フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 茅ヶ崎城址は横浜市都筑区にあり中世城郭の空堀や土塁が良好な状態で見られる | トップページ | 弥生時代に既に空堀や土塁があった大塚歳勝土遺跡、当時は都筑まもる君がいなかった »

2017年3月 5日 (日)

早渕川からの崖の上にあって高低差を実感できる茅ヶ崎城の郭や土橋

前回に続き、横浜市都筑区にある中世城郭の様子がよく保存されている茅ヶ崎城址公園を見て回ります。

横浜市指定史跡となっています。

ここは案内板がとても丁寧で、郭についても説明されています。

Img_5660_500x375

最初に見た地図とは上下が逆で、北が上になっています。

北郭、西郭、中郭と見てきましたが、その中郭の南側から次に東郭に向かうと、まず一旦下り、その先は急な上りとなっています。

Img_5665_500x375

中郭と東郭の間には幅14m、深さ7mの空堀がありましたが、この2つの郭は土橋で繋がれていたようです。

土橋があったら、簡単に攻め込むことができてしまい、防御の上では不利のように思われます。

Img_5666_500x375

しかし、この土橋は中郭よりも2m低い位置で、東郭からは4mも低い位置でしたから、東郭に向けては何かに掴まらなければ登れないほどの旧斜面だったといいます。

そして、この茅ヶ崎城では一番高い標高35mのところに東郭があります。

Img_5668_500x375

この東郭が主郭と考えられており、南北幅50m、東西幅20mもの広さがあります。

建物の跡などは見つかっていません。

ここからは遠くが見渡せ、かつては鎌倉道「中の道」が近くを通っている交通の要衝でしたから、軍事上も有利だったことでしょう。

Img_5673_500x375

東に中原街道、西に大山道も通っていますし、すぐ近くの早渕川沿いの道は神奈川湊と武蔵国府を結ぶるルートでした。

現在は、左の方に横浜市営地下鉄センター北駅前の商業施設の賑わいも見ることができます。

また、家の屋根が低いところに見えますが、少し向こう側はさらに低い土地となっているようで、かなり下に屋根が見えます。

Img_5675_500x375

東郭から出て南側を戻り下っていくと、東郭虎口があったと思われるところがあります。

ちょうど先程の、中郭と東郭間の土橋のあった空堀につながるような位置になります。

この南側斜面の下には、根小屋という城下町のようなものがあったようです。

中世の城では城主や重臣たちは、主郭や本丸には住んでおらず、麓の根小屋に居住していて、戦になると城に籠って戦っていたそうです。

4つの郭以外にもいろいろあるようなので、さらに見てみます。

Img_5681_500x375

↑腰郭というものもあったようで、場所としては写真右上が東郭でその北側斜面の下になり、中郭北郭間の東側にあたるところです。

またこの左下にはさらに北東郭というものもあったようですが、詳細は不明です。

Img_5690_500x375

↑一旦、城址公園から北に出て、北側の道路から見てみると、ここにかつてあった土橋の痕跡があります。

北郭土橋があったようですが、道路により、バッサリ切り取られてしまっています。

Img_5686_500x375

この道路からさらに北側は、急な下り坂というか崖になっています。

ここにあった土橋も攻め込むのが困難な急坂だったことでしょう。

Img_5694_500x375

現在は階段がありますから、下りて上を見上げると、崖の高低差がかなりの高さあり、さらにその上の小高い山に茅ヶ崎城があったことがわかります。

Img_5695_500x375

ここから200mほど北には早渕川が流れています。

この川から茅ヶ崎城を見ると、随分と高いところにあることがわかります。

この位置の標高は13mくらいで、茅ヶ崎城の一番高いところは標高40mといいますから30mほどの高低差になります。

Img_5698_500x375

見かけはもっとあるような気がしましたが、計測数値を調べてみるとそんなものですか。

それにしても、港北ニュータウンとして開発されていったこの辺りにある中で、ここまで見事に城址がここまできれいに保存されたというのは素晴らしいことです。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

« 茅ヶ崎城址は横浜市都筑区にあり中世城郭の空堀や土塁が良好な状態で見られる | トップページ | 弥生時代に既に空堀や土塁があった大塚歳勝土遺跡、当時は都筑まもる君がいなかった »

55神奈川県」カテゴリの記事

城跡」カテゴリの記事

コメント

なんかタモリ倶楽部みたいで
いい感じです

あるふぁさん、コメント有難うございます。
タモリ倶楽部やブラタモリは、マニアックで私の好きな
番組ですので、そういってもらえると嬉しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626433/69818905

この記事へのトラックバック一覧です: 早渕川からの崖の上にあって高低差を実感できる茅ヶ崎城の郭や土橋:

« 茅ヶ崎城址は横浜市都筑区にあり中世城郭の空堀や土塁が良好な状態で見られる | トップページ | 弥生時代に既に空堀や土塁があった大塚歳勝土遺跡、当時は都筑まもる君がいなかった »