フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 200年前の文化文政に築かれた清瀬市中里の富士塚は都指定文化財にもなっており登ってみる | トップページ | 彩の国 音かおりの里は木々の音や鳥の声を聴けるいいところだがちょっと古くなっているかも »

2017年10月22日 (日)

さいかち窪と黒目川最上流部の台風21号直撃前の秋雨前線の影響による大雨の状況を確認に行く

月曜日には最高気温が14.3℃と10月中旬の東京としては46年ぶりの寒さで、木曜日には最低気温が9.9℃という同じく31年ぶりの記録、さらに正午でも11.1℃と非常に寒い日でした。

その週末に今度は、超大型で非常に強い台風21号が関東を直撃しそうで、今晩(10月22日日曜日)の深夜から未明に東京地方は大雨で強風に注意が必要という天気予報です。

その台風21号が秋雨前線を刺激しているようで、既に日曜日の朝から夕方までずっと強い雨が降っています。

Img_6776_500x375

これだけの大雨なら、さいかち窪は水が湧くというよりも水が貯まっているはずです。

大雪の時には水が流れているかと見に行ったのに無かった水の流れが、今日の夕方にはありました。

この奥の方がさいかち窪で、手前に向けて水は流れています。

小平霊園内の雑木林の奥に向かい、さいかち窪まで行こうかとも思いましたが、この水流の左側の通路というか踏み分け道も川のように水が流れており進めません。

Img_6775_500x375

しかも、あんな寒い日が数日前にあったにも拘らず、写真を撮るほんの短時間で蚊に何カ所も刺されてしまい意気消沈です。

↑諦めて下流方向を見れば、新青梅街道の下に向けて水が流れていきます。

この先で道路排水の水が合流しているのですが、時折冠水するほど多くの道路上の水が流れ込むと、あの狭い黒目川最上流部は氾濫が心配です。

Img_6773_500x375

↑新青梅街道を渡ってみると、やはりすごい勢いで水が入って来ます。

さいかち窪からの水流からは大分増えています。

ここからは自然に配慮した川づくりが行われているため、通常の都市河川のような広い川幅で整備されてはいません

Img_6771_1024x768

↑案内図(クリックで拡大)の⑤の辺りから下流は広い川幅となっていますから心配ありません。

さいかち窪や柳窪天神社では、湧水もたまにしか見られないため、最上流部は枯れていることが多いくらいです。

Img_6769_500x375

↑200mほどは公園となっていますが、その途中の民有地からは流れ込む水によって「小さな滝」ができていました。

そのお宅への橋のすぐ下まで水位があり、その橋さえも水が溜まり川のようです。

Img_6768_500x375

この先の下流にも見に行きます。

公園を出た先の越処橋から先は少し石垣が高めに作ってあるようです。

Img_6765_500x375

次の長福橋からは再び水面からの余裕が無くなっています。

Img_6762_500x375

しかし、この先は柳窪天神社周辺の緑地保全地域のところです。

「黒目川上流域親水化事業」として整備されており、最上流部は「保全ゾーン」として、良好な緑地環境を保全しつつ整備されることとなっています。

天神社の東京の名湧水57選の表示のあるところも、水が湧くというよりは水が周囲から流れ込んでいます。

Img_6760_500x375

その先の天神橋からはこの道からの道路排水が、さらに流量が増えて流れ込んでいます。

ここから次の三方橋までの遊歩道は舗装されていないので、歩ける雰囲気ではありません。

Img_6756_500x375

今後はこうして見に来るために長靴を買うべきでしょうか。

この先の右岸は雑木林ですが、左岸には住宅もあり心配です。

次の東久留米市立第十小学校前の橋から上流を見る限りは大丈夫のようです。

Img_6755_500x375

この十小から下流は水の流れが周囲の土地よりかなり低い所となっています。

Img_6752_500x375

また、この先からは黒目川の川幅も大分広く整備されています。

ただし、今晩遅くなってさらに雨量は増すといいますから、心配ではあります。

しかし、さすがに深夜には見にいくことはできないでしょう。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

« 200年前の文化文政に築かれた清瀬市中里の富士塚は都指定文化財にもなっており登ってみる | トップページ | 彩の国 音かおりの里は木々の音や鳥の声を聴けるいいところだがちょっと古くなっているかも »

01東久留米市」カテゴリの記事

川の源泉」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。3年連続で湧き出しましたね。それも凄い大量です。なんと既に22日の日中から流れはあったんですか。昔に比べると湧き出しやすくなりましたから、地下水の環境に変化があるのかもしれませんね。

ご無沙汰しております。湧き出し始めは凄い水量だったんですね。
今年は水量が多くおどろきです。貴重な画像をありがとうございました。

武蔵野台地調査隊さん、コメント2回も有難うございました。

確かに、台風が2週連続で来たし、小平霊園も道路排水の
工事を順次進めているようですから、それをさいかち窪に
流すようになっている影響でしょうか。
昨日も見に行ったら、すごい水量が続いていてびっくりです。

コメント連投になりすみません。霊園の道路排水の整備をしているならその影響はありそうですね。
ただ、上流端の土管からは、湧き出しから2週間たってもまだ大量に水が来ていました。
この水の出どころがきになりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626433/72031418

この記事へのトラックバック一覧です: さいかち窪と黒目川最上流部の台風21号直撃前の秋雨前線の影響による大雨の状況を確認に行く:

« 200年前の文化文政に築かれた清瀬市中里の富士塚は都指定文化財にもなっており登ってみる | トップページ | 彩の国 音かおりの里は木々の音や鳥の声を聴けるいいところだがちょっと古くなっているかも »