フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月29日 (日)

彩の国 音かおりの里は木々の音や鳥の声を聴けるいいところだがちょっと古くなっているかも

またまた地図を見ていて気になった「彩の国 音かおりの里」というところに行って来ました。

大宮駅から西へ2.5kmほどのところで、さいたま市大宮区の境界から西区に入ったところになります。

北の方から向かい入口を探しましたが、大宮西高校グラウンドに面した南側にありました。

Img_6728_500x375

↑撮影した角度が悪く、「か」が抜けて「彩の国音おりの里」となってしまいました。

1997年に隣の「さいたま市鴨川みずべの里」とともに公園となっており、こちらは名称に「彩の国」とついているように、埼玉県が設置したもので、管理はさいたま市がしているようです。

音やかおりに親しむことにより、身の回りで発生する騒音や悪臭について考えてみようという目的があるそうです。

Img_6730_1024x768

↑(クリックすると拡大します)自然の音とかおりの小さな博物館とも書かれています。

まず、「かおりの花の広場」がありますが、強い雨が降り、風も強いせいか、あまり四季の花のかおりは感じることができませんでした。

Img_6749_500x375

↑次に「かおりの音の家、水底のベンチ」があります。

ここには屋根があり、木の筒でできた音具があるはずなのですが、壊れてしまっているのか音はしていません。

雨の音も聞けるということですが同じで、雨も風は強いのに残念です。

Img_6733_500x375

↑「ささやきの壁」といい、手前の半径4m長さ8mの小さい円弧と奥の半径30m長さ50mの大きい円弧があり、端でささやいた声が反対の端で聞こえるというもので、大きさによる違いを試せるようになっています。

子どもが楽しく学べるように作られているのでしょうけれど、非常に寒い雨の日ですので子どもはいませんでした。

Img_6737_500x375

↑長い壁の円弧の中心点には足形の石があり、ここで壁に向かって手を叩くと、反射音がよく聞こえます。

壁との間にあるのは「足音のみち」といい、木の板や金属の板の上を歩いて、音の違いを感じられるようになっています。

Img_6736_500x375

この道の途中にある椅子は「聞き耳のイス」といい、ここの他にもいくつか設置されていて、回転式でいろいろな方向を向くことができ、座ると耳の後ろの部分に集音板が付いています。

これにより、水辺で休む鳥たちの声が聞けると書かれていますが、ちょっと不思議です。

続きを読む "彩の国 音かおりの里は木々の音や鳥の声を聴けるいいところだがちょっと古くなっているかも" »

2017年10月22日 (日)

さいかち窪と黒目川最上流部の台風21号直撃前の秋雨前線の影響による大雨の状況を確認に行く

月曜日には最高気温が14.3℃と10月中旬の東京としては46年ぶりの寒さで、木曜日には最低気温が9.9℃という同じく31年ぶりの記録、さらに正午でも11.1℃と非常に寒い日でした。

その週末に今度は、超大型で非常に強い台風21号が関東を直撃しそうで、今晩(10月22日日曜日)の深夜から未明に東京地方は大雨で強風に注意が必要という天気予報です。

その台風21号が秋雨前線を刺激しているようで、既に日曜日の朝から夕方までずっと強い雨が降っています。

Img_6776_500x375

これだけの大雨なら、さいかち窪は水が湧くというよりも水が貯まっているはずです。

大雪の時には水が流れているかと見に行ったのに無かった水の流れが、今日の夕方にはありました。

この奥の方がさいかち窪で、手前に向けて水は流れています。

小平霊園内の雑木林の奥に向かい、さいかち窪まで行こうかとも思いましたが、この水流の左側の通路というか踏み分け道も川のように水が流れており進めません。

Img_6775_500x375

しかも、あんな寒い日が数日前にあったにも拘らず、写真を撮るほんの短時間で蚊に何カ所も刺されてしまい意気消沈です。

↑諦めて下流方向を見れば、新青梅街道の下に向けて水が流れていきます。

この先で道路排水の水が合流しているのですが、時折冠水するほど多くの道路上の水が流れ込むと、あの狭い黒目川最上流部は氾濫が心配です。

Img_6773_500x375

↑新青梅街道を渡ってみると、やはりすごい勢いで水が入って来ます。

さいかち窪からの水流からは大分増えています。

ここからは自然に配慮した川づくりが行われているため、通常の都市河川のような広い川幅で整備されてはいません

Img_6771_1024x768

↑案内図(クリックで拡大)の⑤の辺りから下流は広い川幅となっていますから心配ありません。

さいかち窪や柳窪天神社では、湧水もたまにしか見られないため、最上流部は枯れていることが多いくらいです。

Img_6769_500x375

↑200mほどは公園となっていますが、その途中の民有地からは流れ込む水によって「小さな滝」ができていました。

そのお宅への橋のすぐ下まで水位があり、その橋さえも水が溜まり川のようです。

Img_6768_500x375

この先の下流にも見に行きます。

続きを読む "さいかち窪と黒目川最上流部の台風21号直撃前の秋雨前線の影響による大雨の状況を確認に行く" »

2017年10月15日 (日)

200年前の文化文政に築かれた清瀬市中里の富士塚は都指定文化財にもなっており登ってみる

富士山は古くから信仰対象の山であり、江戸時代中期には富士山登拝が盛んだったといいます。

当然、電車や自動車のない時代ですから、実際の富士登山は日程的にも経済的にも厳しいし危険でもあることから、代わりに各地に富士塚が築かれました。

Img_6641_500x375

清瀬市中里にある富士塚は、東京都指定有形民俗文化財になっています。

時代としても、まさに文化文政年間(1804年〜1830年)の築造と考えられていますから、もう200年程前のこととなります。

Img_6645_500x375

北側の鳥居を潜ると、登山道が九十九折にあります。

ここでは今でも富士登山や火の花祭りなどの講行事が継続されており、こちらは無形民俗文化財に指定されています。

途中、一合目から九合目までを記した小さな石柱があります。

Img_6646_500x375

↑登山していくと、やがて頂上が見えてきました。

江戸時代の後、明治7年(1874年)に2m程かさ上げされ、現在の高さは約9mだそうです。

九合目まで来ると山頂が見えます。

Img_6654_375x500

山頂には文政8年の石祠と、大日如来を刻む石碑があります。

この石祠は富士山頂の「仙元大菩薩」の社をかたどったものだそうです。

石祠にある文政8年(1825年)に築かれたのかと思いますが、この年に再築したという伝承があるので、文化文政年間築というように明確にはなっていないようです。

山頂からの景色を見てみます。

続きを読む "200年前の文化文政に築かれた清瀬市中里の富士塚は都指定文化財にもなっており登ってみる" »

2017年10月 9日 (月)

豊洲市場は敷地が広く一つの建物はとてつもなく大きいが、何もない空間もある

臨海副都心から自転車で豊洲市場に向かっていき、南側から新しく出来た富士見橋を渡ると、豊洲埠頭の敷地となります。

新しい豊洲市場の巨大な建物が見えてきます。

まず、右側に見えるのが「水産卸売場棟」です。

Img_6694_500x375

マグロなどの水産物のせりをはじめとした取引が行われる場所です。

ここでは、見学者用デッキからマグロのせりを間近で見られるようになるといいます。

建築面積約49000㎡、延床面積約125000㎡、5階建です。

Img_6695_500x375

↑道路を挟んで、豊洲埠頭の先端部は公園になっています。

埠頭全体をぐるっと囲むように、「豊洲ぐるり公園」として整備されています。

まだ、市場の建物の周囲には入れないので、ぐるりできませんが、敷地面積は約8.5haで、平成29年7月7日に一部開園しています。

Img_6697_500x375

↑西に向けては東京湾となっていますから、レインボーブリッジがよく見えます。

↓公園の隣にあるのが、「水産仲卸売場棟」で、水産の仲卸店舗が集まる、豊洲市場で一番大きな建物です。

ここは、街の魚屋、寿司屋などが、水産物を仕入れに来る場所です。

Img_6699_500x375

建築面積約70000㎡ 、延床面積約177000㎡ 、5階建です。

建築面積だけで7haですから巨大な建物です。

Img_6702_500x375

↑まず最初に裏側を見た、道路を挟んだ向かい側の「水産卸売場棟」ももちろん巨大です。

これらの建物に謎の「地下空間」があると話題になりましたが、この大きさの建物を間近で見ると、地下ピット(地下空間)なしでこの建物が建つわけないなと感じられます。

その隣にあるのは「管理施設棟」です。

Img_6701_500x375

東京都や各事業者の事務所をはじめ、都のPRルームや飲食店などが入ります。

建築面積約5500㎡ 、延床面積約24000㎡ 、6階建です。

十分に大きい建物なのですが、他の建物が巨大すぎるので小さく感じられます。

Img_6703_500x375

↑水産仲卸売場棟のところに豊洲市場の正門と書かれていました。

↓閉鎖されていますが、中は当然に整備されています。

東京都により9月に地下ピットの床のコンクリート敷設工事の入札が行われましたが、4件では「1社入札」だったので、新たな方針により再入札となり、工事完了予定も来年6月上旬から遅れそうということです。

Img_6704_500x375

この水産仲卸売場の端には、地下ではなく地上に不思議な空間があります。

続きを読む "豊洲市場は敷地が広く一つの建物はとてつもなく大きいが、何もない空間もある" »

2017年10月 1日 (日)

橋台、橋脚が早くも完成した東所沢の東京狭山線工事とおいしい珈琲が飲める店

弊ブログでは何回か話題としてきている、都道と埼玉県道である練馬所沢線となる東京狭山線(新東京所沢線)の東所沢周辺の工事進捗の様子を見に行きました。

国道16号線の狭山市から所沢方面に向かう片側2車線の広い道路なのに、東所沢のところで行き止まりになって東京都につながっていないあの道です。

Img_6672_500x375

↑空堀川と柳瀬川の合流する小金井街道の清瀬橋方面、つまり東京都側から行ったのですが、平成28年ゴールデンウィークからは1年半しか経っていないというのに、驚くほど工事は進んでいました。

20mもの高低差がある地形のため、橋梁及び堀割形式で整備しているのですが、この舗装された面の奥に向かって橋梁として上に上がっていく設計です。

ちなみに、左に見える道は下り方面が渋滞している小金井街道です。

Img_6662_500x375

↑行けるところまで近づいてみると、掘割部分のボックスカルバートは出来上がっているようで、向こうの東所沢側が見通せるようになっています。

橋梁部分の橋台や橋脚も出来ています。

途中にいくつかこの計画道路を横断する道があるので、近くに行って見ることにします。

Img_6665_500x375

↑アップで見ると、やはり7%の勾配の道路を下側から支える橋台は頑丈そうなものです。

前回の復習になりますが、この工事の様子は全体像がわかりづらいので、工事の概況の説明です(クリックすると拡大します)。

Img_6691_1024x768

橋脚は4本あるようなので、さらに西側の道路に向かい、東側の橋脚を振り返ってみます。

高さこそそう高くはないものの、立派な橋脚です。

Img_6666_500x375

この道から上の方の橋台を見てみると、やはり両側4車線の20m幅員の道路を支えるだけあって、やはり大きいです。

Img_6669_500x375

工事看板によると、工期は平成28年9月29日までとなっていますから、当初予定通りに橋梁下部工が終わったということでしょう。

擁壁となると思われる鋼矢杭が見えるのですが、これがどういう形態で完成するのかが、ちょっと不思議です。

高低差20mを登るのはきついですが、上の様子も見に行くことにします。

続きを読む "橋台、橋脚が早くも完成した東所沢の東京狭山線工事とおいしい珈琲が飲める店" »

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »