フォト

ブログの記事

無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 明治通りバイパスは新宿御苑を突き抜けるのか | トップページ | 東京マガジンバンクへ「地図で読む新幹線」の講演会に行く »

2014年12月 6日 (土)

東村山では縄文時代から漆を塗っていたんだって

東村山市多摩湖町では「下宅部遺跡(しもやけべいせき)」が、1995年に都営住宅建て替え工事の際発見され、6年間にわたる発掘調査が行われました。

その一部が「下宅部遺跡はっけんのもり」として公園になって保存されています。

Dsc03066_500x375

ここは多摩湖から流れる北川に面しており、豊富な湧水により、通常では残りづらい木の道具や水辺の施設などが見つかった、縄文時代後期・晩期、古墳時代、奈良時代、平安時代にかけての低湿地遺跡です。

復元された河道に湧水が流されています。

Dsc03071_500x375

↑奥に見えるのは、トトロの森 八国山緑地です。
↓池状遺構も復元されています。

Dsc03074_500x375

水が豊富だったので残されていた漆工関連出土品は、東京都指定有形文化財となっています。

ここで発掘された出土物は、すぐ近くの「八国山たいけんの里」という名の東村山市埋蔵文化財センターに保存されています。↓

Dsc03081_500x375

今から3000年から4000年前の縄文時代後期から晩期にかけての、漆塗りの木製品や土器が数多く発見されています。

特に木製品などの有機質は通常では分解されてしまっているものが、ここでは湧水を豊富に含む土壌であったため残っていたそうです。

Dsc03078_500x375

漆塗りの弓や木製容器、さらには漆樹液採取の跡の残った木材や樹液を保存する土器も発見されました。

ここには縄文式土器も多数展示してありました。

Dsc03079_500x375

次に、ここの施設名称にもなった、「となりのトトロ」の舞台にもなったといわれている「八国山緑地」に立ち寄ってみます。

建物のすぐ前は単線の西武西武園線の踏切となっており、その向こうは八国山です。

Dsc03082_500x375

当然、車は通れませんが、自転車は一応通ることができます。

ただし、急坂ですし、野山の環境保全のためにも、自転車はおいて徒歩で登りました。
Dsc03084_500x375

この森の様子は、2年半ほど前にも紹介しましたので今回は写真は1枚ですが、いつ来ても、のんびりできるいいところです。

この後、再び自転車に乗り換え、「東村山ふるさと歴史館」にも立ち寄ってみました。
Dsc03061_500x375

東村山出身の有名人 志村けん氏の母校である市立化成小学校のすぐ近くです。

ちょうど、東村山市制50周年記念特別展「下宅部遺跡展 縄文の漆」が10月4日から12月21日まで開催されていました。

入場料は無料です。

Dsc03063_500x375

3000~4000年前には東村山で漆が使われていたことに驚きましたが、北海道では縄文時代早期である9000年前の繊維製品で漆が使われていたと知り、さらにびっくりです。

ここには下宅部遺跡で見つかった、未成品の丸木舟もありました。

長さ6.6mのケヤキの木で、磨製石斧で削りだした刃跡が残っています。

Dsc03065_500x375

なぜ途中で作るのをやめたのかは謎です。

なにしろ文字の無い時代の話ですから、想像するしかありません。

ところで、以前に行った西東京市の下野谷遺跡を、国指定史跡にするよう文化庁文化審議会で答申されたとのことですが、これは縄文時代中期の環濠集落で南関東最大級の規模のものです。

数千年以上前の国家という存在がない頃から、そして日本という国になってからも、東村山、西東京など北多摩地域では人々の生活がずっと続いていることになります。

今では国家というものがある中で、この生活を今後も持続させていくためには、世界の平和と安定や日本の安全保障について、しっかり考えなくてはいけないと改めて感じます。

ちょっと話がおおげさですかね…

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

この日の自転車の走行距離は19.88km、消費カロリーは454kcalでした。





« 明治通りバイパスは新宿御苑を突き抜けるのか | トップページ | 東京マガジンバンクへ「地図で読む新幹線」の講演会に行く »

03東村山市」カテゴリの記事

遺跡・古墳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626433/58193134

この記事へのトラックバック一覧です: 東村山では縄文時代から漆を塗っていたんだって:

« 明治通りバイパスは新宿御苑を突き抜けるのか | トップページ | 東京マガジンバンクへ「地図で読む新幹線」の講演会に行く »