フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 石田堤が破堤したという地点と鴻巣市の史跡公園にある堤の断面 | トップページ | 薬師池公園の名勝正式名である福王寺旧園地という謎と国指定重要文化財や都指定有形文化財などの旧家建築物 »

2019年9月22日 (日)

新東京百景で東京都指定名勝でもあり日本の歴史公園100選にもなっている町田市の薬師池公園

薬師池公園は1982年には「新東京百景」に選ばれ、さらに1998年には「東京都指定名勝」に指定されました。

その上2007年には「日本の歴史公園100選」に選定されたという町田市を代表する公園です。

Img_9459-500x375

↑都道18号府中町田線(鎌倉街道)がこのすぐ左側を通っているのですが、ここは薬師池という池があるように周囲より低い標高66メートルほどになるため静かです。

道路が10メートルほど高い位置にあるため、幹線道路沿いであることを感じさせない落ち着いた雰囲気です。

Img_9474-500x375

↑池の南から北を見ると、東も西も土地が高くなっていることが分かります。

しかし、ここは自然の池ではなく、江戸時代に人工的に造られたものだそうです。

Img_9476-500x375

↑二連の太鼓橋が架かっています。

寛永年間(1624〜43)に、ここを農業用水池にするために耕地を潰して溜井にしました。

長さ70間(126メートル)、横28間(50.4メートル)もの大きさで、十数年間かけて築いたそうです。

Img_9478-500x375

↑逆に北から南を見ていますが、東と南と西を尾根に囲まれたような地形なので、自然にも水は溜まりそうなところです。

案内板をみると、「大滝」があるというので見に行きました。

Img_9468-500x375

↑水の音がするので近づいてみると、「えっこれが大滝?」と思うような小さい滝でした。

位置としては池の西側の斜面の途中になります。

水量は豊富なようで、水は高いところから低いところへ勢いよく流れていきますが、この薬師池にも苦労の歴史があるそうです。

Img_9469-500x375

同じく江戸時代の宝永4年(1707)には、富士山の有名な宝永大噴火による降灰で、せっかく苦労して作ったこの池が埋まってしまいました。

その後、3年間かけて浚渫工事したそうです。

Img_9492-500x375

↑池の東側には水車小屋があります。

こちらにも湧水があるようなので、水流を遡ってみました。

Img_9493-500x375

↑細い流れですが、もう少し先があるようです。

↓こちらは小滝にもなっていないので分かりづらいですが、ここから湧いています。

Img_9495-500x375

池の歴史の方では、文化14年(1817)にも再び泥砂で埋まってしまいました。

野津田村の農民たちは七町歩(7ヘクタール)余りの水田の水を得るために、浚い普請により池として復活させましたといいます。

Img_9496-500x375

↑先程の水の湧きだす地点から下を見ると、結構高低差があることがわかります。

苦労して守り続けてきた薬師池は、現在は公園として3つもの「肩書」を持っているわけですから素晴らしいことです。

この公園には、国指定重要文化財や都指定有形文化財の建物もありようなので、さらに見ていきます。

 ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

 

 

« 石田堤が破堤したという地点と鴻巣市の史跡公園にある堤の断面 | トップページ | 薬師池公園の名勝正式名である福王寺旧園地という謎と国指定重要文化財や都指定有形文化財などの旧家建築物 »

10南多摩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 石田堤が破堤したという地点と鴻巣市の史跡公園にある堤の断面 | トップページ | 薬師池公園の名勝正式名である福王寺旧園地という謎と国指定重要文化財や都指定有形文化財などの旧家建築物 »