フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 安積発祥の地といえる安積国造神社で進みゆく紅葉を見る | トップページ | 三春滝桜の子孫樹とやっと見つけた都立中藤公園の入口とデエダラまつりの元 »

2018年11月18日 (日)

これまで知らなかったのに地図にある都立中藤公園を目指して探検気分の山歩き

多摩湖の南西側となる狭山丘陵の中央南部辺りに、Googleマップを見ると「東京都立中藤公園」との表示があります。

もっと西に東京都立野山北・六道山公園があることは知っていましたが、中藤公園は初めて聞いた名前です。

Img_8180_500x375

↑ゆったりした田園風景も見られる住宅街を東西に通るこの道路から、地図を見ると公園や池のある北に向けて道があります。

「この先行き止まり」との看板表示されていますが、おそらく自動車のことで、徒歩では通れることでしょう。

Img_8182_500x375

↑この道の入口には、狭山丘陵の緑地があるためか、東京都水道局の「中藤水源」がありました。

進むとすぐに道路は狭くなり、山道となります。

Img_8183_500x375

ちょっとした探検気分です。

気温も少し低くなった気がします。

やがて左手に「魚つり禁止」と書かれていますから、気付きませんでしたがここに池があるようです。

Img_8184_500x375

池は南北に2つに分かれているようで、その間から見てみると水はほとんどありません。

魚釣りどころか魚が居なさそうです。

歩いていると、引っ切りなしに耳元で虫の羽音が聞こえてくるのですが、これがハチなのか、叩いていい虫なのか分からないのが困りました。

Google マップではこの辺に東京都立中藤公園と表示されているのですが、公園らしさは感じられません。

↑Yahoo!マップでは「中藤公園」との表示です。

先程の魚つり禁止は武蔵村山市の名前でした。

やがて、かなり前に見たことのある景色に出会いました。

Img_8187_500x375

↑トンネルだらけの不思議な自転車道の赤坂トンネルです。

6年半前に来ました。

自転車道はここで終点ですが、100メートルほど北に行くと別世界が広がっていたはずです。

Img_8189_500x375

↑しかし、台風の影響でしょうか、倒木のため行けなくなっていました。

この先は人があまり行かず、特に前に来たのは季節も春だったせいか、蝶が飛び交い、ウグイスの声が聞こえる素晴らしい場所でした。

ところで、場所は分かったものの結局のところ都立公園らしさがありません。

Kouen

↑公園HPを見ると、計画のごく一部しか出来ていないようです。

赤坂トンネルより向こう側に中藤公園の開園部分があるようですから行ってみました。

この自転車道は、多摩川の水をひいて多摩湖(村山貯水池)、狭山湖(山口貯水池)を作る時に資材等を運ぶ軽便鉄道羽村山口線の跡地です。

Img_8190_500x357

↑トンネル内には地下水が浸み出していて、時々ポタポタ垂れて来ていましたが、それを防ぐためポリカーボネートで覆われています。

ちょっと不思議な空間にいる感じになります。

Img_8191_500x375

赤坂トンネルを抜けると、道路や住宅もあるところに出ます。

↑ここにある番太池には水はありますが、ここでも木が倒れていました。

Img_8193_500x375

↑この池から自転車道を挟んだ向かい側には狭い小川がありますが、ホタルが生息しているようです。

やはり水が豊富だしキレイなのでしょう。

次の御岳トンネルの手前でも、やはり倒木の影響でしょうか、フェンスが一部壊れていました。

Img_8195_500x375

御岳トンネルでもコンクリートから水が滲み出ていましたが、赤坂トンネルほど重症ではないのか、そのままです。

このトンネルの上に開園した中藤公園があるはずです。

Img_8196_500x375

でもトンネルを抜けても接続道が見当たらないので、次の赤堀トンネルの向こう側まで行って、遠回りでも周辺の道路を歩き回って中藤公園を探すこととしました。

別にそうまでして探す必要性もありませんが、何となく気になるので行ってみます。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

« 安積発祥の地といえる安積国造神社で進みゆく紅葉を見る | トップページ | 三春滝桜の子孫樹とやっと見つけた都立中藤公園の入口とデエダラまつりの元 »

07武蔵村山市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 安積発祥の地といえる安積国造神社で進みゆく紅葉を見る | トップページ | 三春滝桜の子孫樹とやっと見つけた都立中藤公園の入口とデエダラまつりの元 »