フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月25日 (日)

高低差のある地形も文化財である建築物もあって見どころいっぱいの入間市駅周辺

西武池袋線で飯能方面に向かっていくと、基本的には山に向かってだんだんと標高は高くなっていきますが、稲荷山公園駅を過ぎると右側車窓で、急激に地面が下に下がっていくのが見えます。

次の入間市駅は台地の縁というような立地で、右側つまり北側は霞川、入間川が流れる低い土地となっています。

Img_5432_500x375

↑駐車場と駐輪場ばかり目立つ入間市駅北口からは、はるか遠くが見渡せます。

坂を北東に300mほど下りたところに、国登録文化財(建造物)である「旧石川組製糸西洋館(本館・別館)」があります。

Img_5441_500x375

こちら裏側には入口はないので、さらに300mほどぐるっと迂回します。

西洋館は、石川組製糸の創始者石川幾太郎により、大正10年(1921年)に迎賓館として和風工法により建てられた西洋風木造建造物です。

Img_5436_500x375

建物外観は、化粧煉瓦張で、屋根窓を設けた変化のある屋根に特色があります。

2階建ての本館は、外観が化粧煉瓦張で、屋根はヒップゲーブル(半切妻造)、洋瓦葺となっています。

平屋建の別館は、本館と接続しており、外観は本館と同じ化粧煉瓦張ですが、屋根は寄棟造となっています。

Img_5438_500x375

石川組製糸は昭和6年(1931年)には全国6位の出荷高という大きな会社だったそうです。

ここは国道16号線沿いにありますが、何度も車で通ったはずなのにこれまで知りませんでした。

同じく国道沿いの向かい側にも美しい建物がありました。

Img_5446_500x375

↑日本キリスト教団武蔵豊岡教会の礼拝堂で、元は大正12年に竣工したものですが、道路拡幅に伴い改築されたようです。

さらに、ここから500mほど西に向かうと、国道299号線沿いには入間市指定文化財(建造物)があります。

Img_5453_500x375

↑「旧黒須銀行」でこの建物は、明治42年(1909年)に建築された、土蔵造り二階建、寄棟瓦葺です。

大正11年武州銀行と合併後、昭和18年に埼玉銀行豊岡支店となり、昭和35年まで営業されていたといいます。

Img_5455_500x375

すぐ横に景観を損なう歩道橋がありますが、ここからは高い位置から2階の屋根の仕組みもよく見えます。

黒須銀行時代、渋沢栄一から道徳銀行の名を与えられ、道徳を基本とする経営を目ざした銀行だったそうです。

隣の飯能信用金庫黒須支店の駐車場から建物裏側を見させてもらうと、ちょっと幻滅するような単なる古い家にみえるのがちょっと残念です。

さらに南西に1kmほど歩くと、国指定重要文化財もあるということなので行ってみます。

続きを読む "高低差のある地形も文化財である建築物もあって見どころいっぱいの入間市駅周辺" »

2016年12月18日 (日)

(後編)新国立競技場の着工前の様子を記憶そして記録しておく、赤名リカの立っていた日本青年館の建替も見る

前回の続きで、2016年12月11日に安倍首相、小池都知事らが出席した起工式が行われた「新国立競技場」について、まだ更地となっている現地の様子を目で見て記憶しておくため、そして記録を残しておくために行ってきました。

敷地を北から反時計回りの南端まで見てきましたから、次に南東に行ってみます。

Img_5405_500x375

↑ここには「日本青年館」というホテルやホールのある建物がありました。

明治公園と同様、新競技場が大きくなるので移転することとなり、解体されたのです。

フジテレビの月9ドラマ「東京ラブストーリー」最終回のエンディングは、鈴木保奈美さん演じる「赤名リカ」がこの日本青年館の屋上に立って、東京の街を見ているシーンでした。

