フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月26日 (日)

りそな東久留米滝山支店の移転先と気になるけどよく見えない滝山病院建替計画の全体像

東久留米市の滝山には大規模団地もあって人口も多いことから、住宅地でありながらも銀行がいくつかあります。

元協和埼玉銀行、前あさひ銀行の現りそな銀行と前東京都民銀行、現きらぼし銀行です。

Img_0043-500x375

↑りそな銀行東久留米滝山支店隣りの駐車場であったところは、昨年夏頃から閉鎖されて工事が行われていました。

どうやら建物は外観上はほぼ完成したようです。

代替としての駐車場は近隣の滝山病院の敷地が充てられていました。

Img_0033-500x375

前回お伝えした元イトーヨーカドーの跡地に建て替えられ、先日オープンしたヤオコーも、滝山病院が建替されるという噂があったものでした。

りそな銀行の駐車場だったところの工事現場にある宅地開発等事業計画標識には滝山病院建替計画と書かれています。

Img_0032-500x373

そうした中、りそな銀行東久留米滝山支店は3月16日に移転するといいます。

しかし、住所、電話番号は変わらないということです。

この駐車場跡地の滝山病院建替計画に組み込まれているということのようです。

Img_0034-500x375

標識によると、建替計画(1期)として敷地面積365m2(以下も含めて面積の小数点以下切り捨て表記)、建築面積670m2、延床面積870m2、5階建て、用途は店舗・倉庫で、工事完了予定は1月末となっています。

店舗というのが銀行支店のことなのでしょう。

↑確かに5階建といいながら、1階部分だけ大きくせり出した構造です。

でも、病院建替はどうなるのでしょう。

続きを読む "りそな東久留米滝山支店の移転先と気になるけどよく見えない滝山病院建替計画の全体像" »

2020年1月19日 (日)

高齢化の進む滝山団地のヨーカドー跡地に1月24日オープンするヤオコー東久留米滝山店と成功しているのかネットカフェ

東久留米市の滝山団地は、高度経済成長の1968年に建設された、公団住宅の3000戸以上のマンモス団地です。

1980年にはイトーヨーカドー滝山店もできて賑わっていましたが、そこは2009年には同社のディスカウント業態「ザ・プライス」に転換され、それも2018年2月には閉店していました。

Img_0003-500x375
その場所に同じくスーパーである「ヤオコー東久留米滝山店」が2020年1月24日にオープンします。

現地にはまだ「近日オープン」としか書かれていませんでしたが、先日ヤオコーよりプレスリリースされました。
Img_8434-500x375
同じ業種だからといっても、居抜きで出店するのではありません。

↑1年前の1月には、既存の建物は解体され更地の状態となっていました。

気合が入っているところですが、この辺りは高齢化も進んでいますから、今度は大丈夫か心配になります。
Img_0008-500x375
↑最初の写真は、新小金井街道と滝山中央通りの交差点のある北側から見たもので、上は南側から見たものです。

自動車は新小金井街道から直接入るのではなく、この南方に面した道路から入るように設計されています。

イトーヨーカドーでは地下1階、地上2階と3フロアありましたが、ヤオコーは1フロアのようです。

屋上が駐車場となっており、71台駐車出来るそうです。
Img_0009-500x375
初年度の年間売上は18億円を見込んでいると言います。

新規出店するからには、当然ながらリサーチしているはずです。

駐車場に関しては、イトーヨーカドーとは場所が違っています。
Img_8435-500x375
新小金井街道を挟んだ西側に、イトーヨーカドーの駐車場はありました。

↑閉店後、こちらも舗装も剥がされ、1年前には更地となっていました。

車で行くと、信号を渡るだけなのですが、意外と面倒でした。

続きを読む "高齢化の進む滝山団地のヨーカドー跡地に1月24日オープンするヤオコー東久留米滝山店と成功しているのかネットカフェ" »

2020年1月12日 (日)

矢川緑地の湧水となぜか擁壁上にある道路とその向こうの矢川弁財天の狛蛇

立川市羽衣町の南端の国立市との境界に矢川緑地があります。

立川段丘のところで、自然の残る約2.1ヘクタールもの広さのある緑地です。

Img_9956-500x375

東京都によって、矢川緑地保全地域に指定されています。

南側は湿生植物保全地域として湿地帯となっています。

保全のために木道が整備されています。

Img_9958-500x375

冬なので、ちょっと殺風景ですが、野鳥はいました。

緑地の中央には矢川が流れています。

上流には、みのわ通りが擁壁上の高い位置を通っており、下の方にある眼鏡橋から矢川は流れてきます。

Img_9961-500x375

立川段丘の擁壁かと思いましたが、違うようなので、これは後ほど調べることとなりました。

矢川は立川市の東南部から国立市の西南部を流下して、青柳段丘崖先で谷保用水に合流する延長約1.3キロメートルの短い川です。

JR南武線の矢川駅の駅名はここからきています。

Img_9962-500x375

↑川のすぐ北側には湧水が見られます。

手前の部分から水が湧き出ています。

Img_9963-500x375

↑同じ池ですが、別の場所からも水が湧き出ているのがわかります。

この矢川緑地も東京の名湧水57選になっています。

Img_9965-500x375

↑この池からの水の流れを辿って行きましたが、残念ながら途中で途切れていました。

緑地全体の矢川の北側部分は樹林地となっており、林床保護区域、サンクチュアリとなっています。

それでは、先程の擁壁の件です。

続きを読む "矢川緑地の湧水となぜか擁壁上にある道路とその向こうの矢川弁財天の狛蛇" »

2020年1月 5日 (日)

ブログ開設8周年を記念して別当寺が国宝建築物である八坂神社へ行く

このブログを開設した日は、PC画面では左下の方にある「ココログからのお知らせ」の「ココログ」というロゴのすぐ下にある数字で表示されています。

2012/01/02と書かれているように、2012年1月2日にブログを開設しましたから、お蔭様で8周年を迎えることができました。

ページビュー(PV)回数もその下のカウンターにあるように、約94万5千と数多くの方に見ていただけました。

Img_9941-500x375

有難いことですのでこれを自ら?記念して、「8」や「八」にまつわるところを訪れてみることとしました。

↑まずは、西武多摩湖線の八坂駅です。

駅だけでは何ですから、駅の近くにある駅名の由来ともなっている「八坂神社」に行きました。

Img_9953-500x375

八坂駅も八坂小学校も、そして八坂神社も府中街道に面しています。

青梅街道から新青梅街道まで2.5キロメートルほどのこの区間は「東村山3・3・8号府中所沢線」として既に拡幅工事が完了しています。

鳥居の前には警察官がいて物々しい雰囲気ですが、初詣の混雑による警戒でしょうか。

Img_9950-500x375

↑1月3日の午後なので、もう空いていると思って来たのですが、予想以上に人気のある神社のようです。

八坂神社の創建は不明ですが、弘安元年(1272年)の正福寺建立、または応永14年(1407年)の正福寺地蔵堂建立間もなくと考えられています。

Img_9951-500x375

↑鳥居から社殿まで100メートルほどは行列となっているため、列に並ぶ前に手水舎に行かなければいけなくなっています。

正福寺は八坂神社の別当寺なのですが、創建年次との関係も含めて調べてみましょう。

続きを読む "ブログ開設8周年を記念して別当寺が国宝建築物である八坂神社へ行く" »

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »