フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 平安時代からの秋津町の村の鎮守と鉄道係員養成所と東村山市と所沢市の都県境にある住居表示の混乱 | トップページ | 多摩市諏訪は連光寺村の一部であった馬引沢のさらに一部だったところ »

2019年3月 3日 (日)

入間川の入間市狭山市境にある笹井ダムと豊水橋という名称について

西武バスの路線図を見ていたら、行ってみたいと思うところがありました。

「笹井ダム」という停留所です。

ダムといっても入間川の上流部ではなく、入間市駅からさほど離れていない中流部で、ダムのありそうなところではでありません。

Img_8715_500x375

↑期待していた以上に水は貯まっていました。

堰であろうことは想像していましたが、その通りでした。

河川法の定義的には、基礎地盤から堤の頂上までの高さ15メートル以上のものをダム、それ未満は堰です。

Img_8708_500x375

笹井ダムというよりは、笹井堰ということになります。

しかし、バス停からここに来る道路も「笹井ダム通り」と名付けられています。

Img_8711_500x375

私のような物好きが来るのですから、観光的にはいいのではないでしょうか。

農業用河川工作物応急対策事業として昭和55年から60年に工事されましたと書かれていました。

Img_8699_500x375

堰体巻立工の長さは212メートルともありますから、補強工事をしたということでしょうか。

下流側から改めて見てみると、結構な高低差があるようです。

魚の上流への遡上のための魚道も作られています。

Img_8701_500x375

左の下流側から1段目、2段目と来て、手前の3段目へと上がる仕組みになっています。

魚も頭が良く、空間把握の能力が求められます。

私も全体像を見るために、右岸側も見てみたいものです。

Img_8717_500x375

↑下流側に1キロほど行くと豊水橋がありますから、それを渡って対岸に行きます。

堰の下流なので水量が少ないかと思っていましたが、そんなことはないようです。

水は豊かだから豊水橋なのだと思っていましたが、違うようです。

Img_8686_500x375

↑右岸を少し上流に向かう途中で、豊水橋を振り返って見てみます。

水は豊富ですが、この橋は入間市豊岡地区と狭山市水富地区を結んでおり、以前は豊岡村と水富村という名だったことから豊水橋となったようです。

Img_8693_500x375

↑笹井ダム近くまで来てみると、右岸側の景色はだいぶ違うようです。

こちら側はあまり水が流れていないようです。

Img_8694_500x375

↑ダムというか堰の真横まで来てみると、水は流れています。

どうやら、細い水量で越流するように作られているようです。

下に降りられる道があるので近づいてみました。

Img_8691_500x375

↑下段は落差の結構ある形になっています。

滝のような美しい流れを見て水音を聞くことができます。

ちょっと観光名所にはならないでしょうが、面白いところではありました。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

« 平安時代からの秋津町の村の鎮守と鉄道係員養成所と東村山市と所沢市の都県境にある住居表示の混乱 | トップページ | 多摩市諏訪は連光寺村の一部であった馬引沢のさらに一部だったところ »

51埼玉県」カテゴリの記事

土木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 平安時代からの秋津町の村の鎮守と鉄道係員養成所と東村山市と所沢市の都県境にある住居表示の混乱 | トップページ | 多摩市諏訪は連光寺村の一部であった馬引沢のさらに一部だったところ »