フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月27日 (日)

リニア中央新幹線の品川駅工事に着工したというが、どこにどう造るのか

平成28年1月27日に、リニア中央新幹線の品川駅新設工事の起工式が行われたといいます。

まあ、地下に駅を造るのでしょうなのでしょうけれど、どこにできるのか見に行ってみました。

Img_4017_500x375

↑JR品川駅の北側には広い空間もあるし、1kmほど先の田町駅との間には山手線新駅設置することも発表されていますから、この辺りの地下なのかなと思っていました。

↓品川駅では、平成27年3月の東京上野ラインや常磐線の乗り入れの準備などにより工事が行われてきましたし、現在も何か工事が行われています。

Img_4021_500x375

昨年夏に見に行った、リニア品川の次の駅である神奈川県新駅が橋本駅であることからも、線路は方向的にも西に向かうと考えると、これらの線路を横断するように東西方向に地下に造るのでしょうか。

しかし、調べてみると、全然違いました。

↓横須賀線下り線の東側(写真の左側)、つまり東海道新幹線の品川駅の真下に南北方向に造るようです。

Img_4061_500x375

あの新幹線の直下を掘って、上の列車の運行に影響を与えないように工事するのは難しいから避けるのではないかと思いましたが、考えてみれば、そうすべき単純な理由がありました。

東海道新幹線もリニア中央新幹線もJR東海が運行しますが、東京近隣のそれ以外のJR路線はすべてJR東日本の運行です。

Shinagawaeki

(JR東海 中央新幹線事業説明会資料より)

昭和62年4月の国鉄分割民営化により、土地もそれぞれの会社の所有になった訳ですから、こんなに広い品川周辺の鉄道用地もJR東日本の所有地であって、JR東海は東海道新幹線の通る土地以外は持っていないことになります。

地下だと言っても、JR東日本の土地に区分地上権を設定したり、賃貸したりしたら、かなり高額の資金を支払わなければいけなくなります。

となれば、当然、自社敷地を使おうと思うのは当たり前です。

Sinagawaeki

(JR東海 中央新幹線事業説明会資料より)

さすがにこの品川駅は、通過駅である東海道新幹線とは違い、リニア中央新幹線では始発駅となるので、横幅が約60mは必要となるようです。

一部、横にある区道部分に、はみ出るようです。

まあ、地下なので、工事完了後は道路は復旧するにしても、駅の下でどうやって工事するのか気になります。

続きを読む "リニア中央新幹線の品川駅工事に着工したというが、どこにどう造るのか" »

2016年3月20日 (日)

イオンモールむさし村山や若葉ケヤキモールの客足は、ららぽーと立川立飛オープンで減ったか

2006年(平成18年)11月に、華々しくオープンした「ダイヤモンドシティ・ミュー」は、現在は「イオンモールむさし村山」という名前です。

敷地面積137000平方メートル、店舗面積84000平方メートルという広大な面積に、店舗数は約180もあり、当時は近隣に大型ショッピングモールもなかったため、人があふれていました。

そこに昨年末、4.5kmほど離れた場所に大きなライバルが出現したので、どんな様子になっているか、車で見に行ってみました。

Img_3981_500x375

休日とはいえ、予想外にというか、周辺道路は渋滞していて、駐車台数4000台という駐車場も満車で、車を停める場所探しに苦労しました。

店舗内も、オープン当初よりは少ないとはいえ、混雑していました。

Img_3984_500x375

ここには当初は、大きな核店舗として三越とジャスコの2つがありましたが、2009年(平成21年)に三越が撤退してしまいました。

その跡地がどうなってしまうのか不安でしたが、1階はFLAXUSという衣料品店、2階にはスポーツ用品店Victoria、3階に家電量販店のnojimaノジマが入っています。

Img_3990_375x500

2007年(平成19年)、運営会社のダイヤモンドシティがイオンモールと合併したことに伴い、「ダイヤモンドシティ・ミュー」から「イオンモールむさし村山ミュー」に、さらに、2011年(平成23年)、今の「イオンモールむさし村山」に再改称しています。

「ミュー」という名称は微妙でしたが、消えてしまうと寂しいものです。

同じ時期、もう一つの核店舗「ジャスコ」は「イオン」に名称変更されています。

Img_3987_500x375

シネマコンプレックスの「ワーナー・マイカル・シネマズむさし村山」も「イオンシネマむさし村山」と名称変更されていますが、数多くの人がいました。

4か月ほど前の、2015年(平成27年)12月に「三井ショッピングパーク ららぽーと立川立飛」がオープンして、大きな影響を受けて、空いてしまっているかと思っていましたが、そうでもないようで安心しました。

フードコートにもたくさんの人がいます。

Img_3985_500x375_2

そうなると、同じ立川市にある比較的小さなショッピングモールの方が、打撃を受けてしまっているのかも気になるので、行ってみます。

続きを読む "イオンモールむさし村山や若葉ケヤキモールの客足は、ららぽーと立川立飛オープンで減ったか" »

2016年3月13日 (日)

三芳町は数少ない地方交付税の不交付団体に何でなれるのか、それは続くのか

埼玉県三芳町のイメージといっても、関越自動車道の三芳パーキングエリアとして名前を知っている位で、行ったことは無いという人が多いのではないでしょうか。

国から地方交付税を交付されている地方公共団体がほとんどで、平成27年度の不交付団体は全国に59市町村ありません。

それなのに、この三芳町はその不交付団体の一つです。

Img_3964_500x375

つまり、財政的に裕福な地方自治体と国からは見做されているわけです。

ちょっと興味があり、三芳町役場を見に行ってきました。

建替えをしたのでしょうか、立派な建物です。

町の中心部からちょっと外れているようなので、広いこの場所に移転してきたのでしょう。

Img_3968_500x375

三芳町は首都圏から30kmほどで、人口約38000人です。

町の外側を東武東上線が通っており、町の中には駅はありません。

しかし、みずほ台駅や鶴瀬駅は、町の北東部に住んでいる人は、歩いて通える距離でしょう。

町役場の隣には文化会館「コピスみよし」もあり、入口のデザインは共通のものとしたようです。

Img_3970_500x375

↑その裏には総合体育館「みよしアリーナ」もあり、これも立派なものです。

これらは、平成14年に竣工したようです。

隣接して、運動公園もありました。

敷地の周囲には田園風景が広がります。

Img_3971_500x375

三芳町は、平成の大合併でも、結局合併しませんでした。

地方交付税の不交付団体というと、原発や競馬場があり交付金が支給されているか、大企業の本社や工場があったりするイメージです。

この町の財政が豊かである理由は何なのでしょうか。

続きを読む "三芳町は数少ない地方交付税の不交付団体に何でなれるのか、それは続くのか" »

2016年3月 6日 (日)

気になる交番やタワーのある南大沢駅前と広大でフレンチもある首都大学東京

車では何回か通り過ぎたことはありながらも、行ったことのなかった南大沢へ行く機会がありましたので、京王線で行ってきました。

さすが、多摩ニュータウンとして計画された街だけあって、歩車分離されています。

Img_3935_500x361

しかも、雨に濡れずに周辺施設に行けるよう屋根も付いています。

なぜか、多摩ニュータウンに行く京王線というと、京王多摩センター行き電車のイメージが強くあります。

京王相模原線の京王よみうりランド駅から京王多摩センター駅までの開通は1974年(昭和49年)のことです

Img_3937_500x375

それが南大沢駅まで延伸されたのは、1988年(昭和63年)のことですから、その間の学生時の記憶が残っているからでしょうか。

その2年後、1990年(平成2年)には橋本駅まで開通して、現在の状況になっています。

南口駅前広場には、南大沢駅前交番があります。

Img_3932_500x375

入口で業者の人が作業をしているので、建設中のように見えますが、1993年(平成5年)には完成した團紀彦氏による設計のものだそうです。

ちょっと不思議なデザインです。

上に乗っているものは何なんでしょうか。

ミサイル発射基地のようです。

その奥に見える建物もデザインが凝っています。

Img_3934_500x375

この建物はサザンウインズ南大沢というパチスロ、フィットネスクラブ、銀行、レストランなどが入っています。

その手前の駅前広場の中央には、タワーというか、オブジェというか、塔というかわからないものがあるのも気になります。

検索して見ると、南大沢には「光の塔」というものがあるようですが、それは首都大学東京の中なので、この名称ではないようです。

Img_3938_500x375

再び駅改札前から北口に向かうと目の前に、三井アウトレットパーク南大沢があります。

下に広い多摩ニュータウン通りが通っています。

ここは2000年(平成12年)にラ・フェット南大沢として開業しました

その奥には、首都大学東京があります。

続きを読む "気になる交番やタワーのある南大沢駅前と広大でフレンチもある首都大学東京" »

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »