フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 柳瀬川支流の北川の源泉をめざして、のどかな北山公園からさらに | トップページ | 武田徳川が争い、難攻不落の名城といわれた高天神城跡に行く »

2015年9月13日 (日)

北川の源泉は多摩湖なのか、それにしては水流が少ないけれど

柳瀬川の支流である北川の源泉探しをする自転車めぐりの続きです。

東村山市多摩湖町の住宅地の間を東から西へ、北川は流れています。

東に進むと、水道橋という名の立派な橋があります。

Dsc03770_500x375_2

南の方を見てみると、数メートル幅の緑地が奥まで続いています。

Dsc03771_500x375_2

北側も奥まで続いているようで、こちらは仲良し広場として子供の遊び場となっています。

水道管が地下にあり、その上部が利用されているのでしょうか。

さらに進むと、この辺りでは、道路としての橋というよりも、川沿いの家に出入りするための橋が数多く架かっています。

Dsc03769_500x375_2

雑草が生い茂り、川の流れが見えづらくなっています。

やがて、川の上流は西武多摩湖線のガードをくぐり、都立狭山公園の敷地に入ります。

Dsc03767_500x375_2

公園内に入ると、木が生い茂っている部分の向こうには芝生の広場が広がっています。

さらに先には多摩湖の堤体が見えます。

Dsc03765_500x375_2

やはり、北川の源泉は多摩湖なのでしょうか。

しかし、多摩湖は人造湖である村山貯水池だし、この川幅と水量を考えると、ちょっと疑問を感じます。

少し上流に行くと、2つの水の流れが合流しているようです。

Dsc03764_500x375_2

↓水が多く流れている方をたどっていくと、少し高いところから滝のように流れ落ちているようです。

Dsc03763_500x375_2

川の流れの近くに行けないところが多いのですが、坂や階段を上ると、やがて視界が広がります。

大きな池があります。

Dsc03758_500x375_2

宅部池というようです。

探してみると、この池から水が流れ出ています。

Dsc03760_500x375_2

どうやらこの池が北川の源泉のひとつのようです。

ここからの水路に水が勢いよく流れています。

もう一方の流れの上流も辿ってみます。

Dsc03756_500x375

↑こちらは多摩湖の堤体の上の方につながっています。

こちらは全く水の流れはありませんでした。

どうやら、通常は使用されない吐水口のようです。

北川の源泉は多摩湖というよりは、この狭山公園の地下水の宅部池の方のようです。

ただ、多摩湖が造られる前は、この辺りの丘陵に降った雨が北川の源泉だったのでしょう。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

,

« 柳瀬川支流の北川の源泉をめざして、のどかな北山公園からさらに | トップページ | 武田徳川が争い、難攻不落の名城といわれた高天神城跡に行く »

川の源泉」カテゴリの記事

03東村山市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北川の源泉は多摩湖なのか、それにしては水流が少ないけれど:

« 柳瀬川支流の北川の源泉をめざして、のどかな北山公園からさらに | トップページ | 武田徳川が争い、難攻不落の名城といわれた高天神城跡に行く »