フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 東京駅前八重洲一丁目も再開発で変貌するという現場と東京マラソンの収容 | トップページ | 狭山市と入間市は入間基地と狭山茶の関係がややこしい »

2015年3月 8日 (日)

八重洲二丁目では小学校まで取り込んで進む再開発で地下にバスターミナルも

東京駅八重洲口前では、八重洲二丁目でも「(仮称)八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(平成27年~32年)が行われるようです。

先週は八重洲通りの北側の一丁目でしたが、こちらは八重洲通りの南側の二丁目です。

一丁目と同様に超高層ではなく、高層ビルが立ち並びますが、角にあるヤンマー東京ビルの右、住友生命八重洲ビルの裏側には小学校があります。

Dsc03345_500x375

こんな東京駅の目の前に…っと驚きますが、中央区立城東小学校があるのです。

昔からあったのだろうと調べてみると、意外にも昭和37年4月開校でした。ほんと?

Jyoutou

しかし、実はこの敷地には昭和3年に創立した京橋昭和小学校があり、さらに古い明治8年に創立した日本橋城東小学校と合併して、城東小学校となったのが昭和37年のようです。

やはり昭和初期からここには小学校があったようですが、現在の児童数は1年生から6年生まで合わせて87人です。

一学年平均15人くらいで、屋外運動場は957㎡、屋上運動場が1089㎡です。(屋上のほうが広い)

でも、一丁目再開発では住宅ができることになっていますし、都心回帰の流れで児童は増えるかもしれません。(でも、ここにできるマンションを買えるような人で小学生の子供がいる人が、たくさんいるとは思えませんが…)

Dsc03356_500x375

まず、時計回りに八重洲通りから進みます。

↑左奥に向かう柳通りから右の1.7haが再開発エリアですが、角の新生銀行の入ってるビルは対象外のようです。

柳通りを進むと、つい最近建ったスーパーホテルもやはり対象外のようですが、この2つのビルに挟まれた小さなビルは再開発に参加するようです。

Dsc03359_500x375

建設通信新聞によると、この再開発はエリアを3つに分け、A-1街区では事務所、店舗、小学校、宿泊施設などからなる地上45階建、高さは約245mが計画されています。

A-2街区には事務所店舗等による地上9階建て、B街区は単独建替え事業で事務所、店舗等の地上14階建てで、3棟では延べ床面積約31万6000㎡となるようです。

東京駅前の45階建ての超高層ビルに、小学校はどのように入る設計になるのか、興味のあるところです。

Dsc03360_500x375

↑柳通りを進むと、この八重洲二丁目北地区も小規模の建物が並びますが、先の信号から向こうの八重洲二丁目中地区でも再開発が予定されています。

「(仮称)八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」(平成28年~34年)の予定地も続けて見てみます。

↓柳通りを進み、北に向かって振り返ってみると、写真左のように既に更地となって駐車場になっているところもありました。

右側は、事業中の「京橋二丁目西地区市街地再開発事業」の敷地約1.0haです。

Dsc03361_500x375

すぐ隣ではどんな計画になっているのでしょうか、地区内にあるちょっと味のある建物だった明治屋ビルはどうなるのでしょう。

解体されてしまうのでしょうか、それとも表面だけ残されて超高層ビルになってしまうのでしょうか。

Kyoubashi

↑再開発組合のパンフレットによると、歴史的建造物棟として免震構造としたうえで残されるようです。

地下鉄銀座線の京橋駅との連絡通路が閉鎖されていたので、また壁一枚だけの保存になるのかと思って心配していましたが、安心しました。

先週の記事で、東京マラソン収容バスの後ろに写っているのが、保存されるという明治屋ビルです。

再開発棟のほうは32階建てで、平成28年竣工の予定です。

さて、八重洲二丁目中地区に戻り、柳通りと鍛冶橋通りの交差点まで来ました。

Dsc03362_500x375

この再開発は敷地面積2.0 haで、平成28年~24年の予定ですが、すべてのビルが再開発に参加予定のようです。

↓鍛冶橋通りと外堀通りの交差点です。ここが予定地区となります。

Dsc03367_500x375

この再開発される 八重洲二丁目中地区の地下2階、約8000㎡と二丁目北地区の地下2階、約5000㎡、さらに八重洲一丁目東地区の地下1階、約6000㎡には、「(仮称)八重洲バスターミナル」が計画されています。

国際都市東京の玄関口として、空港直結バスや各地方都市と結ぶ高速バス、都市観光に資する観光バスの発着場など、広域交通の結節点としてのターミナル機能を形成するとともに、東京駅八重洲側の道路環境の改善、駅前景観の向上を図るとのことです。

Dsc03368_500x375

二丁目中地区再開発の事業協力者は三井不動産と鹿島だそうですが、そういえばここには八重洲ブックセンターがあります。↑

八重洲ブックセンターは鹿島建設の本社跡地に建設されており、いまでも鹿島の子会社のはずです。

1978年(昭和53年)の開店当時は日本一の売り場面積の書店でした。

城東小学校とともに、この書店が再開発事業中どうするのか気になるところです。

Dsc03371_500x375

さて、東京駅八重洲口に戻ってきましたが、グランルーフとともに駅前広場が整備され、バスターミナルも整備されていました。

ひっきりなしにバスが発着し、数多くの乗降客もいます。

さらに、地下にバスターミナルができると、ここはどうなるのでしょうか。

Dsc03370_500x375

ところで、グランルーフの2階デッキを歩いている人が少ないのが気になりましたが、どうなのでしょうか。

目の前の3つの再開発が進めば、人だらけになるのでしょうか。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

.

« 東京駅前八重洲一丁目も再開発で変貌するという現場と東京マラソンの収容 | トップページ | 狭山市と入間市は入間基地と狭山茶の関係がややこしい »

11東京23区」カテゴリの記事

再開発」カテゴリの記事

コメント

城東小学校といえばモダニズム建築の美しい校舎が有名ですが、解体してしまうのでしょうかね。
東京は一国の首都にも関わらず、無機質なオフィスビルばかりの情けない都市になってしまいました。
他の先進国諸国の首都の様に、歴史的な建築物を残す努力が足りてないように思い大変に残念です。

コメント有難うございます。
歴史的建造物の保存についてはその通りだと思います。
残す場合も、薄皮まんじゅうのような表面の壁だけという
残念なものがありますから…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626433/59182676

この記事へのトラックバック一覧です: 八重洲二丁目では小学校まで取り込んで進む再開発で地下にバスターミナルも:

« 東京駅前八重洲一丁目も再開発で変貌するという現場と東京マラソンの収容 | トップページ | 狭山市と入間市は入間基地と狭山茶の関係がややこしい »