フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 白鳥の飛来地があって川に囲まれた島のようなところにある埼玉県川島町 | トップページ | 狭山市にある緑のトラスト保全の雑木林となでしこリーグちふれASエルファン発祥の地 »

2019年2月10日 (日)

清瀬市にあるけど東久留米市民に管理運営されている三角山と言われる下里富士

野火止用水沿いに「三角山」というバス停があります。

ここには三角山と言われている「下里富士」があります。

Img_8587_500x375

↑南西から見ると、ここだけが高台となっており、富士塚として築かれたことがわかります。

ここにある浅間神社は、南沢氷川神社によって管理されていると書かれています。

Img_8589_500x375

東久留米市内の神社は、ほとんどこの南沢氷川神社によって管理されています。

神社HPには市内神社紹介に、神職が兼任して務める11社の神社の一つとして、旧下里地区の「浅間神社」も記載されています。

ただし、これはちょっと変です。

Img_8590_500x375

↑階段沿いにある「富士浅間神社年中行事」も、「下里氏子会」によって記されています。

下里は東久留米市の地名で、野火止用水の南側が東久留米市、北側が清瀬市になり、ここはその北側ですから清瀬市に存在します。

河川であれば改修工事により流路が変わって、旧河川の境界が残ることがありますが、野火止用水は江戸時代から真っ直ぐに掘られていたと思われます。

Img_8597_500x375

↑同じく階段をさらに登ると、大正14年と記された「富士太々講」による碑が立っています。

階段の向きに対して斜めに立っているのは、富士山の方向を向いているからなのでしょう。

ということは、頂上から富士山が見られるということなのでしょうか。

Img_8592_500x375

↑東に向けて登っていくと、頂上には南に向かって浅間神社の社があります。

その右には小ぶりながら御神木もありました。

周囲には木が生い茂っており、あまり景色を見渡すことはできませんでしたから、残念ながら富士山も見えません。

Img_8599_500x375

↑下山して、北東側から見上げてみると、社殿の裏側が見えます。

この周囲は清瀬市竹丘の住宅地です。

野火止用水沿いの道をちょっと下流側に進むと、新小金井街道が合流しており、そこには交差点名やバス停名にもなっている「押出し橋」があります。

Img_8605_500x375

↑ここで用水の水の流れは、不思議な形状をして道路下に流れ込みます。

手前から右へ左へ右へとジグザジになって流れるようになっていますが、流れを弱めるためのものとも思えません。

道路向こうの水の出口側を見ても、理由は良くわかりませんでした。

Img_8607_500x375

サイフォン式にしているのでしょうか。

この道路下の何かの管路を避けるためなのかもしれません。

ちょっとモヤモヤの残る結果となってしまいました。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

« 白鳥の飛来地があって川に囲まれた島のようなところにある埼玉県川島町 | トップページ | 狭山市にある緑のトラスト保全の雑木林となでしこリーグちふれASエルファン発祥の地 »

01東久留米市」カテゴリの記事

05清瀬市」カテゴリの記事

富士塚」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

この三角山は、確か野火止用水を掘った時の土を盛った山だと、何かで聞いたことがあります。

昔は、ここの近所に釣り堀と駄菓子屋兼文房具屋があって、よく子供が集まってました。
2~30年くらい前に、両方とも店を閉め、釣り堀のスペースは工事車両の置き場に。駄菓子屋兼文房具屋は立て直しでアパートになりましたね。

その周辺だけ、鬱蒼としていて日当たりが悪いので、古びたアパートとか少々不気味な雰囲気を醸してました。
確か、参道の入り口にあったアパートは取り壊されてましたね……


新小金井街道との合流点は、開通当時、小学校前を大規模な道路が通る事に反対運動が起きて、大騒ぎになったのを覚えています。合流点から坂を下った本村小学校の前にある立派な歩道橋はその関係ですが、合流点の用水路も何かあったんでしょうかね……?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 白鳥の飛来地があって川に囲まれた島のようなところにある埼玉県川島町 | トップページ | 狭山市にある緑のトラスト保全の雑木林となでしこリーグちふれASエルファン発祥の地 »