フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月26日 (月)

霞川の水源に係るもう一つの説は平将門の後裔を名乗る三田氏が創建した天寧寺

前回は、青梅市の霞川の上流端から西へ鉄道公園や永山公園方向に向かいました。

風の子太陽の子広場内の池やその奥にある山々の谷戸が、霞川の水源となっているようでした。

Img_9367-500x375

↑しかし、調べてみると、この「霞川上流端」との標識のある交通公園入口交差点から、川の水源は北の方角にあるという説もあるようです。

つまり、都道28号青梅飯能線成木街道の北の方向になりますから、霞川はここで直角に曲がっていることになります。

Img_9379-500x375

↑北に向かい進んでいくと、道路下にあり見られなかった河の流れが、根ケ布交差点で都道から分かれる天寧寺坂通り沿いにありました。

さらに進むと、その天寧寺の総門の横を参道に沿って流れてくる水流があります。

Img_9369-500x375

元々この地には平将門創建と伝えられる真言宗高峯寺があったといいます。

現在ここにある高峰山天寧寺は、領主でありすぐ近くの勝沼城主であった三田氏が文亀年間(1501〜1504年)に創建した寺院です。

この天寧寺の奥に霞川の水源の「霞池」があるというのです。

Img_9371-500x375

↑総門から山道を進むと、山門は左にありますから、この川を渡ることとなります。

鐘楼にある大英元年(1521)に三田政定が寄進した銅鐘には、三田氏が平将門の後裔と記されています。

山門は楼門形式の立派なものです。

Img_9372-500x375

江戸時代の宝暦10年(1760)のものです。

天寧寺境域は東京都史跡に指定されているといいますから、水源の池だけでなく、寺院内の建築物にも期待が膨らみます。

続きを読む "霞川の水源に係るもう一つの説は平将門の後裔を名乗る三田氏が創建した天寧寺" »

2019年8月18日 (日)

青梅市にある霞川の上流端からさらに源流を探しに行く

東京都青梅市から埼玉県入間市を通り、入間川に合流する霞川があります。

青梅市東青梅駅近くで都道28号青梅飯能線成木街道が南北方向に通っています。

その鉄道公園入口交差点にある柿沢橋の所が霞川の上流端と表示されています。

Img_9365-500x375

しかし、他の川と同様に東京都の河川管理上での上流端なだけであって、実際にはここが水源ではありません。

道路を挟んで反対側に少し西へ行くと、すぐに流れを見つけることができます。

Img_9362-500x375

永山公園通りという道で、鉄道公園へ向かう道ともなっています。

この道路の左側つまり南側は斜面となっています。

Img_9348-500x375

↑やがて、永山公園通りはその斜面を上って行くので、下の川に沿った道をいきます。

上流に向けて西へしばらく進むと、風の子太陽の子広場入口という看板のところで、南西からの流れが合流しています。

↓左奥からの流れと右奥からの流れがあるということです。

Img_9349-500x375

まず、右奥つまり北東に向かいますと、すぐに道路は行き止まりとなります。

青梅市のよる野生動物に注意という表示があります。

Img_9351-500x375

絵にはシカ、イノシシ、ヘビ、ハチが描かれています。

ちょっと怖がりながら少し進みます。

続きを読む "青梅市にある霞川の上流端からさらに源流を探しに行く" »

2019年8月11日 (日)

大和時代はどうかとしても平安時代にはあった狭山市の廣瀬神社と樹齢400年のねじれた梅の木

狭山市にある廣瀬神社は、社伝によれば創建は古く、3世紀の大和時代の景行天皇の御代、日本武尊東征の折だといいます。

ここを流れる入間川が大和国広瀬の地によく似ていることから、廣瀬神社から分社したとのことです。

Img_9285-500x375

しかし、元の大和国の廣瀬神社の創建が天武天皇の頃といいますから、ちょっとあり得なさそうな話でです。

そうは言うものの、嘉祥3年(850年)の文徳天皇実録には、武蔵国廣瀬神社が記載されているといいます。

Img_9286-500x375

これまでもいろいろ見てきた延喜式内の神社では、中氷川神社のようにいくつかの候補があるケースも多いようですが、ここは違うようです。

廣瀬神社は入間郡五座の一つですが、ここ以外にはないようです。

Img_9291-500x375

延長5年(927年)に延喜式神名帳は書かれていますから、平安時代にはこの神社はあったということです。

↑拝殿の御神号額は明治の三筆といわれた野村素介によるものです。

Img_9303-375x500

↑御神木の大欅二本も古く、樹齢900年と1000年といい、高さ30メートルです。

埼玉県指定天然記念物となっています。

そして、ねじれた不思議な松の木もありました。

続きを読む "大和時代はどうかとしても平安時代にはあった狭山市の廣瀬神社と樹齢400年のねじれた梅の木" »

2019年8月 4日 (日)

北本市の石戸城とそれを攻める北条氏邦が一夜にして築いたという一夜堤

石戸城は天神山城ともいわれる北本市石戸宿にある城跡です。

室町時代長禄年間(1457~60年)頃の城といいます。

Img_9307-500x375

↑荒川沿いの河川敷にある天神下駐車場から見上げていますが、荒川の堤防にもなっている桜堤通りに沿って石戸城はありました。

扇谷上杉氏の家臣藤田八右衛門が築城し、北上する北条氏に備えるため、岩付城、松山城、川越城を結ぶ防衛ラインの一部を担っていました。

Img_9309-500x375

↑その桜堤通りを南に向かい北を振り返ると、一の郭があったところを道路が分断して通っています。

一の郭の左側が荒川になりますから、西側は要害となっています。

Img_9314-500x375

↑さらに南に行くと、五の郭のあった辺りに北本市教育委員会による説明板があります。

奥の方が三の郭になります。

永禄6年(1563)北条、武田連合軍が松山城攻めした時には、援軍のため上杉謙信が上越越えをして石戸城に逗留したといいます。

Img_9313-500x375

↑そこにある地図になります。

埼玉県選定重要遺跡となっています。

Img_9316-500x375

↑この道を挟んで左側が四の郭になります。

一の郭(左)と二の郭(右)間は急な下り坂で、トンネルに入って行くような感じです。

Img_9318-500x375

ここまで風景では戦国の城跡の印象がありませんでしたが、奥に入って行くと別世界になります。

続きを読む "北本市の石戸城とそれを攻める北条氏邦が一夜にして築いたという一夜堤" »

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »