フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 渋谷にあると思えないほど土偶や埴輪や土器がいっぱいで静かな環境の國學院大學博物館 | トップページ | そばの一大生産拠点だったという中野にある石臼塚と醤油醸造所のレンガ塀 »

2018年2月18日 (日)

枕草子にも出てくる堀かねの井の本命なのか、堀兼神社の堀兼の井

古くから和歌に詠われる「ほりかねの井」ではないかと言われる狭山市北入曽にある「七曲井」は昨年5月に行きました

同じ狭山市内で2kmほど東に離れたところに、その名も「堀兼の井」があります。

しかも、地名も「堀兼」で堀兼神社の敷地内にあるといいます。

Img_7246_500x375

道路から一歩中に入ると、趣きのあるいい雰囲気です。

神社の敷地内はどこも空気が凛としています。

まず隋身門、両側には二神像があります。

Img_7249_500x375

この創建は不明のようですが、万延元年(1860年)に神像を塗り替えたという記録があるので、少なくとも江戸時代後期までは遡れます。

建造物として狭山市指定文化財です。

Img_7252_375x500

↑門をくぐり階段を上って行くと本殿があります。

社伝によれば、日本武尊が東国平定の際、水がなく苦しむ住民を見て、富獄(富士山)を遥拝し、井戸を掘らせたところ水を得ることができたため、浅間社を祭ったとのことです。

Img_7253_500x375

↑本殿の傍らにある説明表示板にも、堀兼神社(富士浅間社)と書かれていました。

Img_7256_500x375

↑下に戻ってみると、この社殿に上ってくる階段はもう一つありました。

こうして見ると富士塚のようにも見えます。

Img_7255_500x375

↑その通りで、このもう一つの登り口の手前には、下浅間神社があります。

しかも、下には「一合目」という表示もあります。

Img_7257_500x375

↑登り道の途中には小御嶽神社があり、やはり「五合目」との杭があります。

現在では堀兼神社となっていますが、かつては浅間社だったようです。

それでは、そろそろ堀兼の井を見てみましょう。

Img_7259_500x375

↑本殿のある高い位置から下に見ることができます。

直径7.2m、深さ1.9mの井戸の中央には石組の井桁がありますが、現在は大部分が埋まっており、その姿がかつてどのようであったかは不明です。

実は、江戸時代には既にこの井戸は埋まっており、水も湧いていない状態だったといいます。

Img_7263_500x375

↑下に行き、アップで見てみます。

これを知った川越町奉行の長谷川源右衛門は、慶安3年(1650年)に新田として開発された堀金(兼)村の誕生に合わせ、井戸を掘り返して再び水が湧くようにし、さらに浅間宮を建立したといいます。

明治維新後は堀兼井浅間社と言われており、その後、村社となり堀兼神社となったそうです。

Img_7262_500x375

まず、平安時代前期の女流歌人である伊勢により、「いかでかと思ふ心は堀かねの井よりも猶ぞ深さまされる」の1首が詠まれました。

清少納言の『枕草子』にも、「井は堀兼の井。走井は逢坂なるがをかしき。山の井。さしも浅きためしになりはじめけん。」とあり、天下の第1位に「ほりかねの井」を挙げています。

他にも、紀貫之、藤原俊成、西行の歌にも詠まれています。

Img_7267_500x375

↑この左奥に堀兼の井が、正面奥の小山の上に堀兼神社社殿があります。

それでは、京の都でも有名となって詠まれた「ほりかねの井」は、この堀兼の井なのか七曲井なのかが問題となります。

既に江戸時代後期からも話題となっていたようで、「新編武蔵風土記稿」でも、「ほりかねの井」と称する井戸跡は武蔵野各地に残っており、どれを実跡とするかは定めがたいとあります。

Img_7242_500x375

↑堀兼神社の南側は堀向農村公園となっており、農村総合整備モデル事業で作られたようです。

神社北側は堀向農業研修施設という建物もありました。

周囲には農地が多くありますから、古くから地元と密着した神社なのでしょう。

この周囲には畑が多くあり、しかもその北側には広い雑木林が広がっています。

Img_7241_500x375

雑木林79.1haが埼玉県により「ふるさとの緑の景観地」として指定されているようです。

あの東京狭山線を走ったことのある方はわかると思いますが、道の両側に木々が鬱蒼と生い茂っているところです。

道路は貫通しましたが、周囲のこうした環境は保全してほしいものです。

ところで、堀兼の井は埼玉県指定有形文化財の旧跡、七曲井は埼玉県指定有形文化財の史跡となっていました。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

« 渋谷にあると思えないほど土偶や埴輪や土器がいっぱいで静かな環境の國學院大學博物館 | トップページ | そばの一大生産拠点だったという中野にある石臼塚と醤油醸造所のレンガ塀 »

51埼玉県」カテゴリの記事

富士塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626433/72942590

この記事へのトラックバック一覧です: 枕草子にも出てくる堀かねの井の本命なのか、堀兼神社の堀兼の井:

« 渋谷にあると思えないほど土偶や埴輪や土器がいっぱいで静かな環境の國學院大學博物館 | トップページ | そばの一大生産拠点だったという中野にある石臼塚と醤油醸造所のレンガ塀 »