フォト
無料ブログはココログ

ランキングに参加しております。いずれかポチッとお願いします。

« 滝山団地から東村山に向かう都市計画道路ってニーズはどうでしょう | トップページ | ブルーインパルスを見に入間航空祭2014に行く »

2014年11月 2日 (日)

玉川上水終点の四谷大木戸付近と新宿御苑の美しい門衛所

江戸時代に造られた玉川上水の羽村取水堰へは、昨年GWに自転車で見に行きましたが、今回は終点の四谷大木戸付近に行きます。

※ 羽村取水堰への旅の記録は、こちら

といっても、今回は自転車ではなく、新宿から歩いていきました。

下流部のこの辺りの玉川上水は暗渠化されていますが、新宿御苑の散策路には「新宿御苑・内藤新宿分水散歩道」が整備されており、水路もあります。

デング熱対策対策での閉鎖も解かれていました。

Dsc02892_500x375

水路が作られ水が流れていますが、これは玉川上水の流れではなく、この下を通る国道20号線の新宿御苑トンネルの共同溝に湧出する地下水だそうです。

玉川上水は、羽村取水堰から四谷大木戸まで約43kmという長い距離を、標高差92mという緩勾配に、巧みに尾根筋を利用して自然流下式で設置されたとは、1650年代には素晴らしい土木技術があったものだと感心します。

少し歩くと、昭和2年に建てられた新宿御苑の旧新宿門衛所です。

Dsc02895_500x375

裏側から見てみると、独特のデザインと不思議な質感の壁です。

こんな門衛所があるなんて、やはり明治12年には宮内省所管の新宿植物御苑、明治39年には皇室の庭園としての新宿御苑だったという歴史を感じられます。

Dsc02893_500x375

現在の新宿門は、ここより新宿駅寄りにあり、ここを通っても新宿御苑には入れません。
新宿御苑は、江戸時代には高遠藩内藤家の屋敷があり、その庭園の池にも玉川上水の分水が引かれていたようです。

ここからはより木がうっそうとしており、散策路を歩いていきますと、

Dsc02898_500x375

わずか540mで終わりで、旧大木戸門衛所があります。

四谷大木戸という江戸時代の甲州街道で江戸に入るための関所の名前が、新宿御苑の門の名前にもなったようです。

Dsc02903_500x375

ここも裏から見たほうが趣のある建物です。

Dsc02901_500x375

こちらも昭和2年の建物で、現在の新宿御苑大木戸門はここを通りぬけ、さらに南にあります。

このすぐ横(東)に玉川上水水番所があったようです。
今でも水道に関係する東京都水道局新宿営業所が入っている建物があります。
Dsc02907_500x375

玉川上水の敷地は水道用地ということで、どこも基本的には水道局の敷地になっているようです。

この建物前には、史跡 玉川上水水番所跡というプレートがあります。
四谷大木戸は、さらに80m東の四谷四丁目交差点付近にあったそうです。

Img_2407_500x375

多摩川の羽村取水堰から四谷大木戸までは開渠で、ここから先の江戸市中へは石樋や木樋といった水道管で水を流していました。

この水番所では水量の調整やごみの除去をしていたそうです。

四谷大木戸跡碑が立っていますが、これは昭和34年に地下鉄丸ノ内線工事で発見された玉川上水の石樋を利用して作られたものです。

Dsc02909_500x375

横には「水道碑記(すいどういしぶみのき)」があり、玉川上水開削の由来を記載したもので、明治28年に完成したものです。

想像するよりかなり大きく、高さ4.6mあります。

Img_2410_375x500

ここにある建物は12階建てで、新宿区の施設もいくつか入っており、7階は四谷図書館となっています。

四谷図書館の南側の窓にあるブラインドは本の日焼け止め対策でしょうか、いつも閉められています。

ここは南の窓に向かって読書席がありますから、開いていれば新宿御苑が良く見えるはずなので残念です。

ブログランキングに参加して、交流を広げていきたいと思っています。

いずれかポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


ポタリング ブログランキングへ

« 滝山団地から東村山に向かう都市計画道路ってニーズはどうでしょう | トップページ | ブルーインパルスを見に入間航空祭2014に行く »

水道水の流れ」カテゴリの記事

建築物」カテゴリの記事

11東京23区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉川上水終点の四谷大木戸付近と新宿御苑の美しい門衛所:

« 滝山団地から東村山に向かう都市計画道路ってニーズはどうでしょう | トップページ | ブルーインパルスを見に入間航空祭2014に行く »