フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 国分寺市都市計画道路の熊野神社通りの未開通部分と江戸時代の土木遺産と熊野神社 | トップページ | ときがわ町の雀川にある砂防ダムは公園が併設されていて駐車場もある »

2019年12月 1日 (日)

八高線から見える越生総社の春日神社と諸般の事情でたどり着くことが出来なかった赤坂沢

JR八高線の越生駅から少し高崎方面に向かうと、車窓からは右に神社が見えます。

車でその前を通ったので立ち寄りました。

Img_9781-500x375

↑高麗川から先は電化されていないため架線がないので、八高線も写っている写真を撮ろうかとしました。

しかし、この辺りは1時間に1本程度しか走っていないため、列車とのセット写真は撮れませんでした。

Img_9784-500x375

↑越生総社春日神社と刻まれています。

延暦元年(782年)創建とされ、内裏山獅子岩の傍に祭祀されていたものを、征夷大将軍坂上田村麻呂が東夷征伐の際に、この地に宮殿を築いて内裏大明神を祀ったといいます。

Img_9785-500x375

↑随神門もあります。

さらに、平将門が当地に内裏を置いたとされ、延喜年中に将門の伯父である平国香が修繕したともいいます。

社伝にしても、有名人がずらりと出てきます。

Img_9786-500x375

↑左は拝殿、右は神楽殿ではなく舞殿と書かれていました。

松山城主上田能登守の再建を経て、寛政10年(1798)に内裏大明神春日大明神を改め、春日神社として越生十六郷総鎮守と定められました。

これにより、越生総社と書かれていたようです。

Img_9792-500x375

↑拝殿の奥にある本殿も趣のあるいい建物です。

ところで、本日の目的地は標高70メートルのここではなく、もっと山奥なのでそちらに向かいます。

Img_9779-500x375

越辺川に沿った埼玉県道61号越生長沢線で越生梅林の前を通り過ぎ、途中からあじさい街道を麦原川沿いに来ましたが、台風の影響でしょう、土砂崩れによる修復工事をしているところもありました。

↑県道からあじさい街道を1キロメートル程進んだ標高130メートルのところに、無料駐車場スペースとトイレがあります。

ここから自転車に乗り換えて目指すのは、さらに支流の赤坂川の赤坂沢砂防ダムです。

Img_9773-500x375

↑麦原川は大きな川ではありませんが、こんな大きな岩もありますから水の力はやはり恐ろしいものです。

700メートル程登り坂を進むと、赤坂川の分岐点がありました。

目的地はここからさらに800メートル程先で、案内板にも描かれているような砂防ダムがあるのです。

Img_9774-500x375

標高160メートルのここまでの標高差は30メートルでしたが、折り畳み自転車には急坂です。

ガードレールのすぐ先を見てみると「通行止め」と書かれていますが、道の端によけてあるようにも見えます。

土砂崩れが起きているのかもしれないので、ちょっと注意しながら進んでみます。

Img_9775-500x375

↑川は水量も少ないのですが、道の方はかなりの急坂です。

半分くらいは来たかと思い、残りの距離を調べようとかとGoogle マップで現在位置を確認しようとしたら、なんと圏外で接続できません。

人通りも車通りも全く無く、クマが出てくるのではと心配になってきます。

鈴など待っていませんからラジオで音を流せばと思いradikoを起動させましたが、考えてみればやはり圏外だから受信出来ませんでした。

Img_9776-500x375

急坂で自転車では登れなくなりそれを押していましたが、気付いたらなぜかその自転車はパンクしています。

そもそも通行止めかもしれない道なので、これ以上進んではいけないということかと考え、引き返すこととしました。

帰って調べてみたら、目的地の標高は260メートルほどなので、800メートル間に100メートルの高低差なんてリサーチ不足であり計画に無理があったようです。

 ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

 

 

« 国分寺市都市計画道路の熊野神社通りの未開通部分と江戸時代の土木遺産と熊野神社 | トップページ | ときがわ町の雀川にある砂防ダムは公園が併設されていて駐車場もある »

51埼玉県」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国分寺市都市計画道路の熊野神社通りの未開通部分と江戸時代の土木遺産と熊野神社 | トップページ | ときがわ町の雀川にある砂防ダムは公園が併設されていて駐車場もある »