 | トップページ | 武蔵野とは何処のことなのかを小平市にある武蔵野神社で考えてみる »