バックには、小田和正さんの「ラブ・ストーリーは突然に」のサビのところが流れています。

懐かしいですねえ、1991年放送ですが、私は再放送をビデオで見ました。

Img_5403_375x500

↑その日本青年館は、やはり明治公園と同様に、元の敷地の南側にある国立競技場西テニス場のあったところで、建替工事が進んでいます。

2017年初夏オープンに向けて、16階建ての建物の建設工事が進められていますが、ここは日本スポーツ振興センター(JSC)との合築となっており、JSC本部も工費164億円のうち47億円を負担して、3フロアが割り当てられることとなっていました。

しかし、新競技場設計をめぐるバタバタがあったのに、新しい本部ビルができることに対して批判が集まってしまいました。

Kokuritsu1

↑グーグルの航空写真では解体前の様子が見られますが、旧国立競技場の北西(左上)にある4階建ての建物が旧JSC本部です。

秋頃の新聞報道によると入居を断念して別の所に移転することとし、このフロアは民間に貸し出し、賃貸料を得ることとするとありました。

まあ、どちらにしても移転はするのですからねえ、どこに入っても同じような気はします。

Img_5407_500x375

↑その旧日本青年館と新日本青年館の間には、「外苑ハウス」というL字型の7階建てのマンションがありますが(写真の左側)、こちらも22階建ての高層マンションに建て替えられるそうです。

また、国立競技場西テニス場のあった敷地には、日本青年館・JSC本部棟だけでなく、日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館も14階建てで建設される計画となっています。

ここまで来ると、ちょっとやり過ぎのようなものを感じます。

Img_5406_500x375

↑これらの新しい建物のできる位置の道を挟んだ東側には、神宮球場と神宮第二球場がありますが、その辺りから、新国立競技場敷地を見てみると、こんな感じです。

この敷地を時計と反対回りに北に向かってみます。

続きを読む "(後編)新国立競技場の着工前の様子を記憶そして記録しておく、赤名リカの立っていた日本青年館の建替も見る" »

2016年12月11日 (日)

新国立競技場の着工前の周囲の景色を記憶そして記録しに行く(前編)

2016年12月11日にようやく新国立競技場が着工されました。

2020年7月24日より開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に間に合わせるため、2019年11月末までの3年間で工事完了させることになっています。

着工直前に、更地となっている現地や周囲の様子を目で見て記憶しておくため、そして記録を残しておくために見に行ってきました。

Img_5383_500x375

↑JR千駄ケ谷駅から東に向かい、駅前の東京体育館を通り過ぎると、広大な敷地が更地となっているのが見えてきました。

奥の南に向かって行く外苑西通りを、現在いるこの道は外苑橋で跨ぐ位置にありますから、全体が見渡せます。

旧国立競技場、正式には国立霞ヶ丘陸上競技場がここにあり、1964年の東京オリンピックが開催されましたが、既に解体されています。

Img_5381_500x375

↑少しだけ東に行くと、地下鉄大江戸線国立競技場前駅があります。

かつて、この裏側に独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)の4階建ての本部ビルがありましたが、やはり解体されています。

ここから右下に下りていく坂道が外苑西通りにつながっています。

Img_5391_500x375

↑下に下り、外苑西通りから南の方向を見てみます。

右の東京体育館側から国立競技場側への歩道橋は撤去されていました。

この歩道橋は、先程の千駄ヶ谷駅からの上にある道と同じ高さレベルですが、新国立競技場はこの高さレベルで設計されています。

では、ここから時計と反対回りにこの外苑西通りを歩いていきます。

Img_5393_500x375

↑本体工事の着工前とはいうものの、大型重機が何台か置かれていました。

付帯工事のためなのでしょうか。

奥に神宮第二球場のネットが見えるのは、今の時期だけなのでしょう。

この道路と旧競技場の間には、細長く都立明治公園の敷地がありましたが、新競技場は一回りサイズが大きくなるため、かつての公園もこの工事区域内となってしまいました。

Img_5394_500x375

↑道路にある案内地図は、旧競技場がある時のままなので、公園があったこともわかります。

これは左が北として表示されていますが、「現在地」の少し右(南)の観音橋交差点から上(西)に向かう、旧競技場と明治公園の間の道は既に無くなっています。

そのかつての道路の様子を見てみます。

続きを読む "新国立競技場の着工前の周囲の景色を記憶そして記録しに行く(前編)" »

