フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 小金井市にある浴恩館公園は紅葉も美しく下村湖人も関わる文化財センター | トップページ | 江戸城の外濠はどこからどこに繋がっていたのかと赤坂見附の見附と門の関係 »

2016年11月27日 (日)

東大和市内の空堀川の河道を大きく変える河川改修の様子を4年半前と見較べる

空堀川の河川改修工事は、東大和市内でここ数年間だいぶ進んでいるようですから、その様子を見てまわりました。

清瀬市や東村山市などの下流側ではほとんど改修工事も完了し、両岸の河川管理用通路が自転車歩行者道として開放されていますが、以前にはこの高木橋の辺りから上流側ではまだ工事中で直進できませんでした。

Img_5273_500x375

↑ここで北から奈良橋川が合流するのですが、その合流地点の工事が行われています。

奈良橋川が鋼矢板に囲まれて作られていますが、この合流位置は少しだけ東側にズラされたようです。

↓ここはまだまだ工事中ですが、地図右側のこの合流部より上流(左)ではほとんど工事は完了しています。

Karaborihigashiyamato

新青梅街道沿いではニトリやコジマなどの商業施設や飲食店が並んでいて、よく渋滞している南高木交差点のすぐ北側の辺りです。

そして、この高木橋の少し上流から、空堀川の流路が大きく変わっています。

Img_5276_500x375

↑左側の南からの細い流れが空堀川だったのですが、右側に新しい広い河川が出来ていて、こちらがメインの流路となっています。

西から東に向かって蛇行しながら流れていた空堀川は、西から東へ真っ直ぐに流れるようになっています。

Img_5290_500x375

↑新河川の上流には護岸や両側の通路が出来ており、この旧河川の南方面への流れがあったはずのところは、すっかり塞がれて残った鋼矢板の間には雑草が生い茂っています。

Img_0240_500x375

4年半ほど前に空堀川の源泉を探す旅をした時、ここを通った時の写真を見ると、当時は空堀川が細い流れでここを北から南(左から右)へ流れていたのがわかります。

↓当時にはこの振り返った背中側には、庚申橋調整池排水機場がありました。

Img_0241_500x375

新河川の予定地内にはいくつかの河道内調整池が作られていました。

河川改修工事は一気には出来ないため、用地取得出来たところから、洪水時の水を貯留する施設を先行して整備していたようです。

Img_5289_500x375

↑現在は旧河川はすっかり塞がれて、河川沿いの自転車道が出来ていますが、ここだけは左岸(北側)の通路は通れなくなっており、この排水機場は現在もあります。

さらに上流方面を見ていきます。

Img_5287_500x375

↑さらに上流に進むと、同様に南から北へと流れていた流路が既に塞がれており、敷地は閉鎖されていました。

↓同じく4年半前にここを通った時の写真を見ると、正面の三階建ての建物との位置関係から、旧河川の流れが新河川の流れを南から北へ横断していることがわかります。

Img_0243_500x375

ここも新河川の敷地が河道内調整池になっていました。

さらに上流に進んだ、この旧河川が南側に流れ込む地点では、やはり完全に塞がれていますが、少し広めに敷地が取得されており、親水広場かつ大雨時の一時的な水の貯留場所となっています。

Img_5284_500x375

↑現在の写真では左の方にある家と、↓4年半前の写真では右にあるのが同じ家と思われますが、ここでも調整池が空堀川の本流となったことがわかります。

Img_0244_500x375

↑当時は、この立っている位置の背中側に旧河川が流れていたのです。

現在は川面近くまで下りられます。

上流方面を見ると、ここでも工事が行われており、ここから上流はまだ細い旧河川部の方が本流です。

Img_5286_500x375

↑右が北から流れ込むのが空堀川で、こちらは現役です。

左側にあった川から分離されていた調整池と、現在の川の下流部を一つに繋げようとしているようです。

この工事完了後に、今度は上流部も繋げることで、新しい河川の流れに変えるのでしょう。

Img_5277_500x375

↑重機を使って、両者を切り開いてつなげる作業が行われています。

この土を運ぶためのダンプカーもいました。

旧河川と新河川の接続に近い上流部には、土砂を運ぶダンプカーなどが橋から道路に行けるように、スロープが設置してありました。

Img_5281_500x375

↑この道路の先辺りに現在の空堀川があり、そこから北を廻って先程の合流部へ流れていきます。

ここは新青梅街道の奈良橋六丁目交差点の少し北の辺りになります。

このように、東大和市内では少しずつ空堀川の流れるところは変わっていきますが、この旧河川の敷地はどうなるのでしょうか。

東村山市の久米川周辺のように閉鎖されたままでは、もったいないです。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

« 小金井市にある浴恩館公園は紅葉も美しく下村湖人も関わる文化財センター | トップページ | 江戸城の外濠はどこからどこに繋がっていたのかと赤坂見附の見附と門の関係 »

06東大和市」カテゴリの記事

土木」カテゴリの記事

コメント

興味深いレポートでした。かなり変わりましたね〜。それより驚いたのは、空堀川の上流にはかなり水が流れてますね。東村山あたりは砂利道ですよ。一体どこに消えちゃうのでしょう?

武蔵野台地調査隊さん、こんばんは。
コメント有難うございます。
確かに、西武新宿線から下流にかけて、水のないところが多いですね。
そして、西武池袋線手前の清瀬市に入る辺りからまた水流があるようです。

空堀川の水に関する貴重な情報をありがとうございます。じっくり考察してみたいと思います。

武蔵野台地調査隊さん、明けましておめでとうございます。
コメント有難うございました。
本年もよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626433/68608003

この記事へのトラックバック一覧です: 東大和市内の空堀川の河道を大きく変える河川改修の様子を4年半前と見較べる:

« 小金井市にある浴恩館公園は紅葉も美しく下村湖人も関わる文化財センター | トップページ | 江戸城の外濠はどこからどこに繋がっていたのかと赤坂見附の見附と門の関係 »