フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 武蔵国の二ノ宮は二説あるけれど、あきる野市の二宮神社ということなのか | トップページ | 国指定史跡の武蔵国府跡で見るVRとオリンピックロードレースの最初の10キロの意味 »

2018年12月30日 (日)

武蔵国の総社という大国魂神社とオリンピックの自転車ロードレースコースにもなる欅並木

神社としての、総社と一ノ宮の違いがわかっていませんでしたが、前回に武蔵国の二ノ宮について調べている中で理解しました。

その武蔵国総社である大国魂神社に行ってきました。

Img_8351_500x375

府中市にあり、この「府中」という地名は、奈良・平安時代に武蔵国の国府が置かれたことに由来します。

↑大鳥居は高さ10メートル、重さは95トンあり、御影石製としては日本一だそうです。

参道を進むと右手に手水舎がありますが、千鳥破風の屋根、獅子や龍、獏や鳳凰等の彫刻が素晴らしい明治30年に完成したもので、場所はここに移築されたようです。

Img_8353_500x375

その先には随神門があり、左右に随神像が納められています。

平成23年の「大國魂神社御鎮座壱千九百年事業」として改築されたものです。

1900年間とは驚きですが、社伝によれば、景行天皇41年(111年)5月5日、武蔵国の護り神として大国魂大神を祀ったのがこの神社の始まりとされています。

Img_8355_500x375

国産の檜で製作され、屋根は銅板葺き、木造の門としても希に見る大きさといいます。

正面からだと、正月に向けた飾りつけがあるためかよく見えませんが、内側から見たほうが、形状がよく分かります。

Img_8373_500x375

左右には恵比寿と大黒、かと思いきや大国が納められています。

大国魂大神を祀っているのですから、大国様です。

Img_8356_500x375

↑続いて、中雀門があります。

さらにその奥には拝殿がありますが、こちらは明治18年に改築したもので、その後昭和53年に改修されたそうです。

Img_8358_500x375

拝殿正面には「総社六所宮」の扁額もあります。

この拝殿もそうですが、神社の建築物は正面よりも斜めから見た方が、美しさが際立ちます。

Img_8370_500x375

さらに、続いて本殿も見てみましょう。

本殿は東京都指定有形文化財となっていますが、構造上正面から見ることができません。

Img_8368_500x375

現在の本殿は四代将軍徳川家綱の命により寛文7年に完成したもので、その後慶応3年と昭和40年に修理を行っていますが、建立当時のままの形を残しています。

裏側にまわって見てみます。

Img_8367_500x375

室町時代末期の神社建築と三殿一棟の特異な構造形式は遺例が少なく、珍しいそうです。

本殿の後ろには御神木である大イチョウがあります。

この日は、まだギリギリで黄葉がまだ残っていました。

Img_8363_375x500

木といえば、最初の大鳥居の写真の左側に写っているケヤキは樹齢約600年だそうです。

府中駅から歩いてくると、旧甲州街道前の大國魂神社大鳥居までケヤキ並木が続いていました。

この並木は、源頼義・義家の父子が奥州征伐(前9年の役、1051~62年)の途中、この神社に戦勝を祈願し、凱旋時に欅の苗木1000本を奉樹したのが発端ということです。

Img_8348_500x375

↑駅からの途中には、源義家の像があります。

さすがにその当時の欅はもうありませんが、徳川家康が江戸入城(天正18年、1590年)し、1603年江戸開幕を行い、それを祝して慶長年間(1596~1614年)に欅並木に補植し、また関ヶ原・大阪両陣の奉賽のため両側に馬場を寄進したといいます。

欅並木は府中駅からさらに北に向けても続いており、長さは700メートルもあり、国指定天然記念物となっています。

Img_8345_500x375

そしてなんと、この並木道は2020年7月25日、26日に開催される東京オリンピックの自転車競技ロードレースのコースにもなっています。

武蔵野の森公園をスタートし、富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町)がゴールということですから、男子244km、女子147kmという長距離です。

ここも通るとは驚きましたが、その日にはどこかで見てみたいものです。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

« 武蔵国の二ノ宮は二説あるけれど、あきる野市の二宮神社ということなのか | トップページ | 国指定史跡の武蔵国府跡で見るVRとオリンピックロードレースの最初の10キロの意味 »

神社」カテゴリの記事

コメント

並木道から大国魂神社の中を通る予定のようですね

Manohiroと申します。
ブログランキングから訪問させて頂きました。

おめでとうございます。

良い一年をお過ごしください。

今後も訪問させていただきます。

よろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 武蔵国の二ノ宮は二説あるけれど、あきる野市の二宮神社ということなのか | トップページ | 国指定史跡の武蔵国府跡で見るVRとオリンピックロードレースの最初の10キロの意味 »