2016年12月 4日 (日)

江戸城の外濠はどこからどこに繋がっていたのかと赤坂見附の見附と門の関係

江戸城の外濠というと、JR中央線の市ヶ谷から御茶ノ水辺りまでの車窓から見える景色が頭に浮かびます。

飯田橋から御茶ノ水の間は神田山(駿河台)を外濠を作るために、あえて開削したことを1年前に見て廻った際に知りました。

そこよりも下流側は、神田川(江戸時代の平川)の水が隅田川まで流れていくのはわかりますが、神田川の流れる飯田橋より反対側というか西側はというと外堀の流れがどうなっていたのかよくわかりません。

Img_5334_500x375

↑しかし、先日、赤坂見附付近に行った時、弁慶濠を見て、そう言えばここも外濠だよなと思いましたので、この前後を確認してみたいと思います。

弁慶濠とはいいますが、この弁慶橋は明治時代に架けられて、弁慶濠という名も付けられたようです。

でも、江戸時代の江戸城の外濠なのだから、その痕跡はあるはずと思えば、ありました。

Img_5329_500x375

↑ここも何度か通ったことはあるのに気付きませんでしたが、赤坂御門の石垣が一部保存されています。

赤坂見附の「見附」とは見張りの兵を置いた番所のことだと習ったような気がしますが、赤坂門があるからここで見張りをしていたから「見附」なのだそうです。

江戸城外堀跡は1636年(寛永13年)に作られた約14kmの外濠のうち約4kmが国指定史跡となっています。

Img_5330_500x375

現在の青山通り、国道246号線である当時の大山道からの門だったようです。

内濠から江戸城への門というと現存している物も多く有名ですが、外濠の門というとあまり知りませんでしたが、ここも田安門や桜田門と同様に、二つの門が直角に配置された桝形門があったそうです。

ところで、弁慶橋から東の方を見ると、その先は埋め立てられているのか、水面は見当たりません。

Img_5335_500x375

ただ、この先、最高裁判所と国会図書館の間を通り、800mほど先の三宅坂交差点の向こうは内濠である桜田濠がありますから、この向きに外濠があると、内濠と外濠がここで繋がっていたとなり変な話です。

ちょっと調べてみると、わかりました。

外濠はここから南へと向きを変え、溜池方面に繋がっていたのです。

Img_5341_500x375

その名の通り、もともと江戸時代には「溜池」がありましたから、あえて開削した弁慶濠から、既に水がある溜池に通すというのは理にかなっています。

溜池の先にあるのはと考えると、虎ノ門ですから、やはりそこにも外濠の門があったことがわかります。

埋め立てられて道路になっているところを見て歩いても面白くないので、弁慶濠に沿って歩いて行ける北西側に向かいます。

Img_5336_500x375

↑右のホテルニューオータニの敷地が庭園として残されているため、この辺りの風景は建物や首都高速道路を除けば、江戸時代の面影が残されているといいます。

でも、この弁慶濠は600mほど先には堤があり堰き止められています。

Img_5351_500x375

↑この堰からというか土橋から弁慶濠を振り返ってみると、高いところからのいい景色です。

ここは江戸開府の最も初期に作られた見附、門の一つである喰違見附のあったところです。

他の見附とは異なり、石組のない簡易な門で枡形でもありませんが、現在も残されています。

続きを読む "江戸城の外濠はどこからどこに繋がっていたのかと赤坂見附の見附と門の関係" »

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »