フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 相模原沈殿池の水は横浜水道みちを流れてきたのではなく、相模原浄水場も関係なかった | トップページ | ららぽーと立川立飛の駐車場混雑状況から休日無料化できそうかの考察、ついでにタチヒビーチ »

2017年8月13日 (日)

さきたま古墳群より200年古く、家康も来ていたという新河岸川沿いの権現山古墳群

埼玉県にある古墳といえば、行田市にある「埼玉(さきたま)古墳群」が有名であり、埼玉県という名称の起源とも言われており、4年前に見に行きました。

しかし、それより200年前の3世紀後半の古墳が、ふじみ野市にあるというので行って来ました。

邪馬台国の卑弥呼が3世紀前半の239年ですから、そのたった50年後ということですから驚きです。

Img_6417_500x375

「権現山古墳群」といい、武蔵野台地が新河岸川と接する崖の上の見晴らしのいい場所に造られた古墳12基からなる古墳群です。

今から1700年前の古墳時代前期の古墳が現存することは少なく、埼玉県指定史跡となっています。

↑「権現山古墳群史跡の森」として保全されていますが、全体が小高い丘のようになっています。

Img_6433_500x375

↑一番大きい2号墳は、全長32mの前方後方墳です。

よく耳にする前方後円墳ではなく、前も後ろも「方」、つまり四角形です。

この辺り一帯を治める首長の墓と考えられています。

Img_6422_500x375

手前が前方部ですが、正方形ではなく、扇を広げたように手前部分の方が長くなっていて、初期古墳の特徴を示しているそうです。

↑今では木々に覆われてよくわかりませんが、奥には新河岸川越しに遠くまで見渡せるところです。

道路を挟んで、その新河岸川の崖があります。

Img_6427_500x375

↑見づらいですが下の方の明るいところが新河岸川の流れで、崖から人が誤って落ちないように柵があります。

古墳群は、先程の2号墳以外は、残りはすべて四角形の方墳です。

2号墳と↓の7号墳からは、底にわざと穴をあけた土器が出土されました。

Img_6431_500x375

埋葬儀礼に使われ、後に埴輪に発展する前段階のものと考えられています。

荒川下流域にも古墳文化があり、そんなものもで出土していたとは知りませんでした。

ところで、何でここを「権現山」というのか不思議に思っていました。

Img_6426_500x368

後に「東照大権現」となる徳川家康が鷹狩りの際にここに来たからといいます。

高台の塚の上で休息したというのです。

それは2号墳といわれる前方後方墳だといいますから、家康も当時としても1300年前の古墳の上にいるとは考えもしなかったでしょう。

Img_6449_500x375

↑割と近くの新河岸川沿いに、その徳川家康に関連するところがあります。

江戸時代前期から昭和初期まで新河岸川、隅田川による舟運が盛んに行われていました。

小江戸川越から江戸の浅草までの間の物資を運ぶ、流通経済に重要な役割を果たしていました。

Img_6438_500x375

そのきっかけとなったのは、家康を祀った「仙波東照宮」が寛永15年(1638年)の川越の大火で焼失したため、その再建資材を江戸から川越に運んだのが舟運の始まりといわれています。

↑その後、農村から農産物を運ぶために中継地としての「河岸」がいくつも設置され、ここ「福岡河岸」は享保年間に設置されました。

養老橋の対岸にあった古市場河岸とともに大変賑わっていたといいます。

Img_6441_500x375

福岡河岸3軒の舟問屋が幕府から回漕問屋として公認されましたが、その一つである福田屋の建物は「ふじみ野市立福岡河岸記念館」となっています。

明治初期の舟問屋の建物があるのですが、4時半閉館で入場は4時までということなので、残念ながら中には入ることが出来ませんでした。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

.

.

« 相模原沈殿池の水は横浜水道みちを流れてきたのではなく、相模原浄水場も関係なかった | トップページ | ららぽーと立川立飛の駐車場混雑状況から休日無料化できそうかの考察、ついでにタチヒビーチ »

51埼玉県」カテゴリの記事

遺跡・古墳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626433/71411320

この記事へのトラックバック一覧です: さきたま古墳群より200年古く、家康も来ていたという新河岸川沿いの権現山古墳群:

« 相模原沈殿池の水は横浜水道みちを流れてきたのではなく、相模原浄水場も関係なかった | トップページ | ららぽーと立川立飛の駐車場混雑状況から休日無料化できそうかの考察、ついでにタチヒビーチ »