フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月27日 (日)

高天神城の西峰は武田氏が守備固めした堀切や切割がすばらしい

静岡県掛川市にある高天神城の東峰に行った前回の続きで、西峰の方に行ってきました。

二つのコブのような形になっている東峰と西峰の間の谷の部分も、かなり高いところにあります。

Img_3571_500x375

↑南方を見渡すことができるので、遠州灘の風力発電のプロペラがいくつも見えます。

また、南側も急斜面であることがわかります。

西峰の方を登ると、二の丸跡があります。

Img_3583_500x500

この城の攻防戦で後期はこちらの西峰が中心となったようです。

北と東と南は急斜面で、攻めづらい地形となっている中、西だけが緩傾斜の尾根が続いているのです。

そのため、西側には長い横堀が造られています。

Img_3587_500x375

実際に、徳川方の城を武田軍は、1574年(天正2年)の戦いでは西から攻めて、奪いました。

そのため、武田軍は西がこの城の弱点であることがわかっていたため、この横堀(空堀)を整備しました。

Img_3589_500x375

空堀と通常書きますが、ここにある標識によると「隍堀(からぼり)」と書いてありました。

西の斜面を覗き込んでみると、十分に急斜面のように感じられます。

Img_3591_500x375

ここを武器を持って駆け上がってくるのは、かなりきつそうに思われます。

この横堀を突破されたことも想定されています。

深い堀切があります。

Img_3585_500x375

尾根上を進んでくる敵の攻撃を阻むため、尾根を切り開いて造られました。

発掘調査の結果によると、この上部を繋ぐ橋が架けられていたそうです。

普段は橋で行き来し、攻め込まれてきたら、橋を壊してたのでしょう。

Img_3592_500x375

↑西の丸跡周辺は、高天神社となっています。

東峰にあったものが江戸時代になってから、こちらに移転されたものです。

Img_3593_500x375

さらに西側に進むと、深い切割があります。

続きを読む "高天神城の西峰は武田氏が守備固めした堀切や切割がすばらしい" »

2015年9月20日 (日)

武田徳川が争い、難攻不落の名城といわれた高天神城跡に行く

高天神城は、静岡県掛川市にある標高132mの鶴翁山を中心に造られた山城です。

「難攻不落の名城」や「高天神を制するものは遠州を制する」といわれた要衝で、小笠山の北を通る東海道を牽制できる立地条件にある重要な城であったため、徳川氏と武田氏が争奪戦を繰り広げました。

Img_3611_500x375

北側と南側に入り口があるようですが、今回は車で行ったので駐車場の数の多そうな北口から行きました。

のどかな田園風景の中に山があります。

Takatenjinjo

高天神城跡は国指定史跡となっており、山の上には高天神社があり参道として、そしてハイキングコースとしても登れるようになっています。

しかし、土曜日の夕方に行きましたが、車は数台止まっていたものの、結局、山中というか城跡内では誰ともすれ違いませんでした。

まず、搦手門跡の方から登って行きます。

Img_3563_500x375

この城の北と東と南の斜面は、断崖絶壁という感じで、急な階段をハーハー息を切らせながら登っていきます。

その階段も三日月井戸のところでは、ヘアピンカーブのように曲がっており、いかにも攻めにくそうです。

Img_3567_500x375

室町時代に今川氏により築かれたとされ、今川氏の滅亡後、徳川家康の持ち城となり、小笠原長忠が城主となりました。

武田信玄が1571年(元亀2年)に攻めますが落とせず、1574年(天正2年)、信玄の息子・勝頼が二万の大軍で攻め、ついに開城させ、まず徳川方から武田方の城になりました。

Img_3582_500x375

↑少し平らなところがあり、かな井戸のある井戸曲輪跡に到着です。

ここを境に東峰と西峰に分かれています。

それぞれが独立した城のようになってますが、東峰と西峰を合わせて1つの城を形成する一城別郭式の縄張りとなっています。

Img_3608_500x375

では、東峰に登っていきましょう。

続きを読む "武田徳川が争い、難攻不落の名城といわれた高天神城跡に行く" »

2015年9月13日 (日)

北川の源泉は多摩湖なのか、それにしては水流が少ないけれど

柳瀬川の支流である北川の源泉探しをする自転車めぐりの続きです。

東村山市多摩湖町の住宅地の間を東から西へ、北川は流れています。

東に進むと、水道橋という名の立派な橋があります。

Dsc03770_500x375_2

南の方を見てみると、数メートル幅の緑地が奥まで続いています。

Dsc03771_500x375_2

北側も奥まで続いているようで、こちらは仲良し広場として子供の遊び場となっています。

水道管が地下にあり、その上部が利用されているのでしょうか。

さらに進むと、この辺りでは、道路としての橋というよりも、川沿いの家に出入りするための橋が数多く架かっています。

Dsc03769_500x375_2

雑草が生い茂り、川の流れが見えづらくなっています。

やがて、川の上流は西武多摩湖線のガードをくぐり、都立狭山公園の敷地に入ります。

Dsc03767_500x375_2

公園内に入ると、木が生い茂っている部分の向こうには芝生の広場が広がっています。

さらに先には多摩湖の堤体が見えます。

Dsc03765_500x375_2

やはり、北川の源泉は多摩湖なのでしょうか。

しかし、多摩湖は人造湖である村山貯水池だし、この川幅と水量を考えると、ちょっと疑問を感じます。

少し上流に行くと、2つの水の流れが合流しているようです。

続きを読む "北川の源泉は多摩湖なのか、それにしては水流が少ないけれど" »

2015年9月 6日 (日)

柳瀬川支流の北川の源泉をめざして、のどかな北山公園からさらに

1年ほど前に、東京都と埼玉県境を流れる柳瀬川の源泉を探しに行きましたが、今回はその支流である「北川」の源泉探しに自転車で行ってきました。

西武新宿線東村山所沢間の線路のすぐ西側にある二瀬橋のところで、2つの川は合流しています。

Dsc03790_500x375

↑右奥から流れてくるのが柳瀬川、左奥から流れてくるのが北川です。

右下に向かって流れて行くことや川幅から見ても、北川の方が本流のように思えます。

住宅街の中を上流を目指すと、勝陣場橋があります。

Dsc03789_500x375

この辺りは、鎌倉時代に新田義貞が鎌倉攻めをした時の久米川古戦場跡があります。

そのため、将軍塚や柳瀬川の勢揃橋のようにゆかりの名前の橋があります。

少し上流では、さらに前川と分岐します。

Dsc03788_500x375

↑下流から上流に向かっているから「分岐」に感じますが、水の流れを考えれば「合流」で、左が前川、右が北川です。

北川を進むと、少し先には勝陣場橋もあります。

Dsc03786_500x375

この辺りでは片側だけですが、川沿いに走りやすい道があります。

Dsc03785_500x375

やがて西武西武園線の踏切の近くで、川沿いの道がなくなってしまいます。

Dsc03782_500x375

ここからしばらくは大きく迂回しなければなりません。

いつもは闇雲にあたりを走り回って川を探しますが、この辺りはある程度土地勘もあるので南に大回りして上流に向かいます。

やがて、景色のいいところに出ます。

続きを読む "柳瀬川支流の北川の源泉をめざして、のどかな北山公園からさらに" »

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »