フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 多摩市諏訪は連光寺村の一部であった馬引沢のさらに一部だったところ | トップページ | 南沢湧水の守護神であり東久留米総鎮守でもある南沢氷川神社 »

2019年3月17日 (日)

東京都と埼玉県に南北に分断された秋津村の鎮守だったという日月神社と伝説

旧所沢街道を通る西武バスのバス停に「日月神社」という名のところがありますが、通りに面していないので、どころにあるか知りませんでした。

それが道路のすぐ近くにあることを知りました。

Img_8664_500x375

↑「にちげつ」ではなく、「じつげつ」と読むそうです。

柳瀬川の北側の河岸段丘のところにあるため、社殿に向けては高台になっています。

Img_8665_500x375

階段を昇ると、御神木とともに「蜻蛉(とんぼ)の寄生木」という伝説が記されています。

それというのは、この秋津村に無理難題を言って家臣を困らせていた殿様がいて、自分の年齢と同じ数の蜻蛉を捕ってくるよう家臣に命じましたが、1つ足りませんでした。

Img_8678_500x375

怒った殿様が、ここで「神の力があるのなら、蜻蛉を、御神木の欅(けやき)の股から別の種類の木にしろ。出来なかったら祠をつぶす。出来たらもう無理難題は言わない」と言って、御神木に蜻蛉を投げつけてしまいました。

この御神木と社殿は同一の高台の上にあります。

Img_8669_500x375

祭神は大日孁貴尊と月読尊ということで、日月神社です。

武蔵国秋津村の鎮守でしたが、武蔵国が柳瀬川を境に南北に、東京都と埼玉県へと分離されてしまいました。

一ヶ月程前に見たように、秋津町は東京都東村山市の地名ですが、ここの地名は埼玉県所沢市北秋津です。

Img_8670_500x375

↑本殿から奥に向けては階段があり、擁壁の上のさらに高くなったところに鳥居も見えます。

伝説がどうなったかと言えば、蜻蛉を投げつけると途端に、欅の御神木の木の股から榎が生えてきて、殿様は無理難題を言えなくなったというものです。

蜻蛉が榎の寄生木に変わり、殿様は声が出なくなったようです。

Img_8675_500x375

↑もう一段登ったところの鳥居の奥には末社がありました。

右から稲荷神社、御嶽神社、愛宕神社です。

さらに階段があり、その上段には社務所があります。

Img_8673_500x375

社務所の建物は、この地域の北秋津集会所ともなっていました。

昔も今も神社は地域と一体になっているようです。

南秋津という地名は無いのに、北秋津だけあるのも変な感じです。

Img_8674_500x375

↑振り返るとわかるように、社殿より高いところに末社があり、一番高いところに社務所があるという、ちょっと普通とは違う上下構造となっています。

東京都東村山市の氷川神社も秋津村の鎮守だったということでしたから、以前から北秋津と南秋津で鎮守は別で、ここ日月神社は北秋津の鎮守だったということなのでしょうか。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

« 多摩市諏訪は連光寺村の一部であった馬引沢のさらに一部だったところ | トップページ | 南沢湧水の守護神であり東久留米総鎮守でもある南沢氷川神社 »

03東村山市」カテゴリの記事

51埼玉県」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 多摩市諏訪は連光寺村の一部であった馬引沢のさらに一部だったところ | トップページ | 南沢湧水の守護神であり東久留米総鎮守でもある南沢氷川神社 »