フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月24日 (日)

おとぎ電車、おとぎ列車が走っていた「おとぎ線跡を歩く会」に参加して歩いてきた(前編)

今となっては、古き良き昭和の時代のことになりますが、子供のころ、「おとぎ電車」「おとぎ列車」に乗ったような記憶があります。

この「おとぎ線跡を歩く会」が西武鉄道主催で行われたので参加しました。

スタートは西武球場前駅で、参加者は10名ほどでした。

まだ朝10時過ぎなので閑散としているかと思いきや、試合開始の3時間も前なのに、しかも、雨も降っているのに結構数多くの野球ファンの人達がいて、びっくりしました。

Dsc04268_500x375

西武球場の今の名前は「西武プリンスドーム」なのですから、駅名も「西武プリンスドーム前駅」にすればいいのにとも思います。

しかし、元の「西武ライオンズ球場」が建替えられて、「西武ドーム」、ネーミングライツにより、「インボイスSEIBUドーム」、「グッドウィルドーム」、再び、「西武ドーム」に戻って、さらに「西武プリンスドーム」となっていますから、その都度、駅名変更していたら、経費がかかって大変なこととなっているでしょうから、やめた方がいいのでしょう。

Dsc04262_500x375

↑駅構内の歩く会受付の机の上に置いてあった当時の「おとぎ線」の写真です。

1950年(昭和25年)8月に、西武遊園地と山口信号所間2.5km(当時の駅名では「多摩湖ホテル前駅」と「上堰堤駅」)が、翌年9月にはユネスコ村開業に合わせて1.1km延伸され、「ユネスコ村駅」までの計3.6kmが結ばれ、軌間762mmの単線の「軽便鉄道」が開通しました。

ここに「おとぎ電車」「おとぎ列車」が走っていて、「おとぎ線」という名で呼ばれていました。

現在の西武遊園地駅と西武球場前駅を結ぶ、レオライナーが走っている西武山口線の前身となるもので、ルートでは同一の部分も多くあります。

Dsc04269_500x375

↑まず、西に向かって埼玉県道を渡りますが、かつてここには「ユネスコ村」という遊園地?があり、オランダの風車があったりして賑わっていました。

その後、ユネスコ村恐竜探検館がありましたが、現在はそれもありません。

ユネスコ村の敷地は閉鎖されているので通り抜けできず、ぐるっと狭山不動尊や康信寺の敷地の南側を迂回して10分ほど坂道を登り、「ユネスコ村駅」跡に到着です。

Dsc04272_500x375

西武球場前駅、かつての狭山湖駅からは西に300mほど離れた、狭山湖沿いの道路脇、金乗院(山口観音)境内の北側に、ユネスコ村駅はありました。

Dsc04273_500x375

↑振り返って、南方向を見ると廃線跡が歩けるようになっています。

坂道を登り疲れてしまいましたが、ここからが今回の「歩く会」の本番です。

おとぎ線、旧山口線の車掌をされていた方が案内してくれます。

続きを読む "おとぎ電車、おとぎ列車が走っていた「おとぎ線跡を歩く会」に参加して歩いてきた(前編)" »

2016年4月17日 (日)

ようやく動き出した国分寺駅北口再開発は駅前交通広場が不思議なところにある

JR中央線は連続立体交差化も完了し、各駅前の街並みも変わってきています。

国分寺駅では昭和63年と平成元年に、南北自由通路と南口のターミナルビルが完成したものの、北口の方は道路も狭く、バス停も駅からかなり離れた場所にあり不便です。

20年以上前から再開発が計画されていましたが、それがようやく動き出し、昨年夏からは新築ビルの工事も始まりました。

Kokubunji3_2

国分寺駅北口地区第一種市街地再開発事業が約2.1haの規模で行われています。

この計画の特徴は、通常駅を降りると目の前にある交通広場がなく、まず、「ウエスト」と「イースト」と名付けられたツインタワーがあって、その奥に交通広場があることです。

よって、駅構内から計画地の工事現場の様子を直接見ることができます。

Img_4160_500x375

JR中央線の北側にある西武線構内から、再開発事業計画地の南西端に立ち、ウエストの現場を見ています。

ここにできる「シティタワー国分寺ザ・ツイン」の「ウエスト」は36階建てで、B1F~4Fが店舗部分、5Fが公益業務施設、6F~36Fが住宅部分です。

三越伊勢丹グループの商業施設が出店する予定だそうです。

Img_4168_500x375

改札をでて北口に行くと、駅と工事現場の隙間に仮設歩行者用通路ができています。

工事用囲いの一部が透明になっていて、中を見ることができます。

ウエストとイーストの間にも歩行者用通路がありますから、「ウエスト」工事現場の北東端から先程いた南西方向を見てみます。↑

Img_4171_500x375

↑今度は「ウエスト」の北西端から、さらに北に予定されている交通広場予定地を見ています。

駅からここに来るためには「ウエスト」を潜り抜けなければいけませんが、マンションの下とはいえ、商業施設があり、広い通り抜け通路も確保されるようなので、できてみれば、さほど違和感はないのかもしれません。

奥にある2階建ての仮設のパチンコ店のところまでが予定地です。

Img_4173_500x375

↑計画地北西端から振り返ってみると、駅南口にはマルイなどが入っているセレオ国分寺のターミナルビルやマンションなどが立ち並び、北口とは対照的です。

Img_4180_500x375

↑「イースト」の方も、計画地西側から見てみると地下工事が進んでいます。

「イースト」は35階建てで、B1F~3F(住友不動産HPによる)、1F~4F(パンフレットによる)が店舗部分、5F~35Fが住宅部分です。

全体像を見てみたいので、高いところから見られるところを探しに行きます。

続きを読む "ようやく動き出した国分寺駅北口再開発は駅前交通広場が不思議なところにある" »

2016年4月10日 (日)

本川越駅西口ができて東武線との乗換えが便利になったけど、西武新宿線はまだ単線区間がある

小江戸川越は観光地として定着してきているなか、その蔵造りの町並みから比較的近い場所に西武新宿線の終点である本川越駅はありますが、JR川越線や東武東上線の川越駅とは少し離れています。

東武東上線では川越市駅の方が本川越駅まで近いのですが、それでも歩いて約11分と、気楽に乗り換えできる距離とはいえず不便でした。

Img_4130_500x375

↑三角屋根の東武線の川越市駅を出ると、この左斜めの道を歩いて行って、突き当りを左に曲がり、次に右に曲がり、さらに右に曲がるという、かなり面倒なルートで本川越駅まで行っていました。

歩いていくと、西武線の本川越駅のある建物は見えているのに、駅建物の西側には出口もなく、接続する道路もないため、あえて遠回りをしなくてはいけなかったのです。

Kawagoe

↑川越市による「本川越駅周辺地区整備事業パンフレット」

それが、ついにその建物に開口部を作り、本川越駅に西口ができ、さらに間をつなぐ道路もできたといいます。

平成28年2月20日に開通したようです。

↓ここで以前は突き当り、左に曲がっていましたが、まっすぐに進んで本川越駅に行けるようになったのです。

Img_4126_500x375

このアクセス道路は川越市道1646号線として、延長約75m、幅員約14mで整備されました。

約2000平方mの駅前広場も設けられました。

Img_4154_500x375

川越市による市道と駅前広場の整備と同時に、西武鉄道による西口設置工事も行われました。

実は、駅前広場用地の取得は平成13年度から行われていたそうです。

これで、乗り換え時間は11分から5分に短縮されたといいます。

まあ半分以下になったのだから良しとしなければいけないのでしょうけれど、それでもまだ、ちょっと微妙な距離感です。

Img_4116_500x375

ところで、もうひとつ、本川越駅には気になることがあります。

西武新宿線は、始発の西武新宿からずっと複線で運行されていますが、この本川越駅手前の区間だけ単線になっています。

複線にできない理由でもあるのか、現地を見てみます。

続きを読む "本川越駅西口ができて東武線との乗換えが便利になったけど、西武新宿線はまだ単線区間がある" »

2016年4月 3日 (日)

飯田橋サクラテラスというネーミングに惹かれて見に行ってみた

東京近辺では桜が満開となっていますが、満開となる前日に、飯田橋駅西口にある「飯田橋サクラテラス」に行きました。

そのネーミングに惹かれたのです。

約2.5haの敷地である旧東京警察病院跡地で、「飯田橋駅西口地区第一種市街地再開発事業」が行われたところですが、2014年6月に竣工したので、桜の季節は初めて迎えることになります。

Img_4108_500x375

↑外堀通りの神楽坂下交差点から見ると、外濠とJR中央線の向こうに、大きな建物が2棟見えます。

左がオフィス・商業棟の「飯田橋グラン・ブルーム」、右が住宅棟の「パークコート千代田富士見ザ タワー」です。

この「グラン・ブルーム」の1階から3階の商業ゾーンの名称が「飯田橋サクラテラス」といいます。

Img_4087_500x375

↑「IIDABASHI SAKURA TERRACE」と書かれた看板の横にはシダレザクラが咲いています。

この「サクラテラス」は三井不動産ショッピングパークアーバンが運営しているもので、飲食店などが25店舗入っています。

2階には本当にテラスもあり、ここから桜を見ながら、食事やお茶もできます。

Img_4088_500x375

この再開発地区全体は「飯田橋サクラパーク」という名が付けられているようですが、この名はあまり定着していないように感じます。

もともと外濠沿いの土手の外濠公園には桜が植えられていましたし、さらにこの地区をサクラパークと名付けたように、この敷地には10種類の様々なサクラ40本が植えられています。

Img_4090_500x375

↑2つの建物の間の2階部分は、「パッサージュ」とされており、エドヒガンザクラやオオヤマザクラなどが植えられています。

実は敷地内には2棟ではなく3棟の建物があり、敷地の北東端には「日本基督教団 富士見町教会」もあります。

Img_4112_500x375

この教会は1887年(明治20年)に創立された由緒あるものだそうです。

ここは1800平方mの広さの駅前広場になりますが、超高層ビルだけでなく、何気なくこうした建物もあるのはいいことです。

ヤマザクラも植えられています。

裏側の様子も見てみますが、建物が大きくて、写真を撮るのが難しいです。

続きを読む "飯田橋サクラテラスというネーミングに惹かれて見に行ってみた" »

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »