フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 多摩地域を不自然に南北に流れる残堀川の謎を探ってみる | トップページ | 広大な湿地帯を灌漑のため南北朝時代に整備したという伊佐沼 »

2016年6月26日 (日)

残堀川の源泉は探しに行くまでもなく狭山池ということなのか

多摩地域を南北に流れている残堀川の謎を探ってみましたが、今度は川の源泉を探してみたいと思います。

といっても、残堀川は瑞穂町の旧国道16号線(都道166号線)の辺りまで河川改修工事が進められていましたし、そこには狭山池がありますから、そこが源泉でしょう。

Img_4459_500x375

↑ここが残堀川の始まりで、背中側が狭山池です。

池とともに狭山池公園として整備されています。

Img_4460_500x375

歴史的には、江戸時代に残堀川の水を玉川上水の助水としようとした時、窪地であることから地理的に孤立していた狭山池の水を、掘割を作って残堀川に繋いだということです。

もともと、残堀川は狭山丘陵からの渓水が流れているものだったそうです。

Img_4461_500x375

↑案内図の上の方から残堀川が流れ出ますが、下の方に少し水路があり、丸池とありますので、行ってみます。

Img_4464_500x375

↑どうやら、その丸池の奥にはさらに流れ込む水路らしきものがあります。

探りに行きたいのですが、狭くて通れそうもありません。

大きく南側を迂回して行ってみますが、隣には東京都水道局の浄水場があり、水源らしきものもあります。

やはり、この辺りは湧水のある場所なのでしょうか。

Img_4482_500x375

↑右側の林が丸池のあるところですが、そこから左手前に向かって水路らしきものがあります。

そのすぐ先は、JR八高線の線路があり、そこを抜けるための水路のトンネルの入口は確認できますが、その手前には水路らしきものが見当たりません。

奥にある林が丸池です。

Img_4484_500x375

丸池からほんの100mほどで、このルートはここで捜査終了ですが、先程、狭山池から丸池に向かう途中、もう一つ流れ込む水路がありましたので、そちらの上流を目指します。

Img_4470_500x375

↑左側が丸池のあるところですが、住宅街の間を右奥から流れてくる水路があります。

さらに、左の道路も少し先に水路があります。

まず、右の北寄りのルートを辿ります。

Img_4468_500x375

↑住宅の間を抜け、道路を渡ると、さらに住宅と畑の間を通っています。

水は流れていません。

Img_4469_500x375

300mほど進んだところ、畑の手前で水路は無くなってしまいました。

周囲の畑に降った雨が流れるためにあるのでしょうか。

今度は、少し南側の、先程の道路の向こうから流れてくる水路の方をさかのぼります。

Img_4473_500x375

↑道路に沿って水路はあるのですが、やはり水は流れていません。

途中で曲がったりもしますが、やがて同じく300mほどで、さっきと同様に畑の間で無くなってしまいました。

Img_4475_500x375

まわりの畑の土地が少し高くなっているので、やはり雨水が流れていくのでしょうか。

もう少し奥の方に何か手がかりはないかと、道沿いに行ってみると、やはりJR八高線の線路があり、都水道局の箱根ヶ崎二号水源というのがありました。

Img_4481_500x375

やはり、湧水により地下水は豊富なのでしょう。

現在の残堀川の源泉は、狭山池と丸池であり、さらにそのちょっと上流での湧水や雨水のようです。

今回は、この残堀川は上流も下流も人工的に流れが変えられていたということが驚きでした。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

,

« 多摩地域を不自然に南北に流れる残堀川の謎を探ってみる | トップページ | 広大な湿地帯を灌漑のため南北朝時代に整備したという伊佐沼 »

川の源泉」カテゴリの記事

09西多摩」カテゴリの記事

コメント

位置が定かではないのですが、写真にある八高線付近で湿地を発見しました。私も源流は分からず。残堀川は立川断層がズレて水が湧き出したそうです。八川緑地もだとか。

すみません、先ほど名無しになってしまいました。

武蔵野台地調査隊さん、コメント有難うございます。
立川断層の影響ですか…
それは知りませんでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残堀川の源泉は探しに行くまでもなく狭山池ということなのか:

« 多摩地域を不自然に南北に流れる残堀川の謎を探ってみる | トップページ | 広大な湿地帯を灌漑のため南北朝時代に整備したという伊佐沼 »