フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 小平市の小川駅付近を東西に立体交差する都市計画道路の事業が進められている | トップページ | 数少ない聖徳太子信仰の太子堂のあるクラシキではないゾウシキと蔵敷熊野神社からの眺望 »

2020年5月10日 (日)

小平霊園内で行われている道路工事と新青梅街道側入口前のサイゼリヤの想定外の後継店

小平霊園は、小平市、東久留米市、東村山市に跨る広い敷地の都立霊園です。
外出自粛のため、遠出できない数多くの人が散歩やジョギング、犬を散歩させたり、ヤギを散歩させている人もいました。
その新青梅街道側のお盆時期しか車は入れない、通常は歩行者、自転車用の入口を入ると、すぐのところで工事が行われています。
Img_0337-500x375
新青梅街道に沿った道路の舗装が剥がされて、砂利道となっています。
道路排水とともに道路(園路)整備をするようです。
Img_0336-500x375
↑働き方改革の一環なのでしょうか、「週休2日確保試行工事」と書かれています。
小平霊園内では近年こうした工事が順次実施されているようで、既に完了したところはこんな様子です。
V型側溝に雨水を流し、集水桝で集めるようですが、雨水浸透桝ではなさそうです。
小平霊園内では、最近こうした工事が順次実施されており、既に完了したところはこんな感じです。
Img_0343-500x375
幻の湧水と言われている「さいかち窪」に水が湧いた様子を、何度かこのブログでも見てきました。
その時には、さいかち窪の敷地に向けて南から流れ込む水流もあった気がします。
あれはこうした道路排水だったのでしょうか。
Img_0351-500x375
↑この日はいつものように、さいかち窪に水は無く、ここから北の黒目川への流れは枯れています。
小平霊園内や周辺に浸み込んだ雨水が集まって、さいかち窪の湧水になっているはずです。
Img_0349-500x375
園内に降った雨水を意図的に集めて、さいかち窪に水が湧いたというのはいいことなのか、ちょっと疑問も感じます。
まあ湧水と雨水、地下水との関係や区別は難しいところです。
ところで、この林の周囲の芝生には、こうした時期なので、広場での球技やバトミントン禁止するという看板がありました。
Img_0348-500x375
やはり、外出自粛ですから仕方ありません。
この霊園北口前のサイゼリヤがしばらく前に閉店してしまい、次は何の店になるのかと思っていましたが、予想外の結果でした。
Img_0335-500x375
Toto BMWと書かれています。
確かに新青梅街道沿いには自動車ディーラーは多いですが、ファミリーレストランの建物を利用するとは驚きました。
調べてみると、同じく新青梅街道の東方にある東久留米本社建替のための仮店舗のようです。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

 

 

« 小平市の小川駅付近を東西に立体交差する都市計画道路の事業が進められている | トップページ | 数少ない聖徳太子信仰の太子堂のあるクラシキではないゾウシキと蔵敷熊野神社からの眺望 »

02小平市」カテゴリの記事

01東久留米市」カテゴリの記事

03東村山市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小平市の小川駅付近を東西に立体交差する都市計画道路の事業が進められている | トップページ | 数少ない聖徳太子信仰の太子堂のあるクラシキではないゾウシキと蔵敷熊野神社からの眺望 »