フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 所沢の東川の源泉を探してヤギと三ヶ島八幡神社の桜を見る | トップページ | 現代の古墳となっている昭和天皇陵と大正天皇陵のある武蔵陵墓地と新しい陵のあり方 »

2019年4月14日 (日)

東川の源泉って道路排水なのか、人孔なのか、それとも違うところなのか

引き続き、所沢市を西から東に流れている東川(あずまがわ)の源泉を探していきます。

東川は三ヶ島八幡神社の西参道鳥居の前を奥(北東)に向けて流れていき、前回見たもう一つの流れとこの先で合流します。

Img_8804-500x375

↑右に小高くなっているのが神社です。

南西に向けて上流に向かっていきます。

やがて、道路沿いに流れていた東川は住宅と畑の間へと入っていきます。

Img_8817-500x375

グーグルマップで見ると、この少し先で水の流れは無くなっています。

その辺りに源泉があるということでしょうか。

しかし、畑とはいえ、勝手に民有地に入って行くわけにもいきません。

Img_8822-500x375

↑もしかすると、方角的に川があるかと思われる方を探してみると、さらに上流にも水路がありました。

この先で道路を横断しているはずなのですが、その向こう側の上流側には水路が見つかりません。

Img_8823-500x375

↑道路の両側には側溝があります。

しかも、斜面となっていますから、雨が降れば結構な量の水は流れてくることでしょう。

ということは、東川の源泉はこの道路排水ということになってしまいます。

なんか、釈然としないまま、この道路を登ってみました。

Img_8824-500x375

↑すぐ先の道路左手には、トトロの森10号地がありました。

ナショナルトラスト活動でこの丘が保全されています。

こうした森からの湧水も、この道路の側溝には流れていくわけですから、単なる側溝ではなく、やはりこれが東川本流なのでしょうか。

Img_8825-500x375

↑さらに道路を進んでいくと、かなりの上り急斜面となります。

両側にはやはり側溝はあります。

坂を登り切ると、狭山湖の周回道路に行き当たります。

Img_8827-500x375

周回道路を分水嶺として、狭山湖と東川に水は分かれるということになります。

東川の源泉について、帰ってから検索して調べてみると、見つける事の出来なかった別のところがあるとの情報があります。

そこで、今週も再び現地に行ってきました。

Img_8852-500x375

↑場所はトトロの森10号地の道路を挟んで反対側の辺りで、畑と住宅の間の通路を進んでいくと、唐突に土の被ったU字溝があります。

Img_8851-500x375

↑振り返って下流方面を見ると、少し先からはU字溝は見当たりません。

そして、上流側を見れば、そのすぐ先には人孔(マンホール)があります。

Img_8848-500x375

ここが東川の源泉というか水源だということです。

道路を横断するところで、水流を見つけられなくなったところまで、ここから地下の配管で繋がっているという事なのでしょうか。

Img_8850-500x375

↑蓋には所沢市の市章がついていました。

東川は一級河川なので埼玉県管理のはずだから、ここに埼玉県章がついていれば、間違いないのですが。

しかし、川は公式の上流端よりも上流に流れがあり、それを準用河川等で市が管理するのはよくあることです。

Img_8829-500x375

↑結局、正解はよくわからないのですが、狭山湖周回道路を少し進み下方を見渡して見れば、この丘陵に降った雨は至る所で地下水が湧水となり、あの道路に流れ込むことが想像できます。

あのマンホールも地下の構造によっては、周辺の地下水が流れ込むようになっているのかもしれません。

Img_8831-500x375

↑先程と別の道路から下ってみると、これまで見てきた2つの水流の間にある道路の側溝からの水の流れもありました。

やはり、この辺り全体が水源ということでしょうか。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

 

 

 

« 所沢の東川の源泉を探してヤギと三ヶ島八幡神社の桜を見る | トップページ | 現代の古墳となっている昭和天皇陵と大正天皇陵のある武蔵陵墓地と新しい陵のあり方 »

川の源泉」カテゴリの記事

51埼玉県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 所沢の東川の源泉を探してヤギと三ヶ島八幡神社の桜を見る | トップページ | 現代の古墳となっている昭和天皇陵と大正天皇陵のある武蔵陵墓地と新しい陵のあり方 »