フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月23日 (日)

【後編】黒目川上流域に開通した遊歩道は自転車走行していいのかと、これで整備完了なのか

黒目川は、小平霊園から、東久留米市、和光市、朝霞市を流れて新河岸川へと合流する全長17.3kmの一級河川ですが、上流域の遊歩道の未開通部分がこの4月に開通したとのことなので行ってみました。

小平霊園のさいかち窪から新所沢街道までの前回に引き続き、さらに下流に向かいます。

ここからが、新たに開通したところです。

Img_5940_500x375

↑右岸に通路はあるのですが、この大きな木を避けるためでしょうか、入口部分は橋梁形式となっています。

黒目川上流域親水化事業による3つのゾーン分類では、ここからは「C 復元ゾーン」で、武蔵野の農村風景を復元するとされていますから、いきなり入口での樹木伐採はやめたのでしょう。

Img_5911_500x375

↑50mほど先からは、遊歩道は左岸側に整備されています。

ところで、直前までの西団地内「Bゾーン」では広い川幅で整備されていましたから、大雨時にあそこに大量の水が流れたとすると、下流のこんな川幅で大丈夫なのか心配になります。

Img_5907_1000x750

↑しかし、しんやま親水公園の地下には余水路という雨水貯留槽のようなものが整備されており、大雨時の水はそこに貯められて、「Bゾーン」の親水路でも40cmの高さまでしか水は流れない仕組みに設計されていました。

ですから、下流の「Cゾーン」にも大量の水が流れ込まないようにされているということです。

Img_5912_500x375

この辺りの黒目川は、畑やコンクリート工場、民有地の間を流れていたので川の近くに行くことが出来ませんでしたから、見たことのない景色が新鮮です。

武蔵野の農村風景は言い過ぎかもしれませんが、この先にはのどかな風景が見えてきます。

Img_6018_500x375

↑左岸の横では、この遊歩道開通を機に宅地開発も進められているようです。

現地販売会開催中ののぼりが立っています。

駅は西武新宿線も池袋線も遠いですが、バス停は近くにありますし、私のような川好きには好立地物件です。

Img_5916_500x375

↑新たにできた橋から振り返って見ると、水に親しめるようになっていますが、流れる水がないのが寂しいです。

ここに新設された橋の上から撮影していますが、この左側は畑であり、この親水空間に行くことだけのためにある橋です。

ここも、畑が今後開発された時に役立つのでしょうか。

↓下里氷川神社のあるところが小高い丘となっていて、いい景色です。

Img_5917_500x375

ところで、新所沢街道からこの遊歩道への入口には、最上流部でよく見かけた「自転車は押して下さい」と書かれた看板がありませんでした。

自転車で走ってくる人は見かけませんでしたが、どうなのでしょうか。

続きを読む "【後編】黒目川上流域に開通した遊歩道は自転車走行していいのかと、これで整備完了なのか" »

2017年4月16日 (日)

黒目川上流部の遊歩道が開通したというので行ってみたけれど、自転車では走れないところが多い【前編】

黒目川は小平霊園にあるさいかち窪を源泉とし、北東に向け、東京都内では東久留米市を6.8km、埼玉県に入り和光市、朝霞市を10.5km流れ、新河岸川へと合流する全長17.3kmの一級河川です。

一級河川部分は東京都内では4.3kmで河川改修工事とともに遊歩道が整備されていますが、最上流部である普通河川部分は、川幅も狭く、遊歩道も完備していませんでした。

東久留米市が管理しているという2.5kmについても、何年間かかけて遊歩道が少しずつ整備されてきており、それが開通したということのようなので行ってみました。

Img_5877_500x375

↑まぼろしの泉である「さいかち窪」は、やはりこの日も水は湧いていないようで、そちらから新青梅街道の下を潜る管に向けての水の流れは、全くありませんでした。

昨年10月に水が湧いている様子を目の当たりにしたのが、噓のように干上がっています。

新青梅街道から200mほどの越処橋までの区間は、東久留米市の「黒目川越処橋特別緑地保全地域」で、平成26年春に公園とともに整備されたところに「さいかちの道」が整備されています。

Img_5881_500x375

この「さいかちの道」という名は、柳橋までの黒目川上流部の遊歩道の名称を東久留米市が公募して選ばれたものです。

開通直前の26年2月に大雪が降り、ここに来た時にはまだ通れませんでした

Img_5879_500x375

↑ここには新青梅街道からの道路排水が流れ込むためか水はありますが、水の流れとはなっていません。

Img_5880_500x375

↑さいかちの道は「オートバイ進入禁止、自転車は降りてください」と書かれています。

公園内の遊歩道ですが、右岸にしか道はありません。

Img_5883_500x375

↑越処橋からは遊歩道は左岸になりますが、やはり「自転車・バイク進入禁止」となっています。

この辺りからは、東京都の「柳窪緑地保全地域」に入ります。

市ではなく都の指定ということです。

この通路50mほど行くと、長福橋の先に柳窪天神社があり、ここは「東京の名湧水57選」の一つですが、残念なことに全く水はありませんでした。

Img_5884_500x375

この黒目川上流部に遊歩道が整備されるよりもずっと前から、この神社の参道として右岸に通路はありましたから、この200mほどの区間は以前から自転車も通れるようになっています。

Img_5886_500x375

↑天神橋から下流は左岸に散策路としての遊歩道がありますが、目立つように「自転車・バイク進入禁止」と書かれています・

そもそも、すぐ先からは狭くて自転車で走るどころか、押して通ってもすれ違いが難しそうです。

この辺りは、都内では珍しく、都市計画上の市街化調整区域となっており、屋敷林があります。

続きを読む "黒目川上流部の遊歩道が開通したというので行ってみたけれど、自転車では走れないところが多い【前編】" »

2017年4月 9日 (日)

所沢カルチャーパークとは何なのかと東京狭山線の上空にある謎のかごの正体は

いつものように地図を見ていて、またまた気になるものがありました。

「所沢カルチャーパーク」です。

どんなところなのか見に行ってみました。

Img_5858_500x375

予想外に、まずはグラウンドがあり、その奥にはデイキャンプ場があり、あまり「カルチャーっぽくない」施設です。

所沢市の公園のようで、公式サイトによると、下新井・牛沼・松郷地区にまたがる雑木林を中心とした自然環境を保全しながら、市民が自然の中でリフレッシュできる郊外型の総合公園として計画されたようです。

Img_5842_500x375

↑日曜日とはいうものの、昼過ぎまで雨の降る寒い日だったので、10カ所あるデイキャンプ場も空きがありました。

裏を返せば、それでも利用している人たちもいました。

ある意味で気合が入っており、文化会系というより体育会系のイメージです。

Img_5855_500x375

↑その他の主要施設としては「原っぱ広場」があり、文字通りの原っぱです。

埼玉西武ライオンズからキャッチボール遊具の寄贈を受けており、その貸し出しを行っているので、ここではキャッチボールができます。

Img_5845_500x375

↑その先には森というか林が広がっています。

しかし、そこには「この場所は、私有地なので入らないで下さい」と書かれています。

通路を奥に北西に向けて歩いていきますが、この通路はどうやら道路の位置づけのようで、しばらく行くと、普通の道路と交差します。

Img_5848_500x375

↑今度はその道路を右に進むと、「所沢市カルチャー少年サッカー場」が200m先にあると書いてあります。

南東に戻る方向ですが行ってみます。

続きを読む "所沢カルチャーパークとは何なのかと東京狭山線の上空にある謎のかごの正体は" »

2017年4月 2日 (日)

日本一が3つもある「かわはく」にある川の模型とのんびりとしたいい雰囲気

寄居町にある「川の博物館(かわはく)」に一度行きたいと思っていましたが、ようやく行くことができました。

東武東上線の終点、そしてJR八高線も通っていて、以前に鉢形城を見に行った時以来3年半ぶりの寄居になりますが、今回は車です。

Img_5755_500x375

入場料は410円で、430円のアドベンチャーシアターとのセットだと670円だと、とても笑顔のさわやかな係員さんに勧められて、ついセット券の購入です。

↓3月の平日でガラガラな駐車場なのですが、中央の小屋のような入場券売場からは駐車場方向から歩いてくるのが見えます。

駐輪場もあるから自転車で来たと嘘もつけず、300円の駐車料金も加算され、970円の支払いです。

Img_5772_500x375

ここ川の博物館には、日本一が3つもあるということです。

木造の大水車があり、直径23mもあります。

近くで見ると迫力がありますが、実は残念ながら日本一であったのは2004年までで、岐阜県恵那市の道の駅に作られた直径24mの水車に抜かれてしまいました。

Img_5758_375x500

まあ、日本二というのも何なんで、日本最大級という表現になってしまいます。

こうした大きさや高さ日本一は、まちおこしなどに利用されるため、競争が激しいことでしょう。

午後2時過ぎですが昼食を食べていないので、展示を見る前にまずは腹ごしらえをすることにします。

Img_5762_500x375

本館とは別にレストハウスの建物があり、1階では保育園の遠足らしき園児たちで大賑わいの中、2階のレストランに行ってましたが従業員がいません。

1階の売店にいた二人のうちの一人がここの従業員だったようですが、私がまずトイレに行ってしまたっため、客がいないので1階に降りてしまったようです。

↑この流れからして当然ながら客は私一人の貸切状態なので、のんびりすることができました。

そしていよいよ本館の展示室に入ります。

Img_5769_500x375

すると、やはり笑顔の職員の方から、今から実演が始まりますからと奥の方へと誘導されます。

ここには10人ほどのお客さんもいました。

↑鉄砲堰という秩父山地から切り出した木材を、川で堰として組み立てておいて、それを一気に崩し、川の水の力で下流に流して運ぶものを縮小し再現しているです。

実際の様子の映像も流されるのですが、すごい迫力といいアイディアに驚かされます。

Img_5765_500x375

↑順路の戻り、リバーホールという部分の天井は美しい丸屋根です。

その他の水車小屋などの展示もありましたが、後でパンフレットを見て、あれは船車という川船だったことを知りました。

そして、そろそろアドベンチャーシアターの上映時間になったので行ってみると、再びびっくりです。

続きを読む "日本一が3つもある「かわはく」にある川の模型とのんびりとしたいい雰囲気" »

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »