フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 砂川堀調整池の水位監視システムとふじみ野市にある不思議なヘリポート? | トップページ | 武蔵国の総社という大国魂神社とオリンピックの自転車ロードレースコースにもなる欅並木 »

2018年12月23日 (日)

武蔵国の二ノ宮は二説あるけれど、あきる野市の二宮神社ということなのか

全国に一ノ宮、二ノ宮・・・六ノ宮とされている神社がありますが、武蔵国の二ノ宮には二説があるようです。

埼玉県児玉郡神川町にある金鑽神社と東京都あきる野市にある二宮神社です。

Img_8320_500x375

↑地名もあきる野市二宮で、JR五日市線東秋留駅すぐ近くに二宮神社はあります。

武蔵国の総社である大國魂神社が祀っている武州六社宮では、二ノ宮はこの二宮神社とされています。

総社と一ノ宮の位置付けがわかっていませんでしたが、国府近くに国内の神を合祀したものが総社です。

Img_8337_500x375

古代には各国の国司は全ての神社を一ノ宮から順に巡拝していたものを、より簡単に行えるよう、まとめて祭祀を行うようにしたものです。

二宮神社の創建は不明のようですが、古代にはこの地が多摩郡小川郷に属していたことから小川大明神と呼称されてもいたそうです。

Img_8327_500x375

平将門の乱の時は藤原秀郷が戦勝祈願したとされ、小田原北条氏の氏政から社領500石の寄付を受け、滝山城主北条氏照も崇敬したといいます。

↑本殿は江戸時代に建てられたものです。

徳川家康より代々15石の朱印を与えられましたといいます。

↓本殿の中にある宮殿は室町時代のものだといい、あきる野市指定有形文化財となっています。

Img_8328_500x375

二宮神社は延喜式内社でなく、武州六社宮の中で唯一の式外社であることから、どうやら後に別の二ノ宮説もあるようです。

ここは二宮神社並びに城跡として、東京都指定旧跡となっています。

神社東側段丘上の「御屋敷」と呼ばれる地点から、14世紀の豪族居館跡が発見されました。

Img_8321_500x375

周辺には、土塁や空堀の跡も確認されており、神社境域及びその周辺は、室町時代にこの地域に勢力をもつ豪族であった大石氏の城館であった可能性が考えられているそうです。

秋留台地の東南の端にあるため、東方の多摩川方向に向けて景色がよく見えます。

Img_8338_500x375

東南に向けても階段があり、下りて道路を渡った反対側には、「お池」があります。

豊富な湧出量を誇る清らかな湧き水で、東京都選定「東京の名湧水57選」にもなっています。

Img_8343_500x375

ここから小川も勢いよく流れ出ています。

ここも二宮神社の敷地内のようで、橋の名も社宮橋といい、奥に社宮社があります。

Img_8339_500x375

再び二宮神社本殿近くに上がると、境内敷地内に「二宮考古館」という案内板がありました。

北側の鳥居のすぐ先にあるので行ってみました。

二宮神社の関連施設かと思っていましたが、あきる野市の施設でした。

Img_8333_500x375

あきる野市内の発掘調査で出土した土器や石器を中心に約150点の考古遺物が展示されています。

珍しいことに、土器を触ることもでき、想像以上のザラザラ感が印象的です。

神社の歴史も古いのでしょうが、さらにずっと先を行っています。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

« 砂川堀調整池の水位監視システムとふじみ野市にある不思議なヘリポート? | トップページ | 武蔵国の総社という大国魂神社とオリンピックの自転車ロードレースコースにもなる欅並木 »

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626433/74818174

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵国の二ノ宮は二説あるけれど、あきる野市の二宮神社ということなのか:

« 砂川堀調整池の水位監視システムとふじみ野市にある不思議なヘリポート? | トップページ | 武蔵国の総社という大国魂神社とオリンピックの自転車ロードレースコースにもなる欅並木 »