フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 湧水のまち東久留米市の落合川では河川改修工事は元の川の流れも残している | トップページ | DAHONの折りたたみ自転車は2ラインで販売されている上に、16インチと20インチが悩ましい »

2017年1月22日 (日)

名水百選にもなっている落合川では自然の景観を残した近自然河川工法が行われていた

引き続き、東久留米市の落合川をこぶし橋というカワセミを撮影する人が集まっていた辺りから下流に向かっていきます。

自転車と歩行者用の遊歩道が、ここからしばらくはありません。

河川改修が行われた川とは思えない景色となっています。

Img_5542_500x375

この右岸には南沢氷川神社があり、その奥には南沢湧水地があります。

「落合川と南沢湧水地」は、環境省選定の「平成の名水百選」に、東京都では唯一選ばれている、都内最大級の湧水です。

この南沢氷川神社の北側は丘陵の崖となっており、落合川は神社を囲むように蛇行して流れていました。

Img_5543_500x375

↑左岸から川を挟んで右岸を見ていますが、それをここではそのまま残してあります。

落合川の河川改修は1972年に都市計画により事業開始された時は、この神社の境内の敷地を一直線に削るように計画されていました。

その後の環境保全意識の高まりにより、治水と生態系との調和を図ろうと、近自然河川工法が都内で最初に取り入れられたのが、この落合川だったそうです。

Img_5549_500x375

↑宮下橋から上流を振り返ると、右岸(写真では左側)には河川畔林が残されており、左岸には緩傾斜の河川敷が遊歩道まで続いています。

この少し下流の毘沙門橋の手前で南沢湧水地からの水が落合川に流れ込むため、川の水量はだいぶ増えています。

1日1万トンもの湧水だといいます。

Img_5553_500x375

この右岸(写真の左)は南沢水辺公園の林となっています。

1万トンといっても想像できませんが、学校によくある25mプール40杯分というと、その量の多さがわかります。

Otiaigawa2

↑治水のための河川改修工事の計画は、蛇行した川を緩やかながら真っ直ぐの川にするということからすれば、この辺りの落合川の線形は他とは違うことがわかります。

この毘沙門橋からは再び両岸に遊歩道が整備されていますから、さらに下流を見ていきます。

さらに進んでいくと、左岸には旧流路と新流路の間が緩傾斜の河川敷として、「落合川いこいの水辺」が整備されています。

Img_5554_500x375

寒いのでそんなに多くの人はいませんでしたが、暖かい時期は多くの家族連れで賑わっており、子どもたちが水遊びなどをしています。

こうして水に親しもうという親水空間の発想が、この落合川整備の頃から始まったようです。

この先、東久留米駅も近く住宅街の間のいくつかの橋を渡ると、右岸の旧流路部分の敷地がありますが、ここには水の流れはありません。

Img_5555_500x375

西武池袋線橋梁の手前でこの旧流路跡と合流する辺りは、以前見た「たての緑地」という中島航空金属への引き込み線が上を通っていたところです。

右岸を見ていますが、川沿いの敷地は今でも西武鉄道が所有しているようで看板があります。

Img_5557_500x375

そしてこの辺りでは、落合川にかなりの水量が流れ込んでいます。

この右岸の向こうには、やはり以前見にいった竹林公園の湧水があり、川となってこの下を流れてきています。

線路を越えてしばらく先は、旧流路は右に向けて蛇行していたようです。

Img_5559_500x375

↑この新旧流路の間は「不動橋広場」として野球などができるようになっています。

また、この下には調整池の計画があるようです。

合流部方向から右岸上流側を見ると、ここには大雨の時は水が流れるのであろう痕跡はありました。

Img_5560_500x375

落合川沿いではこの辺りでも、地名の新川町と浅間町の境界は、旧河川の流路となっています。

でも、この落合橋手前の右岸の敷地も、左岸側の新川町という地名となっているのですが、盛り上がっている地形からすると旧流路があったとも思えない不思議なところです。

Img_5561_500x375

さらに少し下流の新落合橋のところで、立野川の水が落合川に流入します。

これも以前に行った向山緑地からの湧水です。

そして、落合川は東久留米市スポーツセンターのところで、黒目川と合流します。

Img_5562_500x375

↑左が落合川、右が黒目川です。

落合川は長さ3.4km、流域面積6.8km2の小さな川ですが、1日5万トンもの流量のある川で、しかもそのほとんどが湧水です。

この川の改修工事に近自然工法が採用されたというのは良かったことです。

工事時期がもっと前だったら、南沢氷川神社のところは真っ直ぐの川として整備されてしまっていたことでしょう。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

« 湧水のまち東久留米市の落合川では河川改修工事は元の川の流れも残している | トップページ | DAHONの折りたたみ自転車は2ラインで販売されている上に、16インチと20インチが悩ましい »

01東久留米市」カテゴリの記事

土木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626433/69339282

この記事へのトラックバック一覧です: 名水百選にもなっている落合川では自然の景観を残した近自然河川工法が行われていた:

« 湧水のまち東久留米市の落合川では河川改修工事は元の川の流れも残している | トップページ | DAHONの折りたたみ自転車は2ラインで販売されている上に、16インチと20インチが悩ましい »