フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 八高線から見える越生総社の春日神社と諸般の事情でたどり着くことが出来なかった赤坂沢 | トップページ | 昔の面影のある崖線上の鎌倉街道と三芳町唯一の湧水のある竹間沢こぶしの里 »

2019年12月 8日 (日)

ときがわ町の雀川にある砂防ダムは公園が併設されていて駐車場もある

砂防ダムまたは砂防堰堤といえば、通常は目にすることのないような山奥にひっそりとあるというイメージです。

現に前回は、赤坂沢の砂防ダムにたどり着くことが出来ませんでした。

Img_9797-500x375

↑ときがわ町にある雀川砂防ダムは公園内にあり、しかも駐車場もありますから、気軽に行くことのできる珍しい砂防ダムです。

埼玉県道30号線からの西に向かう入口は標高106メートルほどで、そこには案内看板もあります。

Img_9796-500x375

↑雀川砂防ダム公園といい、その地形を生かして、お花見・イベント広場、展望広場、渓流広場の3つのゾーンに分かれています。

ダムを下から見ることができるところが、お花見・イベント広場です、ここの標高は150メートルほどです。

Img_9799-500x375

↑メインのダムの手前にもう一つ少し小さなダムもあるようです。

確かに砂防ダムというと、川の急流部にいくつか連続で設置されているイメージがあります。

砂防ダムは土石流を食い止めますが、いくつか設置することで、川の勾配が緩やかになり、流れのスピードが落ちることで大きな石から堆積するといいます。

Img_9800-375x500

砂防ダムというと、あまり大きくないものをイメージしていました。

↑しかし、メインの雀川砂防ダムはダム高17メートルもあり迫力があります。

Img_9803-500x375

↑この2基の他にも、公園のすぐ下流に別の砂防ダムはありました。

続いて、眺望を期待して、展望広場に行きます。

Img_9814-500x375

ここの標高は175メートルほどあります。

さすがは展望広場というだけあって、遠くまで見渡せます。

東方向に視界が開けているので、高層ビルが見えますが、さいたま新都心や大宮でしょうか。

Img_9813-500x375

こちらにも台数は少ないものの駐車場があるので、今日は車ですから簡単に登って来られます。

天端は管理用通路はありますが、一般は立ち入り禁止です。

重力式砂防ダムで、計画貯砂量は43000立方メートルで、ダム長は110.75メートルあります。

Img_9805-500x375

ここで上から砂防ダムを見ていて、ちょっと違和感を感じました。

堰堤の上流側は土砂が溜まっていて水はあまり無いと思っていました。

まあ、大雨が降り土石流が発生した後は、次に備えて土砂を取り除くようなので、先の台風後取り除いたばかりなのかもしれません。

Img_9808-500x375

↑ダムの上流部に渓流広場はあります。

こちらには駐車場はないので歩いて行きますが、登り坂ではなく、階段を下っていきました。

川は斜面を流れてきますから、結局は通路を真っ直ぐ進んでも同じところにでてきます。

Img_9810-500x375

普段は土石流なんて想像できないような川ですが、いざという時の水の力は恐ろしいものでしょう。

雀川砂防ダムの建設に伴い、自然環境を保全することを目的に、旧玉川村初の公園として完成したといいますが、とてもいい場所でした。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

 

 

« 八高線から見える越生総社の春日神社と諸般の事情でたどり着くことが出来なかった赤坂沢 | トップページ | 昔の面影のある崖線上の鎌倉街道と三芳町唯一の湧水のある竹間沢こぶしの里 »

51埼玉県」カテゴリの記事

土木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 八高線から見える越生総社の春日神社と諸般の事情でたどり着くことが出来なかった赤坂沢 | トップページ | 昔の面影のある崖線上の鎌倉街道と三芳町唯一の湧水のある竹間沢こぶしの里 »