フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 檜原村には滝が13もあるというので滝巡りをして吉祥寺滝と中山の滝を見に行く | トップページ | いつのまにかロマンスカーは止まるし、ららぽーと海老名も開業もして大きくまちが変貌している海老名 »

2016年9月25日 (日)

厚木駅のある位置や相模鉄道との乗り換えなどのモヤモヤしていた位置関係を整理する

厚木駅と本厚木駅という駅がありますが、こうした名が付くのは一般的には、別の鉄道会社の離れた場所にある二つの駅だったり、元の中心市街地と現在の中心市街地が異なっていた場合の駅名などでしょう。

しかし、小田急線に両方の駅があるし、そもそも、相模川をはさんで対岸にこの駅は立地しているはずです。

地元の人に住む人にとっては、当然わかりきっていることなのでしょうが、離れて住む私にはモヤモヤっとしたイメージなので、確認しに行って来ました。

Img_4781_500x375

厚木駅は小田急線とJR相模線の乗り換えもできる駅だというのに、小田急線では本厚木駅とは違い、特急も快速急行も急行も通過してしまいます。

↑左にJRと小田急共通の改札口があり、JRが地上、高架で小田急線のホームがあり乗り換えには便利な近さです。

でも、駅前に大きな建物はなく、小田急線の向こう側(南側)をホームから見てみても、あまり厚木の新旧いずれかの中心市街地という感じではないようです。

Img_4780_500x375

県道43号線が通っているものの、駅前広場もないようですから、やはり本厚木駅の方が「本」厚木ということなのでしょうか。

調べてみれば、驚いたことにここは海老名市で、よくあるように市境がすぐ近くというわけでもなく、相模川の東が海老名市、西が厚木市となっていますから、どう見ても厚木とは思えないところにあります。

しかし、ようやくこの厚木駅の南側でも、厚木駅南地区市街地再開発事業が始まろうとしており、平成26年10月に再開発準備組合が発足したと、海老名市HPに載っていました。

Img_4782_500x375

最初からこの駅名なのか調べてみると、1926年(大正15年)当時からここは海老名村だというのに、あえて「厚木駅」と名付けられたようです。

理由としては、神中鐡道(後に相模鉄道に合併される)が、この年5月に二俣川駅と厚木駅間で開通したのですが、相模川の対岸(西側)の厚木まで鉄道を敷設しようとしたが資金が足りなかったから、東側のここを厚木駅としたという説や、ここ海老名村は当時は無名だったから厚木町の方が名も知られているで、厚木駅にしたとかという説があるようです。

Img_4783_500x375

↑昭和19年には国鉄に買収され、昭和62年からJRとなっていますが、この厚木駅は単線ながら両側にはホームがあり、今は左側だけが使われており、右側は使用されていません。

右ホームの奥には(現在の)相模鉄道の電車がみえていますが、その最初に「厚木」という名の駅を作った当時の神中鐡道(現在の相模鉄道)には「厚木駅」がありません。

私がもう一つモヤモヤしていたのは、JR相模線の車窓からこうした相模鉄道の電車が止まっているのが見えるのに、乗り換えはできないことでした。

相模鉄道の終点は一つ手前の海老名駅ということになっているので、ここはどうなっているのかということです。

Img_4819_500x375

しかも、隣のJR海老名駅に行ってみる、すぐ近くには相模鉄道も小田急線も駅がありません。

↑でも先程の相模鉄道の「厚木駅」からつながる線路はすぐ横を通っています。

↓海老名駅で上から北の方角を見ると、左の方に橋本方面に向けてJRの線路が離れていきますが、相模鉄道の線路は奥に真っ直ぐ進んでいます。

しかし、相模鉄道の海老名駅はここよりずっと右の方にあり、上の写真の跨線橋を渡っていかなければいけません。

Img_4822_500x375

海老名駅は西寄りにJR相模線のホームがあり、そこから200mも南東に離れて小田急線と相模鉄道の海老名駅があります。

↓小田急線のホームと並んで、奥に相模鉄道のホームがあります。

先程のJRすぐ横の相模鉄道の線路とこのホームとは離れてしまっていますが、ここ海老名駅の600mほど横浜寄りの相模国分信号所で、線路は分岐・合流しているようです。

Img_4828_500x375

大正15年の神中鐡道開通当初は、二俣川駅から相模国分駅を通り厚木駅に向かう路線だけでしたが、やがて横浜駅まで開通し、昭和16年には相模国分駅から海老名駅間が開通し、ここで小田急線の本厚木駅まで乗り入れを開始しました。

ここで神中鐡道厚木駅は旅客扱いを取りやめて貨物駅となり、相鉄本線とは区分され、相模国分厚木間は相鉄厚木線とも言われるようになりました。

貨物ヤードは電車の留置線と転用されているため、あのように相模鉄道の電車が止まっているのですが、一応、厚木操車場として貨物駅の扱いとなっているようです。

最近は、かしわ台から相模操車場間で特別臨時電車を走らせて「相鉄厚木線乗車体験会」というものも催されているようです。

↑位置関係の分かりづらいことを書いてきましたが、地図を見ると、相模川の西に本厚木駅と厚木市役所があり、川の東に厚木駅、海老名駅と海老名市役所があることと、相模鉄道の線路が海老名駅手前で分岐しているのがわかります。

圏央道はちゃんと海老名ICと名付けられています。

まあ、厚木ICにすると東名にもありますから、当たり前ですか。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

,

« 檜原村には滝が13もあるというので滝巡りをして吉祥寺滝と中山の滝を見に行く | トップページ | いつのまにかロマンスカーは止まるし、ららぽーと海老名も開業もして大きくまちが変貌している海老名 »

55神奈川県」カテゴリの記事

駅舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 檜原村には滝が13もあるというので滝巡りをして吉祥寺滝と中山の滝を見に行く | トップページ | いつのまにかロマンスカーは止まるし、ららぽーと海老名も開業もして大きくまちが変貌している海老名 »