フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月29日 (月)

平成最後の週末に平成新道を走り、立川の金比羅山に行く

ここ数ヶ月間というもの、「平成最後の」というフレーズが何でもかんでもついていて、聞き飽きるほどです。

とはいうものの、本当に平成があと数日しかないとなると、なんか記念になるところに行っておきたくたくなります。

Img_8901-500x375

「平成新道」という道路が立川にあります。

五日市街道、都道7号線杉並あきる野線の立川市幸町にある「古民家園入口」交差点から北に向かう市道です。

道路名表示板の右端が直角になっていることから、ここが起点部であることがわかります。

進むと、200メートル程でこんもりした森があり、平成新道は西へと向きを変えます。

Img_8912-500x375

↑ここにあるのは川越道緑地です。

かつて川越に向かう道があったのでしょうか。

平成新道は西に向きを変えたので、五日市街道に並行して進むこととなります。

そして隣には、最初の交差点名にもあった古民家園があります。

Img_8911-500x375

↑正しくは川越道緑地古民家園といいますが、園内に移築復元された、立川市指定文化財の小林家住宅などががあります。

小林家住宅は、江戸時代末期に建てられた茅葺の民家ですが、枯山水風に手入れされた庭の方が気に入りました。

Img_8914-500x375

↑平成新道は時折S字カーブを描きながら西へと進みます。

先にある信号は幸福祉会館前という、幸せそうな名前のところです。

道は1キロメートル程の所で芋窪街道、都道43号立川東大和線と交差します。

Img_8922-500x375

ここは多摩モノレールが通っているところです。

せっかくならモノレールが通った時をと思い、この写真を撮るため結構待ちました。

Img_8947-500x375

↑モノレールの桁を潜ると、立川柏町団地沿いのツツジが綺麗です。

この平成新道は全長3キロメートル位しかありません。

都道55号所沢武蔵村山立川線との交差点が、平成新道の起点または終点となります。

道路名表示板の左端が直角になっていることからも、わかります。

続きを読む "平成最後の週末に平成新道を走り、立川の金比羅山に行く" »

2019年4月21日 (日)

現代の古墳となっている昭和天皇陵と大正天皇陵のある武蔵陵墓地と新しい陵のあり方

平成31年4月23日に天皇皇后両陛下は、昭和天皇陵に参拝して4月30日に譲位することを報告するといいます。

その直前に昭和天皇陵のある武蔵陵墓地に行ってきました。

国道20号線の高尾駅少し手前の北側へ自転車ではなく車で行きました。

Img_8857-500x375

↑ここには4つの御陵があります。

西の奥から多摩陵、多摩東陵、武蔵野陵、武蔵野東陵となります。

Img_8864-500x375

↑西に向けて、北山杉の間の参道を進みますが、カーブとなっていて先が見えないことが不思議なところへ行くという感覚にさせてくれます。

昭和天皇陵へは途中の新参道を北に向かった正面です。

Img_8865-500x375

鳥居の向こうに武蔵野陵、昭和天皇陵があります。

「むさしののみささぎ」と読みます。

古くないから「古墳」とは言わないのでしょうが、上円下方墳となっています。

Img_8867-500x375

昭和天皇武蔵野陵と記されています。

広そうですが、帰って調べてみたら、2500平方メートルの面積があるそうです。

Img_8869-500x375

↑その右には香淳皇后武蔵野東陵があります。

こちらも上円下方墳となっていますが、少し小ぶりのようです。

面積は1800平方メートルということです。

警備のための詰所らしき建物も趣きがあります。

続きを読む "現代の古墳となっている昭和天皇陵と大正天皇陵のある武蔵陵墓地と新しい陵のあり方" »

2019年4月14日 (日)

東川の源泉って道路排水なのか、人孔なのか、それとも違うところなのか

引き続き、所沢市を西から東に流れている東川(あずまがわ)の源泉を探していきます。

東川は三ヶ島八幡神社の西参道鳥居の前を奥(北東)に向けて流れていき、前回見たもう一つの流れとこの先で合流します。

Img_8804-500x375

↑右に小高くなっているのが神社です。

南西に向けて上流に向かっていきます。

やがて、道路沿いに流れていた東川は住宅と畑の間へと入っていきます。

Img_8817-500x375

グーグルマップで見ると、この少し先で水の流れは無くなっています。

その辺りに源泉があるということでしょうか。

しかし、畑とはいえ、勝手に民有地に入って行くわけにもいきません。

Img_8822-500x375

↑もしかすると、方角的に川があるかと思われる方を探してみると、さらに上流にも水路がありました。

この先で道路を横断しているはずなのですが、その向こう側の上流側には水路が見つかりません。

Img_8823-500x375

↑道路の両側には側溝があります。

しかも、斜面となっていますから、雨が降れば結構な量の水は流れてくることでしょう。

ということは、東川の源泉はこの道路排水ということになってしまいます。

なんか、釈然としないまま、この道路を登ってみました。

Img_8824-500x375

↑すぐ先の道路左手には、トトロの森10号地がありました。

ナショナルトラスト活動でこの丘が保全されています。

こうした森からの湧水も、この道路の側溝には流れていくわけですから、単なる側溝ではなく、やはりこれが東川本流なのでしょうか。

Img_8825-500x375

↑さらに道路を進んでいくと、かなりの上り急斜面となります。

両側にはやはり側溝はあります。

坂を登り切ると、狭山湖の周回道路に行き当たります。

続きを読む "東川の源泉って道路排水なのか、人孔なのか、それとも違うところなのか" »

2019年4月 7日 (日)

所沢の東川の源泉を探してヤギと三ヶ島八幡神社の桜を見る

所沢市内を西から東に流れている東川は、桜の名所になっており満開です。

ひがしかわではなく、あずまがわと読みます。

この東川の源泉を目指してみました。

Img_8791-500x375

関越道所沢インター周辺では柳瀬川に合流しており、国道463号浦和所沢バイパス、西所沢からは県道179号所沢青梅線にほぼ沿って流れています。

狭山湖周辺に源泉はあるようです。

↑その所沢青梅線下田橋から南の上流方向へは道路に沿って流れています。

Img_8793-500x375

 ↑やがて畑の間に入っていきます。

道と私有地の区分が分かりづらいのですが、グーグルマップを見るとここは道のようです。

小高い丘のところで2つに別れています。

Img_8794-500x375

というか正しくは2つの流れがここで合流しています。

右側は沿っては行く道が無いので、まずは左側の流れを上流に向かいます。

Img_8797-500x375

水の量はかなり少なくなっています。

畑と道路の間、民家と畑の間を流れています。

グーグルマップではこの道路の手前が上流端のようですが、まだ先に流れはあります。

Img_8800-500x375

ここの桜はまだ満開とはなっていませんでした。

この先は民有地のようなので勝手に入るわけにもいきません。

ところで、先程からメーという鳴き声が気になります。

Img_8803-500x375

↑川の左側にある道路を進むと、そこにはヤギがいました。

しかし、この道路も行き止まりとなっており、先に進めません。

さらに左に大回りする道路は山?の向こう側を通っていますから、やはり川の上流には行くことは出来ません。

残念ですが、ヤギの声で少し和んだ気分になり、もう一方の流れの上流を探します。

続きを読む "所沢の東川の源泉を探してヤギと三ヶ島八幡神社の桜を見る" »

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »