フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 新府中街道のJR中央線との交差部分の開通効果とオーバーパスの陸橋への疑問 | トップページ | 交差点名にもなっているネオポリスやフラワーヒルとは何なのか確認しに行く »

2017年12月31日 (日)

1000円食べ放題もある大宮花の丘は一般廃棄物最終処分場の跡地にあるが親水広場やビオトープの水はどこから

東京23区に住んでいれば、家庭から出たゴミは清掃工場で焼却した後、その灰は東京湾に埋め立てられます。

ところが、東京多摩地区のように海に面していないところでは、各市が協力して日の出町のような山に埋めなくてはいけません。

さいたま市ではさらに山も無いため、平地に埋めて処分しているようです。

Img_6984_500x375

その一般廃棄物最終処分場の跡地が公園となっているようなので行ってみました。

合併前の大宮市だった頃からのもののようで、「大宮花の丘」、正式には「大宮花の丘農林公苑」といい、11haもの広さがあります。

平成2年の大宮市制施行50周年記念事業として整備されました。

↑長さ245.5mで幅24mもあるジャブジャブ池という親水広場が中心部にあり、夏休み期間中には子どもたちが水遊びできるように水が流れているようです。

Img_6989_500x375

花の丘という名の通り、季節の様々な花の咲くところのようですが、年末の寒い時期なので咲いている花が無いようです。

↑花畑立ち入り禁止の文字が物悲しく感じられます。

↓休耕田のような花畑の中、一瞬、埴輪かと思いましたが、植木鉢で作った人形があります。

Img_6995_500x375

花畑は6.5haもの面積となっています。

ビオトープもあり、長さは394.5m、幅24mだそうです。

Img_6993_500x375

こちらは当然に水があり、水質浄化のためでしょうか、水を攪拌している様子も見られます。

↓中央辺りには船?が通れるようにだか、跳ね上げ橋があります。

ところで、考えてみると、ここは廃棄物処分場跡地なので水質そのものはどうなのでしょうか。

Img_6991_500x375

さいたま市の公式サイトを調べてみましたが、環境広場、うらわフェニックス、高木第二処分場、間宮埋立完了地については処分場跡地の水質等のデータは載っていましたが、ここのものはありませんでした。

さらに大宮市の清掃事業の歴史を調べてみると、ここ西新井で埋め立てが行われていたのは、昭和49年(1974年)から55年(1980年)までとかなり前のことで、表現方法も「ごみの埋め立て」と書かれています。

もしかすると焼却せずに直接ごみを埋めていた頃かもしれませんが、わかりません。

Img_7001_500x375

↑ビオトープの北端の橋は眼鏡橋となっています。

まだ当時は、規制もあまりなかった頃ですから、ちょっと心配になります。

公苑に設置してある案内地図にある説明によると、このビオトープの水質は「浅間川の河川水を浄化し循環方式」と書かれていました。

早速グーグルマップを見てみると、この前後に川らしき流れがあるので、それが浅間川のようですから、ちょっと見に行きました。

Img_6999_500x375

↑大宮花の丘は北から南へ向けて長細い形の敷地となっていますが、その北西から浅間川は流れてきて、公苑の手前で暗渠となっています。

↓公苑敷地の南東側で再び外に出てきて、この先では鴨川へ合流していきます。

水はあるのですが、あまり流れているという感じではありません。

Img_7049_500x375

↓案内地図を見てみると、浅間川の水流の位置と思われるところにビオトープは整備されているようです。

まあ、廃棄物埋め立ては40年近く前の話だし、ビオトープに人が入るわけではないので、水質を気にすることもないのでしょうか。

ところで、この案内地図によると、親水広場の水質は「水道水を循環方式」と書かれています(クリックすると拡大します)。

Img_6974_1024x768

でも、指定管理者である公益財団法人さいたま市公園緑地協会のサイトには、親水広場は「井戸水を利用した施設です。泳ぐことは出来ません」とあります。

ちょっと、よくわかりません。

そういえば、花畑の面積も案内地図の6.5haとあったのですが、協会のサイトでは3.3haとなっています。

Img_6981_500x375

↑話は変わりますが、この公苑内には「花の食品館」があり、1階は野菜直売所、2階はレストランとなっています。

ただし、営業日はどちらも毎日ではなく、1階は水、土、日、祝日で、2階は水〜日、祝日となっています。

Img_7010_500x375

↑2階のレストランでは土日、祝日限定で食べ放題メニューがあるようです。

料金は1000円ということですから、かなりお得です。

私は金曜日に行ったので残念ながらこの体験はできませんでしたが、平日でもカレーライスやオムライス、そばなどのお得な500円ワンコインメニューもあります。

ただし、年始は1月9日まで休みのようです。

Img_7012_500x375

↑六角形の建物の2階にありますから、日当たりも良く、いい景色です。

ただし、この寒い季節には暖かくていいですが、夏は西日の当たるので暑いかもしれません。

ところで、花の丘なのに花を見ることが出来なかったのですが、唯一咲いている花がありました。

Img_7054_500x375

↑ビオラといい、12月20日から5月25日までと長い期間咲いているようで、この公苑で咲くという花暦があったので見てみると、12月と1月に咲く唯一の花のようです。

この花のあるところは、敷地南側の和風園地の隣なのですが、ここにも水が流れていないので、日本庭園のようには感じられませんでした。

Img_6976_500x375

いいところですから、たくさんの花の咲いているところを見たかったものです。

まあ、勝手に花のないシーズンに来たのですから、文句を言っても仕方がないのでしょう。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

« 新府中街道のJR中央線との交差部分の開通効果とオーバーパスの陸橋への疑問 | トップページ | 交差点名にもなっているネオポリスやフラワーヒルとは何なのか確認しに行く »

51埼玉県」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
廃棄物埋め立て跡地を公園として活用していて
花の咲く季節には多くの人たちが楽しむことと思います。
季節ごとに花巡りしたい場所ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626433/72580619

この記事へのトラックバック一覧です: 1000円食べ放題もある大宮花の丘は一般廃棄物最終処分場の跡地にあるが親水広場やビオトープの水はどこから:

« 新府中街道のJR中央線との交差部分の開通効果とオーバーパスの陸橋への疑問 | トップページ | 交差点名にもなっているネオポリスやフラワーヒルとは何なのか確認しに行く »