フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月25日 (日)

厚木駅のある位置や相模鉄道との乗り換えなどのモヤモヤしていた位置関係を整理する

厚木駅と本厚木駅という駅がありますが、こうした名が付くのは一般的には、別の鉄道会社の離れた場所にある二つの駅だったり、元の中心市街地と現在の中心市街地が異なっていた場合の駅名などでしょう。

しかし、小田急線に両方の駅があるし、そもそも、相模川をはさんで対岸にこの駅は立地しているはずです。

地元の人に住む人にとっては、当然わかりきっていることなのでしょうが、離れて住む私にはモヤモヤっとしたイメージなので、確認しに行って来ました。

Img_4781_500x375

厚木駅は小田急線とJR相模線の乗り換えもできる駅だというのに、小田急線では本厚木駅とは違い、特急も快速急行も急行も通過してしまいます。

↑左にJRと小田急共通の改札口があり、JRが地上、高架で小田急線のホームがあり乗り換えには便利な近さです。

でも、駅前に大きな建物はなく、小田急線の向こう側(南側)をホームから見てみても、あまり厚木の新旧いずれかの中心市街地という感じではないようです。

Img_4780_500x375

県道43号線が通っているものの、駅前広場もないようですから、やはり本厚木駅の方が「本」厚木ということなのでしょうか。

調べてみれば、驚いたことにここは海老名市で、よくあるように市境がすぐ近くというわけでもなく、相模川の東が海老名市、西が厚木市となっていますから、どう見ても厚木とは思えないところにあります。

しかし、ようやくこの厚木駅の南側でも、厚木駅南地区市街地再開発事業が始まろうとしており、平成26年10月に再開発準備組合が発足したと、海老名市HPに載っていました。

Img_4782_500x375

最初からこの駅名なのか調べてみると、1926年(大正15年)当時からここは海老名村だというのに、あえて「厚木駅」と名付けられたようです。

理由としては、神中鐡道(後に相模鉄道に合併される)が、この年5月に二俣川駅と厚木駅間で開通したのですが、相模川の対岸(西側)の厚木まで鉄道を敷設しようとしたが資金が足りなかったから、東側のここを厚木駅としたという説や、ここ海老名村は当時は無名だったから厚木町の方が名も知られているで、厚木駅にしたとかという説があるようです。

Img_4783_500x375

↑昭和19年には国鉄に買収され、昭和62年からJRとなっていますが、この厚木駅は単線ながら両側にはホームがあり、今は左側だけが使われており、右側は使用されていません。

右ホームの奥には(現在の)相模鉄道の電車がみえていますが、その最初に「厚木」という名の駅を作った当時の神中鐡道(現在の相模鉄道)には「厚木駅」がありません。

私がもう一つモヤモヤしていたのは、JR相模線の車窓からこうした相模鉄道の電車が止まっているのが見えるのに、乗り換えはできないことでした。

相模鉄道の終点は一つ手前の海老名駅ということになっているので、ここはどうなっているのかということです。

続きを読む "厚木駅のある位置や相模鉄道との乗り換えなどのモヤモヤしていた位置関係を整理する" »

2016年9月18日 (日)

檜原村には滝が13もあるというので滝巡りをして吉祥寺滝と中山の滝を見に行く

払沢の滝に行ったら、檜原村には滝が13もあり滝巡りが出来ると書かれていたので、いくつか行ってみることにしました。

と言っても、この日は車で来ているので駐車場があることが条件となってしまいます。

Img_4974_500x375

なんと、村の中心部、檜原村役場のすぐ近くに滝があるようです。

渓谷や滝が至るところにあるのが、この檜原村のすごいところで、役場前にある橘橋の下も橘渓谷となっています。

川沿いに遊歩道が整備されているようですが、ここは繋がっていないようです。

Img_4973_500x375

↑この南秋川はこのすぐ先で北秋川と合流して、秋川への流れとなります。

一旦道路に戻り、左に進むと吉祥滝という名のバス停がありました。

ここには目の前に吉祥寺という寺があり、川に向かって下りていく階段がありますから行ってみます。

Img_4978_500x375

↑ここも橘渓谷なのでしょう。

ゴウゴウと音をたてて流れる渓流は迫力があります。

しかし、少し段差はあるものの滝ではないような気がします。

上流に向けてある遊歩道は、途中で工事中で通行できなくなっています。

Img_4992_375x500

また上がって都道まで戻り、右に少し曲がると吉祥寺滝という看板を見つけました。

↑下りていくと、さらに大きなゴウゴウという音が聞こえてきます。

この滝は吉祥滝とも言われ、奥行き3段約20mあり、落差も4mあります。

Img_4986_500x375

↑滝の中間部は川幅も狭く、近づくのが怖いほどです。

近過ぎて、滝の全景がカメラに入りきらないのが残念です。

下流に向けて、勢いよく流れていきます。

続きを読む "檜原村には滝が13もあるというので滝巡りをして吉祥寺滝と中山の滝を見に行く" »

2016年9月11日 (日)

日本の滝100選に東京都からは唯一選ばれている払沢の滝に行ってきた

滝といえば、山の中にあるものですから、東京都にはあまり大きな滝や有名な所はないと思っていました。

しかし、檜原村に「払沢の滝(ほっさわのたき)」があり、これは日本の滝100選の一つだということなので見に行くこととしました。

Img_4929_500x374

JR武蔵五日市駅からもだいぶ遠いようなので、車です。

あきる野市を通り過ぎ、檜原村に入る辺りから景色も変わり、秋川沿いに進んでいきます。

しばらく進むと村役場などのある檜原村中心部から近いところで、都道から左折すると、すぐ先に駐車場が整備されています(駐車場にあった看板です↑)。

Img_4931_500x375

そこからは滝まで歩いて15分と書かれていました。

坂道ですが、木材チップが敷き詰められており、踏み心地気持ちよく歩くことができます。

周囲は杉林で、いかにも山中に来たなあという感じです。

Img_4933_500x375

ずっと川沿いを登っていくので、水音を聞きながら進みます。

小さな滝は数多くありますが、途中には一カ所だけ名前の付けられたものがありました。

Img_4934_500x375

↑「忠助淵」と書かれたプレートが写真右上に小さく写っています。

やがて、川の上に小さな橋がかけられている所が見えます。

しかし、細くて渡るのは怖そうだなと思いながら近づくと、橋ではありません。

Img_4935_500x375

水道管とその保護のためのカバーのようです。

この辺りからは、水辺に近づくことが出来るのですが、地域の水道水として使われているので水に入らないようにとの注意看板が数多くありました。

飲料水にもなるのだから、きれいな水なのでしょう。

続きを読む "日本の滝100選に東京都からは唯一選ばれている払沢の滝に行ってきた" »

2016年9月 4日 (日)

復旧工事現場を3回に渡って見に行ってきた西武多摩湖線のかなり早い開通

前回ご報告したように、台風9号の影響で立ち往生していた西武多摩湖線の電車は、約一週間ぶりに牽引されて、現地から搬出されました。

法面崩壊による土砂流入と架線柱の倒壊という大きな被害ですから、復旧まで一ヶ月程度かかると西武鉄道は報道発表していました。

Img_4880_500x375

↑8月28日の電車が動かされる時の様子では、この上り電車の進行方向である武蔵大和駅方面(右側)の架線柱はありますが、左側には架線柱は立ってなく、架線は手前側の下の方に垂れ下がった状態だし、法面もかなり崩壊していました。

それが当初予定よりだいぶ早く、9月6日(火)には開通するということが西武鉄道より報道発表されたので、復旧後の様子を9月3日(土)夕方に再び見に行ってみました。

Img_5021_500x375

↑ブルーシートの位置から見てみると、確かに、左側には新しい架線柱が立てられ、架線も張られていました。

しかし、まだ、線路の上に何やら覆工板かゴムシートかわかりませんが敷かれており、これは西武遊園地駅方面にしばらく続きます。

Img_4908_500x375

↑8月28日の150mほど西武遊園地駅寄りの様子ですが、この部分は線路を剥がして作業をしているのだと思っていました。

ここは唯一、近接している道路から出入りできるところなのです。

↓9月3日に改めてよく見て気付きましたが、こうして小型重機が通れるように線路の上に土嚢を乗せて、さらにその上に覆工板を敷いているようです。

Img_5015_500x375

西武鉄道HPでは9月2日(金)現在では、8月25日レール撤去は既に行われて、レール敷設はまだ行われていないことになっています。

では、線路を新たに敷くとしたら、土曜日にこのような状況で、火曜日の開通に間に合うのでしょうか。

月曜日には試運転もするでしょうから、日曜日にはレールが敷設?され、少なくともこの覆工板が無くなっていなくてはいけないはずです。

ということで、9月4日(日)夕方、またまた見に行きました。

Img_5036_500x375

↑翌日の同じ位置には、見事に線路はきれいに敷かれており、上には何も無くなっていました。

事故から約2週間ぶりに線路が姿を現し、明日は試運転も行われることでしょう。

法面崩壊したところがどのように変化したかも、工事前後での様子を見てみます。

続きを読む "復旧工事現場を3回に渡って見に行ってきた西武多摩湖線のかなり早い開通" »

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »