フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月25日 (日)

二・二六事件のあった高橋是清私邸跡地に行ったが、蔵相だけでなく首相や日銀総裁もしていたとは

青山に所用があったついでに、いつものように地図を見て気になっていたところに行ってみました。

高橋是清翁記念公園です。

過去の経済財政政策との話というと、インフレ政策としての「高橋財政」がよく話題となります。

Img_6226_1024x768

その高橋是清私邸跡地が港区立公園となっています。

1936年(昭和21年)の二・二六事件において、高橋是清大蔵大臣はこの私邸で青年将校らの襲撃により亡くなっています。

その邸宅そのものは、小金井公園にある江戸東京たてもの園に移築されています。

Img_6228_500x375

↑この跡地公園では高橋是清氏の銅像が敷地南寄りの一段高いところにあります。

大蔵大臣のイメージが強いですが、実は総理大臣や日銀総裁にもなっています。

日本銀行に建築事務主任として採用され、西部支店長、副総裁となり、1911年(明治44年)には日銀総裁にまでなります。

Img_6229_500x375

↑その高橋像のところから見た庭園の様子です。

1921年(大正10年)に東京駅で暗殺され亡くなった原敬首相に引き続き、内閣総理大臣となったのはこの高橋是清です。

なぜかそれよりも、1929年(昭和4年)の世界恐慌や昭和恐慌後、1931年(昭和6年)から大蔵大臣として実行した、積極的な財政政策や低金利政策、金輸出再禁止が「高橋財政」としてずっと有名となっています。

Img_6230_500x375

↑ここには池もあり、水が流れていますが、湧き水なわけではなく、内部で循環させているようです。

高橋財政により、経済は無事に持ち直しを図ることができ、そもそも積極財政派なのに、二・二六事件で襲撃されてしまったことは残念です。

大蔵大臣を7回も務めたようです。

Img_6232_500x375

↑関係ありませんが、敷地内にはこのようないくつもの、ちょっと見かけが不思議な像があります。

軍部としては武器関係の予算が無尽蔵に付くわけはないので、予算が大蔵省から削られることが不満だったことでしょう。

ここは青山通り南側の一等地ですが、通りの北側は広大な緑に被われた東宮御所などもある赤坂御用地です。

続きを読む "二・二六事件のあった高橋是清私邸跡地に行ったが、蔵相だけでなく首相や日銀総裁もしていたとは" »

2017年6月18日 (日)

埼玉県南部唯一の前方後円墳の柊塚古墳と黒目川の終点にあるゼロキロポスト

黒目川沿いを自転車に乗って下流方面に向かって、再び朝霞市まで行きました。

先日行った城山公園の少し先に、埼玉県南部で唯一、墳丘が現存する前方後円墳があるというのです。

Img_6194_500x375

↑黒目川の右岸側すぐ近くですが、中央部の木の生い茂った小高い丘のようなところに位置する「柊塚(ひいらぎづか)古墳」です。

柊塚古墳歴史広場として整備されており、駐輪場だけでなく駐車場までありました。

Img_6201_375x500

↑馬形のモニュメントがありますが、ここからほんとうに馬形埴輪が発掘されたそうです。

墳丘は標高21mの位置にありますが、黒目川下流部のこの辺りは標高3m程度しかありませんので、標高差は20m近くあります。

柊塚古墳は発掘調査の結果、6世紀前葉のものといい、埋葬施設は二カ所あるようですが、誰の墓かはわかりません。

Img_6203_500x375

埼玉県といえば、4年前に行った行田市にある「さきたま古墳群」が有名ですが、県南部にもこんな古墳があったとは知りませんでした。

古墳の墳丘の周りには周濠もあったようです。

Img_6109_500x375

現在でも「後円墳」の部分は形がわかりますが、「前方」(前の方ではなく、前にある四角形)の部分は原型を留めていません。

住宅等で開発されてしまったようです。

Img_6205_500x375

↑右のほうが、前方の部分ですが、切れてしまっています。

円墳の裏側に廻ることができますが、頂上部まで登れる通路があるのですが、入口が閉鎖されています。

Img_6211_500x375

この公園には不思議な形だなと思われる小さな建物がありました。

続きを読む "埼玉県南部唯一の前方後円墳の柊塚古墳と黒目川の終点にあるゼロキロポスト" »

2017年6月11日 (日)

岡城のある城山公園は戦国時代らしい遺構が残っているけど、誰の築城かはわからない城

小平霊園から北東へと流れていく黒目川を下流へと向かうと、東武東上線も越えると流れが東から南東へと向きが変わります。

その右岸沿いには小高い丘のようなところがあり、城山公園となっています。

Img_6082_500x375

ここには「岡城」とか「岡の城山」と呼ばれる城があったといいます。

黒目川に沿って駐車場があり、その先の南面は児童遊園のようになっています。

Img_6085_800x600

↑ちょっと期待はずれだったかなと思っていましたが、案内板によると一の郭、二の郭、三の郭という広場はあるようなので行ってみます。

丘を登っていくと、今では公園として階段がありますが、如何にも戦国時代の山城という感じの斜面になっています。

Img_6088_500x375

ところで、岡と丘の両方で書いてしまっていますが、ここの地名は「朝霞市岡」です。

まずは三の郭を目指します。

左右が高く中央部が低い、空堀らしいところがあります。

Img_6101_500x375

公園入口にあった案内板によると、調査の結果、この岡城は南北朝時代、室町時代、戦国時代の中世の平山城ではありますが、誰によって築かれたのか、はっきりしないようです。

太田道灌によって築かれたという説もあるようですが、よくわからないみたいです。

ここが三の郭広場です。

Img_6091_500x375

そう名付けられていますが、特に説明板等は見当たりません。

続いて二の郭へと向かおうとすると、茅ヶ崎城や高天神城でもよく見かけた形になっています。

階段を下に降りて、再び登るようになっています。

続きを読む "岡城のある城山公園は戦国時代らしい遺構が残っているけど、誰の築城かはわからない城" »

2017年6月 4日 (日)

アースダムの鎌北湖は昭和初期の山根溜池だったのだが取水施設と洪水吐は形が面白い

埼玉県毛呂山町には鎌北湖もあります。

ここにはダムがあるのですが、ダムへのルートは山奥の細道ではなく、毛呂駅周辺からも道幅の広い県道が整備されています。

車だと快適にあっと言う間に到着ですが、駐車場があるかを事前に確認しておらず、湖沿いの道は駐車禁止となっているので、左岸の鎌北湖の上流端近くに広い駐車場を見つけホッとしました。

Img_6132_500x375

↑右側の細い流れが、山間から鎌北湖に流れ込む川になります。

釣りをしている人を数多く見かけます。

ダムの堤防上の天端を目指し歩きますが、途中でダムの取水施設らしきものが見えて来ます。

Img_6134_500x375

それほど大きな湖ではないため500mほど歩くとすぐに天端に到着です。

堤頂長は80m、堤高は22.6mですから、天端というと少し大げさに感じられます。

Img_6135_500x375

洪水吐は右岸側にあります。

ここは1929年(昭和4年)着工、1935年(昭和10年)完成の灌漑用水のために作られた山根溜池だったそうです。

昭和初期に作られた溜池の取水施設にしては洋風の凝ったデザインです。

Img_6136_500x375

毛呂山町観光協会はここを観光拠点にしようとしたのか、名称を山根溜池から鎌北湖(かまきたこ)に変えました。

確かに名前によって、大分イメージは違うものです。

さらに、毛呂山町公式サイトによると、乙女の湖とも呼ばれていると書かれていました。

Img_6138_500x375

↑ダムの決壊を防ぐため、想定貯水容量以上の水を下流に流すための洪水吐を近くで見ることができます。

梅雨入り前で水量が少ないため見づらいですが、不思議な形をしていました。

堰がダム湖側に「コ」の字の形で突き出ています。

機能のためなのか、デザインのためなのかはわかりません。

そして、ダムの天端といえば下流側の景色が楽しみです。

続きを読む "アースダムの鎌北湖は昭和初期の山根溜池だったのだが取水施設と洪水吐は形が面白い" »

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »