フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 新青梅街道からイオンモール東久留米に真っ直ぐ行ける道がようやく開通しそうになってきた | トップページ | 東大和市にある都内最古で唯一の室町時代に建立された豊鹿島神社は都指定文化財 »

2018年5月27日 (日)

くじら橋という名前がピッタリな土木学会田中賞も受賞した橋とみはらしの家

稲城市の稲城中央公園は通常イメージする公園というよりは、グラウンドや体育館などが多数ある運動公園です。

この入口にはクジラの親子の像があります。

Img_7647_500x375

何でだろうと思いましたが、このすぐ近くに「くじら橋」があるからのようです。

南多摩尾根幹線を跨ぎ、稲城中央公園の総合グラウンド側と、かつての稲城第二公園と言っていた野球場側を繋ぐ歩道橋です。

Img_7649_500x375

1997年(平成9年)に竣工しました。

この橋は技術的にも 難度の高いプレストレストコンクリート構造物で、優れた技術と特色、美観を有すると認められ、土木学会田中賞を受賞しています。

Img_7653_500x375

歩道橋と言いながらも、幅員は広い所では24.4mm、狭い所でも16.8mもあります。

橋上から植込み越しで見づらいですが、東方向には東京都心部が見渡せます。

Img_7654_500x375

西向きにも多摩丘陵を見ることができますが、南多摩尾根幹線は何と言っても中央分離帯の広さが印象的です。

Img_7656_500x375

近くにある交差点の名前も「くじら橋」です。

地元の小学生からの公募で命名されたといいますが、本当に子供らしいいいセンスです。

下から見てみるとよくわかります。

Img_7673_500x375

↑橋の下部が、あたかもクジラの胴体を想像させる曲線となっていて、ピッタリのネーミングです。

くじら橋は、橋の下部がすべて曲面で構成されているということで、大げさに言えば芸術作品のようにも感じられます。

Img_7674_500x375

橋梁形式は「PC単径間固定式門型ラーメン橋」というものです。

橋長107m、支間は100.5mということで、この形式では日本最大だそうです。

橋を渡った先にある野球場の周りを半周するとある歩道橋は、「ホームラン橋」という名前でした。

Img_7660_500x375

こちらは狭い普通の橋ですが、やはりいいネーミングです。

グーグルマップを見ると、近くに「みはらしの家」というのもあって、これも面白いところかと思い見に行ってみました。

Img_7662_500x375

しかし、こちらはマンションの名前だったようです。

Img_7665_500x375

確かに、見晴らしは良さそうです。

まあこの辺りの高層マンションはどこも見晴らしはいいでしょうから、これもネーミングの成功事例でしょうか。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

« 新青梅街道からイオンモール東久留米に真っ直ぐ行ける道がようやく開通しそうになってきた | トップページ | 東大和市にある都内最古で唯一の室町時代に建立された豊鹿島神社は都指定文化財 »

土木」カテゴリの記事

10南多摩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新青梅街道からイオンモール東久留米に真っ直ぐ行ける道がようやく開通しそうになってきた | トップページ | 東大和市にある都内最古で唯一の室町時代に建立された豊鹿島神社は都指定文化財 »