フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« イオンモールむさし村山や若葉ケヤキモールの客足は、ららぽーと立川立飛オープンで減ったか | トップページ | 飯田橋サクラテラスというネーミングに惹かれて見に行ってみた »

2016年3月27日 (日)

リニア中央新幹線の品川駅工事に着工したというが、どこにどう造るのか

平成28年1月27日に、リニア中央新幹線の品川駅新設工事の起工式が行われたといいます。

まあ、地下に駅を造るのでしょうなのでしょうけれど、どこにできるのか見に行ってみました。

Img_4017_500x375

↑JR品川駅の北側には広い空間もあるし、1kmほど先の田町駅との間には山手線新駅設置することも発表されていますから、この辺りの地下なのかなと思っていました。

↓品川駅では、平成27年3月の東京上野ラインや常磐線の乗り入れの準備などにより工事が行われてきましたし、現在も何か工事が行われています。

Img_4021_500x375

昨年夏に見に行った、リニア品川の次の駅である神奈川県新駅が橋本駅であることからも、線路は方向的にも西に向かうと考えると、これらの線路を横断するように東西方向に地下に造るのでしょうか。

しかし、調べてみると、全然違いました。

↓横須賀線下り線の東側(写真の左側)、つまり東海道新幹線の品川駅の真下に南北方向に造るようです。

Img_4061_500x375

あの新幹線の直下を掘って、上の列車の運行に影響を与えないように工事するのは難しいから避けるのではないかと思いましたが、考えてみれば、そうすべき単純な理由がありました。

東海道新幹線もリニア中央新幹線もJR東海が運行しますが、東京近隣のそれ以外のJR路線はすべてJR東日本の運行です。

Shinagawaeki

(JR東海 中央新幹線事業説明会資料より)

昭和62年4月の国鉄分割民営化により、土地もそれぞれの会社の所有になった訳ですから、こんなに広い品川周辺の鉄道用地もJR東日本の所有地であって、JR東海は東海道新幹線の通る土地以外は持っていないことになります。

地下だと言っても、JR東日本の土地に区分地上権を設定したり、賃貸したりしたら、かなり高額の資金を支払わなければいけなくなります。

となれば、当然、自社敷地を使おうと思うのは当たり前です。

Sinagawaeki

(JR東海 中央新幹線事業説明会資料より)

さすがにこの品川駅は、通過駅である東海道新幹線とは違い、リニア中央新幹線では始発駅となるので、横幅が約60mは必要となるようです。

一部、横にある区道部分に、はみ出るようです。

まあ、地下なので、工事完了後は道路は復旧するにしても、駅の下でどうやって工事するのか気になります。

Sinagawaekikouji

(JR東海 品川駅新設工事環境保全資料より)

やはり、土留壁を両側にまず打ち込んで、掘削するという原始的?手法で行われるようです。

まずは、片側2車線ずつの道路の、真ん中の上下1車線ずつを工事占用し、土留壁を設置する工事をします。

その後、掘削するために、道路を東側(左側)に寄せて、片側1車線ずつで使用し、復旧後は片側2車線の道路の戻すようです。

今回、駅の外を見てまわって初めて、東海道新幹線の品川駅の上部には細長くJR東海のビルが建っていることを知りました。

Img_4037_500x375

↑リニア品川駅の一番後ろの部分は、このビルの北の端とほぼ同じ位置のようです。

面白いことに、JR東日本の品川駅の東端に、JR東海の品川駅とその上のビルがあり、さらにその東側に、JR東日本のビルがあります。

↓左が東海道新幹線の上にあるJR東海品川ビル、右がその東側のJR品川イーストビルです。

ここでも、道路中央2車線分で、土留壁工事の準備が進められていました。

Img_4046_500x375

東西自由通路を歩いていると気付きにくいですが、山手線などのJR東日本の改札口を出て、東(港南口)に向かって行くと、横須賀線下りホームのあるところまでが、JR東日本の敷地です。

次に、新幹線改札口やスタバのあるところがJR東海で、JR東海品川ビルの入口もあります。↓

それを抜けると、再び、JR東日本のJR品川イーストビルの入口や同じくJR東日本のアトレ品川があります。

Img_4052_500x375

それにしても、この自由通路ができるまでは、品川駅は東西の移動が改札口を通らないとできませんでした。

歩くと、かなり遠回りしなければいけないので、買い物等で通行が必要な人は入場券を購入していたといいます。

その改札内の通路だって、地下の暗く長いトンネルのような所で、ようやく着いた東口には、何も無かったのを覚えています。

Img_4049_500x375

↑リニア品川駅の先端部は、このJR東海ビルの南端とほぼ同じ位置のようで、ここでも土留壁工事の準備が道路中央部で行われています。

リニア中央新幹線はここから先はずっと橋本駅まで、36.9kmにわたる首都圏第一トンネルで結ばれます。

しかも、そのうち約35kmは大深度地下だといいますから、40m以上の深いところを進んでいくということです。

ところで、昔の何も無かった東口のことを思えば、今の東口(港南口)前は、超高層ビルの建ち並ぶ、別の街です。

この品川駅新設工事は平成33年2月までの予定ですが、リニア中央新幹線の開通する平成39年の頃は、さらに違う街へと進化しているのでしょうか。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

,

« イオンモールむさし村山や若葉ケヤキモールの客足は、ららぽーと立川立飛オープンで減ったか | トップページ | 飯田橋サクラテラスというネーミングに惹かれて見に行ってみた »

リニア中央新幹線」カテゴリの記事

11東京23区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« イオンモールむさし村山や若葉ケヤキモールの客足は、ららぽーと立川立飛オープンで減ったか | トップページ | 飯田橋サクラテラスというネーミングに惹かれて見に行ってみた »