フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 稲城市ではなく川崎市にある若葉台駅とそこにできるテレビ朝日若葉台メディアセンター | トップページ | 所沢カルチャーパークとは何なのかと東京狭山線の上空にある謎のかごの正体は »

2017年4月 2日 (日)

日本一が3つもある「かわはく」にある川の模型とのんびりとしたいい雰囲気

寄居町にある「川の博物館(かわはく)」に一度行きたいと思っていましたが、ようやく行くことができました。

東武東上線の終点、そしてJR八高線も通っていて、以前に鉢形城を見に行った時以来3年半ぶりの寄居になりますが、今回は車です。

Img_5755_500x375

入場料は410円で、430円のアドベンチャーシアターとのセットだと670円だと、とても笑顔のさわやかな係員さんに勧められて、ついセット券の購入です。

↓3月の平日でガラガラな駐車場なのですが、中央の小屋のような入場券売場からは駐車場方向から歩いてくるのが見えます。

駐輪場もあるから自転車で来たと嘘もつけず、300円の駐車料金も加算され、970円の支払いです。

Img_5772_500x375

ここ川の博物館には、日本一が3つもあるということです。

木造の大水車があり、直径23mもあります。

近くで見ると迫力がありますが、実は残念ながら日本一であったのは2004年までで、岐阜県恵那市の道の駅に作られた直径24mの水車に抜かれてしまいました。

Img_5758_375x500

まあ、日本二というのも何なんで、日本最大級という表現になってしまいます。

こうした大きさや高さ日本一は、まちおこしなどに利用されるため、競争が激しいことでしょう。

午後2時過ぎですが昼食を食べていないので、展示を見る前にまずは腹ごしらえをすることにします。

Img_5762_500x375

本館とは別にレストハウスの建物があり、1階では保育園の遠足らしき園児たちで大賑わいの中、2階のレストランに行ってましたが従業員がいません。

1階の売店にいた二人のうちの一人がここの従業員だったようですが、私がまずトイレに行ってしまたっため、客がいないので1階に降りてしまったようです。

↑この流れからして当然ながら客は私一人の貸切状態なので、のんびりすることができました。

そしていよいよ本館の展示室に入ります。

Img_5769_500x375

すると、やはり笑顔の職員の方から、今から実演が始まりますからと奥の方へと誘導されます。

ここには10人ほどのお客さんもいました。

↑鉄砲堰という秩父山地から切り出した木材を、川で堰として組み立てておいて、それを一気に崩し、川の水の力で下流に流して運ぶものを縮小し再現しているです。

実際の様子の映像も流されるのですが、すごい迫力といいアイディアに驚かされます。

Img_5765_500x375

↑順路の戻り、リバーホールという部分の天井は美しい丸屋根です。

その他の水車小屋などの展示もありましたが、後でパンフレットを見て、あれは船車という川船だったことを知りました。

そして、そろそろアドベンチャーシアターの上映時間になったので行ってみると、再びびっくりです。

Img_5766_500x375

また、私一人の貸切状態です。

シートベルトを締めた上で座席の動くもので、空から落ちた水滴が荒川の最上流から海まで旅をするという面白いものでした。

ここは荒川沿いにあり、「川の博物館」とはいいますが、実質的には「荒川の博物館」です。

Img_5771_500x375

実は私がここに来たかったのは、荒川大模型173を見るためでした。

荒川の源流から河口までの地形を1000分の1に縮小した日本一の大型立体模型です。

荒川の起点から河口まで173kmなので、この名前となっています。

↑屋上から見てもかなり大きく、上流部しか入りませんでしたが、縮小しても長さが173mあるということです。

Img_5774_500x375

↑荒川の終点である河口部も立体的に作られており、右側に荒川が流入する横には若洲海浜公園、そして手前には中央防波堤外側埋立処分場も見られます。

↓JR武蔵野線や以前見に行った荒川第一調整池もあります。

Img_5779_375x500

↓圏央道を通り過ぎ、奥に見えるここ寄居町より上流になると、急に地形が変わることがわかります。

Img_5785_500x375

↓さらに上流に行くと、秩父盆地があり、結構広いことがわかります。

Img_5791_500x375

↓より上流に行くと、右に滝沢ダムのある奥秩父もみじ湖、左に二瀬ダムのある秩父湖があり、山また山です。

Img_5797_500x375

↓最上流部から下流方向を見渡します。

Img_5796_500x375

地図を見ているだけではわからない、川と地形の関係を見ることができる素晴らしい模型でした。

ただし、上流部は高さが1.2倍に、中下流部は1.5倍に拡大してあるそうです。

わかりやすさを目指して高さを強調したのでしょうが、縦横で同一縮尺の方がより現実の地形が表現できて良かったかと思います。

そういえば、ここにはもう一つ日本一がありました。

Img_5800_500x375

↑屋外に展示した日本画の陶板としては日本一の大きさの「行く春」です。

川合玉堂の筆による重要文化財が長さ21.6m、高さ5.04mの信楽焼となっており、荒川に浮か船車をモチーフに書かれたものだそうです。

川の博物館までは高速道路を使わずに来ると、片道2時間半もかかってしまいましたが、川の模型だけでも見に来る甲斐のある、しかものんびりした雰囲気のいいところでした。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

« 稲城市ではなく川崎市にある若葉台駅とそこにできるテレビ朝日若葉台メディアセンター | トップページ | 所沢カルチャーパークとは何なのかと東京狭山線の上空にある謎のかごの正体は »

51埼玉県」カテゴリの記事

博物館・美術館」カテゴリの記事

川の源泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626433/70132588

この記事へのトラックバック一覧です: 日本一が3つもある「かわはく」にある川の模型とのんびりとしたいい雰囲気:

« 稲城市ではなく川崎市にある若葉台駅とそこにできるテレビ朝日若葉台メディアセンター | トップページ | 所沢カルチャーパークとは何なのかと東京狭山線の上空にある謎のかごの正体は »